常磐大学

新時代の大学教育を予見して開学。
相互に連携しながら、それぞれの専門性を追究する学部・学科。

常磐大学は1983(昭和58)年に開学しました。旧来の学問の枠を取り払い、人間の本質に迫る学際的なカリキュラムを編成して人間科学部を創設。未来を展望した大学の在り方に一石を投じました。

開学以降、1996(平成8)年には国際学部を、2000(平成12)年にはコミュニティ振興学部を設置。2008(平成20)年には全学的な学科改編を実施し、それぞれ時代の要請を具体化して、国際社会、地域社会に貢献できる人材を育成できるカリキュラムの展開をしました。また、2017年には国際学部とコミュニティ振興学部を発展的に改組し、総合政策学部を設置。社会の諸問題を把握し、その解決策を提示できる人材を育成するため、基礎から専門までの幅広い知識・技能を体系的に修得するカリキュラムを編成しています。

常磐大学では広い視野を持ち、創造的な知性と豊かな人間性を備えた真摯な人材を養成し、社会や地域に貢献できる人材の養成をめざしています。

学校の名称 常磐大学
設置者(代表者) 学校法人常磐大学理事長 森 征一
住所 〒310-8585
茨城県水戸市見和1-430-1
学長 冨田 信穗
開設 1983年
TEL 029-232-2511
FAX 029-231-6078
E-mail -
URL http://www.tokiwa.ac.jp/univ/

ページのトップへ