智学館について

  1. HOME > 
  2. 智学館について > 
  3. 教員からのメッセージ

教員からのメッセージ

智学館がめざすのは、生徒たちの一生涯に生かせる学力を培うことです。各教科を一つの「ワールド」として捉え、生徒はワールドの探検者、先生は頼もしいガイドとなって「探究型学習」を進めていきます。

国語科

国語の本質にふれる多彩な授業で思考力と論理力を鍛えます。

国語科|小宅祐輔

「なぜ?」から出発する智学館の学びにおいて欠かせない言語能力を育むため、多くの創作活動や、課題図書を読んで先輩・後輩と自由な意見を出し合う「激論会」、新聞記事をまとめたストックノート作りなど、思考力と論理力を鍛えるための取り組みを行っています。

また、中等教育学校ならではの先取り教育も積極的に実施。3年次から古典作品にも本格的に触れていきます。「こころ」と「機能」の両面から国語の本質にふれる授業をめざしています。

英語科

生徒一人ひとりの目標にあわせより実践的な英語力を伸ばしていきます。

英語科|金子 恭子

一人ひとりが自分の英語(my English)を育み、コミュニケーション能力を身につけることを目標にしています。前期課程で基礎を構築し、後期課程ではプロジェクト型学習を通して実践的な英語力を伸ばします。習ったことがすぐ使えるよう、学校生活はNETとのコミュニケーションの場であふれています。

また、英検・TOEICなどの資格試験受験や各種英語コンテストへの参加を促すなど、生徒一人ひとりの学習目標・学力に合わせた指導を行っています。

数学科

数学の「解ける喜び」を伝えたい。分かるまでとことん付き合います!

数学科|南雲 太一

数学は、「解ける喜び」がはっきりとわかる教科です。それでいて、得意・不得意が分かれやすい教科でもあります。本校では、解けるまで、分かるようになるまで、とことん付き合います。また、習熟度別授業では基礎レベルの定着だけでなく、さらに高いレベルを求める生徒のニーズにもしっかりと応えることができます。

『数が苦』ではなく、一生懸命取り組んだ先にある喜びや楽しさを経験して『数楽』に変えてみませんか?

社会科

覚えた知識で何をどのように考えるか。グローバル時代の教養を身につけよう。

社会科|星 真弥

社会科という科目は、「知識をただ覚えればいい」わけではありません。「覚えた知識を用いて、何を、どのように考えるのか」を一緒に学びましょう。たとえば1年次世界地理の授業では、本物の民族衣装を着てみるなど知的好奇心をくすぐる体験を用意しています。

これを入口にひろく知識を身に付け、世界の諸問題を6年間じっくりと考えます。卒業する時には、グローバル時代のリーダーに必要な社会的教養が身に付きます。

スマホ向け表示