地域政策学科

ふるさとに情熱を注ぎ、ふるさとの幸せを育むリーダー、サポーター、起業家、公務員を養成します。

ふるさとと地球に深い愛情を持ち、ひろい視野からふるさとの未来をデザインできる人材を養成します。地域社会との交流を中心に、みんなのチカラを合わせて、課題解決に取り組む資質を磨きます。

2つの専門分野から学ぶ

−社会科学に学び、知識と基本スキルを習得する−

「政治・行政の分野」では、茨城県内では希少な「政治」領域の基礎知識と実務スキルを学び、政策づくりに必要な資質を磨きます。

「都市・環境の分野」では、「環境問題」を理解するための科目群を備えています。

地域活性化に参画する

−実習や演習をとおし、地域社会から学ぶ−

実際にふるさとの自治体や生活者と連携して地域活性化に携わり、「政策提案」等を行う機会があります。まちづくりイベントやボランティアに参加し、ふるさとの生活者との交流・議論を通じて、未来のまなざしから、みんなでチカラを合わせて、地域を活性化します。

問題解決型で学ぶ

−学びの成果を活かし、新しい地域をつくる−

グループワーク、フィールドワーク(野外実習)、プレゼンテーション、ディベート演習など学生主体の問題解決型の演習を通じ、「政策立案能力」を育成し、地域社会に貢献します。それらの政策立案能力を活用し、「第6次水戸市総合計画」「広報みとの政策提案」「広報いばらきの政策提案」「日立市のNPOとの協働による耕作放棄地での活動」などのプロジェクトが実現しています。

地域政策学科の教育研究上の目的

  1. 地域社会に対する深い愛着心、高い倫理性、しっかりした社会観等を身に付けるための人間教育を基礎に地域社会の問題を科学的に分析し、地域社会に貢献し、故郷の創造に寄与できる人材を養成する。
  2. 地域社会の課題解決に向けてデザインを構想し、計画または政策の企画立案、実施管理および評価改善等ができる実践的能力の習得に向けた教育研究を行う。