未来をみつめて。あなたの夢をかなえる3年間がここにある

部活・生徒会

文化系部活動

茶道部

部員数 14名
活動日 火・水曜日
目標 茶道を学ぶ 日本を知る
近況 水戸のあじさいまつり・水戸の梅まつり・ときわ祭・若き荼人たちの集い・高校生茶道部交流会
過年度活動報告 2016年度活動報告   2017年度活動報告   2018年度活動報告

2018年度の部活動報告

水戸の梅まつり高校生野点茶会

 2月23日(土)、偕楽園見晴広場にて、高校生野点茶会が行われます。本校が茶席を担当しますので、どうぞ皆様お出かけ下さい。呈茶料は300円になります。



第5回高校生茶道部交流会

 2月3日(日)笠間の陶芸美術館で、県内の茶道部が一堂に会する交流会が、晴天の内に今年も開催されました。「模擬茶会」や、人間国宝の茶碗に直に触り学芸員の方から説明を聞いて鑑賞する「タッチ&トーク」、そして企画展である「愛のヴィクトリアンジュエリー展」の鑑賞を体験しました。茶会では本校は亭主側となり、客側に水戸桜ノ牧高校を迎えました。茶道関係の方々を前にしてのお点前や所作は大変緊張しましたが、無事に日頃の練習の成果を出すことができました。また今回は準備校となり、水指に常陸窯 武藤雄岳氏(本校芸術科美術担当武藤はるか教諭の父)作りの焼締耳付き水指を使わせていただきました。 床には3年生の部長 廣村美優 手作りの折り紙の花をかざらせていただきました。



学校茶道エッセイの賞品をいただきました。

 第40回学校茶道エッセイに応募して、「お稽古ノート」を賞品としていただきました。十分に活用して、茶道に関する知識を深めていきたいと思います。



クリスマス茶会を行いました。

 今年は、10月・11月・12月と、連続して月一度の茶会を開く機会に恵まれましたが、クリスマス茶会の方の準備は遅れてしまいました。それでも何とか12月17日(月)、18日(火)と、二日間にわたって開くことができました。一日目は、ホームルーム担任の先生や茶道部の三年生を招待し、和室で行いました。二日目は、学校全体の方々にポスターやClassi等でお知らせし、一席100円で中野製菓のお干菓子とお抹茶をお出ししました。学期末のお忙しい中、お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。束の間の非日常を楽しんでいただけましたでしょうか。



第14回茨城学生国際会議Excursion 文化体験 茶道

 12月2日(日)、水戸市国際交流センターで行われた第14回茨城学生国際会議Excursionの文化体験で、茶道を担当させていただきました。茶室の中では、英語を使って、挨拶や説明をして進めていきました。1,2年生だけでなく、進路先が決定した常磐大コースの3年生や、今年3月に卒業し、茨城大学・筑波大学・常磐短期大学に進学した茶道部OGたちも参加しました。留学生が楽しんで下さったのが幸いです。また、私たちにとっても、国際交流を考える良い刺激となりました。




カナダ・ハリーエインリー高校Japan Trip 日本文化体験

 11月9日(金)に、カナダから来日したハリーエインリー高校の生徒15名は、本校に到着し、ウェルカムセレモニーを終えると、それぞれ本校生徒の家庭で週末を過ごしました。12日(月)には、ホストスチューデントと授業に参加し、さらに日本文化体験として、書道と茶道に触れる機会を持ちました。茶道部が茶道体験を担当し、2年生は着物を着てもてなしました。ホームステイしたカナダの高校生たちは抹茶や着物にも関心が高かったです。



