未来をみつめて。あなたの夢をかなえる3年間がここにある

部活・生徒会

文化系部活動

吹奏楽部

部員数 23名
活動日 週6日(大会や本番近くは練習あり)
部訓 常に凜々しく誠実さをもって
活動状況 吹奏楽コンクール、アンサンブルコンテスト出場、マーチングコンテスト出場、その他演奏会等
公式ブログ http://tokisui.sblo.jp/
過年度活動報告 2016年度活動報告   2017年度活動報告   2018年度活動報告

2018年度の部活動報告

第27回スプリングコンサート告知

 いよいよ第27回スプリングコンサートが今週末に迫ってきました。皆様にお楽しみいただきたい!と思い、精一杯の練習を重ねています。昨年度の第26回スプリングコンサートで大好評をいただいた「LA・LA・TOKIWA」に続いて、今年度も動画を作成中です。内容は当日までのお楽しみですが、まずは予告編をご覧下さい!!
 2018年度のメンバーで最高のパフォーマンスができるよう、残りの日々を過ごしていきたいと思います。3月23日(土)14時から、本校講堂でお待ちしております♪



常磐大学吹奏楽団定期演奏会

 3月2日、常磐大学吹奏楽団の定期演奏会にゲストとして出演させていただきました。
 普段はなかなか演奏できないような大編成の曲を計5曲、大学生の皆さんと一緒に演奏させていただいたことで、ひと味違った音楽を楽しむことができました。その中にはコンクール自由曲に選ばれるような難曲・大曲もあり、練習中に挫折することもありましたが、指揮者の先生の「何があっても本番は楽しみましょう」という一言で、本番はいつも以上に楽しんで演奏することができました。準備や本番までの行動などから学ぶものも多く、とても貴重な経験をさせていただきました。私たち顧問もFluteとE♭Clarinetで演奏に参加しましたが、高校生との体力の差を痛感しました・・・。
 常磐大学吹奏楽団の皆さんには、夏のホーリーホックコラボデーからとてもお世話になっています。高校生にとっては「尊敬できるお姉さん、お兄さん」です。これからもより多くの連携を図っていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。



「第27回スプリングコンサート」のお知らせ

 今年度の締めくくりとして、「第27回スプリングコンサート」を開催いたします。
 コンクール曲の作曲者の天野正道先生にお越しいただき、私たち用にアレンジしてくださった「『GR』よりシンフォニック・セレクション」をはじめ、マーチングコンテスト演奏曲、ボディーパーカッションのための「ラ・フェスタ」、ステージドリルで「サンチェスの子どもたち」などを披露します!

 地域の皆様にはいつも練習の音でご迷惑をおかけし、先生方、生徒の皆さんには様々な場面で応援していただいたり、練習場所をお借りしたりと今年度も大変お世話になりました。また、OB・OGの皆さん、保護者の皆様には、大会の応援に来ていただいたり、日ごろから私たちを支えていただいたりと感謝してもしきれません。

 この演奏会で3年生は最後のステージとなります。部員一丸となって、この一年間の感謝の思いを胸に演奏させていただきますので、皆様お誘い合わせの上、是非お越し下さい。

常磐大学高等学校吹奏楽部 第27回スプリングコンサート
2019年3月23日(土)13:30開場 14:00開演
常磐大学高等学校内70周年記念講堂 入場無料



東京ディズニーリゾート「ドリーマーズ・オン・ステージ」に出演しました。

 2月16日(土)に、東京ディズニーリゾートの「ドリーマーズ・オン・ステージ」に出演させていただきました。

 ディズニーリゾート内の「シアターオーリンズ」という場所で、「アルセナール」「小さな世界」「We're All in This together」「メリーポピンズセレクション」を演奏しました。いままで練習を重ねてきたこの4曲を夢の舞台で演奏させていただくことが決定したとき、生徒たちは大興奮でした。同時に、今までは「ゲスト」として夢を体感する側だったものが「キャスト」として夢を与える側になったことに対する責任感はとても大きなものでした。
 初めは緊張している様子でしたが、家族や親戚、卒業生、先生方など沢山のゲストの笑顔に助けられ、自分たちらしい演奏をすることができたと思います。また普段から応援してくださる先生方をはじめ関係の方々がいるからこそ、実現することができた本番でした。本当にありがとうございます。

 また一つ貴重な経験を積むことができました。ここまでサポートしてくださったスタッフの皆さま、ありがとうございました。この経験を今後の演奏に活かしていきたいと思います。



