未来をみつめて。あなたの夢をかなえる3年間がここにある

部活・生徒会

文化系部活動

書道部

部員数 17名
活動日 週3〜4日
目標 書を楽しみ展覧会入選をめざす
近況 県芸術祭入選数名・武道館書道展入賞 その他書道展・コンクールに出品
過年度活動報告 2017年度活動報告   2018年度活動報告   2019年度活動報告

2019年度の部活動報告

いちょうまつりでバスパフォーマンスを披露しました。

県民の日である11月13日(水)、木々の緑と銀杏の黄色が混じる中、茨城県立歴史館主催のいちょうまつりで、バスパフォーマンスを披露しました。
大洗高校マーチングバンドのブルーホークスの生演奏にのせて、茨城交通バスに「Go!歴史館」とカラフルにペンキで揮毫しました。
 大洗高校から事前に「この曲です」と音源が送られてきておりました。曲に合わせて終わるように、書く順番や速さ、タイミングなどいろいろ試して、最善のパフォーマンスになるよう練習を重ねてきました。そして迎えた当日、なんと、演奏されだしたフレーズが事前に送られてきた音源と違っていたのですが、しかし、書道部員たちはさっと気持ちを切り替え、パフォーマンスを始めました。
 思わぬハプニングがありましたが、書道部員は自分たちの作品を見事に堂々と書き上げました。
 揮毫したバスをバックに、歴史館の山口やちゑ館長さん、茨城交通の任田正史社長を始めスタッフの皆さんにも入っていただき、記念撮影をしました。
 片付けた後は、歴史館の見学や、庭園の散策などを楽しみました。
 これから、校内のクリスマスフェスティバルや、元旦マラソンでのパフォーマンスが 予定されています。是非見に来ていただければ幸いです。



県総文祭に入選しました。

 茨城県高等学校総合文化祭美術展覧会書道部門において3名が入選し、10月22日(火)から26日(土)まで、つくば美術館に展示されました。
半切の部で、3年4組岡田万優さんが「伊都内親王願文」の臨書、2年2組の箱田恭子さんが「光明皇后楽毅論」の臨書、小品の部で、3年13組木下楓さんが「猪突猛進」と大きな印材に刻した篆刻が入選しました。
半年程前から題材を探し、練習を重ね、夏休みに仕上げて出品しました。
今年度は、展覧会会場がつくばであったこと、中間考査と重なってしまったことなどから、全員での作品鑑賞はできませんでした。しかし、個人的にご家族と見に行かれた生徒もいました。
11月13日(水)には歴史館のいちょうまつりで「バスパフォーマンス」、12月21日(土)には本校講堂で書道パフォーマンス、1月1日(水)には千波湖畔で「バスパフォーマンス」・「書道パフォーマンス」を行う予定です。
 休日返上で練習に励んでおります。生徒の成果を見に来ていただければ幸いです。 



県央地区高等学校生徒書道錬成会に参加しました。

 令和元年8月6日(火)水戸第三高等学校体育館にて行われた錬成会に、2年生の3名、1年生2名の計5名が参加しました。
 水戸地区の高校15校、生徒85名が一堂に会して、作品制作に打ち込みました。7グループに班分けされ、他校の先生方からアドバイスを受けながら、筆を運んでいきました。クーラーもない体育館での錬成でしたので、高温注意報が出たため、午後の錬成はカットされました。昼食後、グループ別の講評会があり、他校生の作品をお互いに鑑賞し合い、先生方から講評をいただきました。最後に全体講評で、水戸一高の川野邉先生から、「昔から、夏の暑い時に土用稽古、冬の寒いときに寒稽古をするのは、精神力を鍛え自分を高めるためである。」とのお話がありました。いつも学校の中だけで練習をしている生徒にとって、いろいろな先生の指導を受けたり、他校の生徒の作品を見たり書くところを観察したりする事によって、大きな刺激になったようです。
 錬成会で学んだことを、これからの作品制作に生かして、展覧会やコンクールでの入賞を目指していきたいと思っています。