第一回生徒・学生による茶道部交流会

 10月14日(日)、常磐大学同窓会館で、裏千家淡交会茨城支部学校茶道連絡協議会主催の「第一回生徒・学生による茶道部交流会」が開催されました。茨城大学・茨城キリスト教大学・常磐大学、県立水戸二高・鉾田二高・佐和高・水戸商業高・常磐大学高の茶道部員が、それぞれ亭主側・客側を担当しました。水屋では、学校茶道の先生方の細かい指導を受け、多くのことを学ぶことができました。招待した青年部の方々とお話しする機会もあり、貴重な交流の場となりました。



偕楽園好文亭の月釜に参加しました

 9月2日(日)、偕楽園好文亭の月釜に参加してきました。偕楽園は平成27年に文化庁から「日本遺産」に認定された所です。当日は裏千家が担当していて、お点前などを拝見し、勉強になりました。雨模様の朝でしたが、校外での大寄せ茶会に客として参加し、良い経験ができました。



2018年度オープンスクール

 7月23日から26日までの四日間の午前中、オープンスクールが行われました。中学生にお茶の点て方、頂き方、お菓子の頂き方、茶席の拝見の仕方などを体験してもらいました。1・2年生も教える立場になって、更に深く学ぶことができる良い機会となりました。今回の床のお花は、校内芝生の広場にある「宗旦木槿(そうたんむくげ)」、部室に入ったところには、校内の書道の先生筆の短冊「喫茶去」で、中学生をお迎えしました。また、菓子器は昨年の「若き茶人たちのつどい」で作ったものを使用しました。午後からは稽古が入り、お茶づくしの四日間を過ごしました。



第32回若き茶人たちの集い

7月16日(月)、茨城県立歴史館 講堂、茶室(無庵・双宜庵)にて、 「第32回若き茶人たちの集い」が開催されました。参加者は5班に分かれ、青年部の方に誘導されて作り物・水屋・濃茶席・薄茶席などを体験しました。今年は本校では1年生3名が参加し、本格的な茶室で、つくばいや席入りの仕方も学ぶことができました。蛤香合に漆で絵を描く体験では、頭をひねりながらも、皆それぞれ趣のある作品を仕上げていました。青年部の方や学校茶道の先生方から、茶道に関する興味深いお話も伺い、暑いながらも楽しい一日を過ごしました。



「明治維新150年記念 第44回水戸のあじさいまつり」で 高校生野点茶会を行いました。

6月16日(土)は雨が予報されていましたが、茶会の開始時刻までには晴れて、予定通り茶会は開催されました。それでも気温は4月中旬並みの17度で、夏服にカーディガンをしっかり羽織り寒さをしのぎました。雨に濡れた紫陽花はひときわ風情があり、時折差す陽に輝いていました。保和苑でのあじさいまつりが、3年生にとっては最後のお点前披露の場でした。部員それぞれが、保護者の方々や担任の先生に見守られて、思い出深い茶会となりました。卒業生のお手伝いにも感謝いたします。



第41回ときわ祭で部活動発表を行いました。

  • 喫茶去〜おいしい抹茶とお菓子をどうぞ〜

        紙芝居に映画の上映、英語で茶道の説明などなど。
        真の国際人を目指すあなた!茶の湯に触れる絶好のチャンス。

6/1(金)校内発表日


紙芝居「峠のお茶」

主菓子は「薔薇」、ふくぢ製です

研究発表 お道具について

活動記録

お茶の頂き方について

1年生が受付を担当しました

退職なされた職員の方もいらっしゃいました

3年生が英語で説明しています

中澤様から寄付された義山の棗を使っています

1年生がお運びをしています

1日目無事に終了しました

6/2(土)一般公開日


3年生があいさつをしています

紙芝居「峠のお茶」

保護者の方々もいらっしゃいました

一般公開日には懐紙にお菓子をのせました

県外に進学した卒業生も帰水してくれました

和親棚で3年生がお点前をしています

退職なさった先生もいらっしゃいました

御園棚と和親棚でお点前をしています

卒業生もときわ祭を楽しみにしていたようです

2年生が英語で説明しています

一般公開日も無事終了しました。お疲れ様でした