プロサクソフォン奏者の齊藤健太さんとスペシャルコンサートを開催しました。

 1月26日(土)に、プロサクソフォン奏者である齊藤健太さんと常磐大学高等学校吹奏楽部によるスペシャルコンサートを開催いたしました。

 昨年度の「また聴きたい!」というお声のもと第2回が実現しました。昨年に引き続きピアニストのAkiマツモトさんにもお越しいただき、第T部は齊藤健太さんとAkiマツモトさんによるステージ、第U部は吹奏楽部単独演奏と齊藤健太さんとのステージの二部構成でした。最後の「宝島」はAkiさんも一緒に参加していただき、とても豪華なプログラムになりました。

 プロの音を聴くことができるだけではなく、共演することができた経験と喜びは、とても貴重なものです。斎藤さんは普段からレッスンをするために東京から来ていただいておりますが、いつも音楽を楽しむためにはどうすればよいかを楽器と言葉で教えてくださいます。そして生徒たちもその説得力のある音色と声に感化されていると感じています。生徒たちの心と耳にどう残り、今後活かされていくのか楽しみです。

 今回、近隣住民のお客様も沢山来てくださいました。普段はあまり接することができなくても、こういった機会をきっかけに日々の活動をお知らせできたら嬉しいです。今後とも応援宜しくお願い致します。



演奏会のお知らせ

 1月26日(土)に、プロサックス奏者の齊藤健太さんと常磐大学高校吹奏楽部による、スペシャルコンサートを行います。昨年は大好評をいただき、今年も実現することができました。
 齊藤健太さんは、日本のみならず国際コンクールなどで多くの受賞歴を持ち、活躍しています。なかなか茨城に来る機会もないため、ぜひ素晴らしい音色を沢山の方に聴いていただきたいです。
 また私たち吹奏楽部も貴重な経験を無駄にしないよう、一生懸命練習に取り組んでいます。たくさんの方々のご来場お待ちしております。

日時:1月26日(土)13:30開場 14:00開演
場所:常磐大学高等学校 70周年記念講堂



東京ディズニーランドでの演奏決定!

 来年2月に東京ディズニーランド内のシアターオーリンズにて演奏させていただくことが決まりました。私たちも、夢の国でどのような演奏になるのかワクワクしています!当日はゲストの皆様に楽しんでいただけるよう、「キャスト」として精一杯演奏したいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。

2019年2月16日9:30〜9:45 東京ディズニーランド内シアターオーリンズ



クリスマスフェスティバルで演奏しました。

12月15日(土)に、本校講堂にて行われたクリスマスフェスティバルで演奏しました。

吹奏楽部は、まず初めにパーカッションによるバッテリーバトル、サンチェスの子どもたち(ステージドリル)、天国の島、HappyHappyHappyXmas 、Gift(合唱)、メリーポピンズセレクションを演奏しました。

バッテリーとは、マーチング用の打楽器のことを指します。音で楽しんでもらえるような演出を考えました。また、「サンチェスの子どもたち」は初めてお客様に披露した曲で、演奏しながら客席の後方より登場し、舞台上でステージドリルを披露しました。「天国の島」は、2011年度のコンクール課題曲になったものです。思うように練習が進まず、納得できる演奏ができなかったため、次の本番に向け努力したいと思います。「HappyHappyHappyXmas」では、全員でトナカイの耳をつけて演奏しました。また、シェイカーという、振ると音が鳴る楽器を配り、お客様に一緒に盛り上げていただきました。「Gift」は、SuperFlyさんの楽曲を合唱にアレンジしたもので、メッセージ性の強い曲です。練習段階で思うように気持ちを乗せることができず悩んだときもありましたが、本番では心を込めて合唱することができ、涙を流すお客様もいらっしゃいました。「メリーポピンズセレクション」では、オリジナルの国旗を使った演出や、顧問が衣装を着て登場し、歓声が上がりました。

この本番は今年最後の演奏会だったので、反省点を踏まえ、来年また新たな気持ちで練習に励みたいと思います。いつも応援してくださる皆様に感謝申し上げます。来年も宜しくお願い致します。



聖愛保育園イルミネーション点灯式に参加しました。

 11月22日(金)に、常陸大宮市にある聖愛保育園で行われたイルミネーション点灯式でミニコンサートを行わせていただきました。

 保育園で演奏させていただくのは初めてだったので、年齢層を合わせた演出構成に苦戦している様子でしたが、試行錯誤しながら練習を重ねていました。
 曲目は、「アルセナール」、「小さな世界」、保育園の先生に指揮を振っていただいた「さんぽ」、「メリーポピンズセレクション」、「YMCA」そして、また点灯の際にクリスマス曲を演奏しました。

 当日は、全員分のサンタクロースの衣装を貸していただき、寒さも忘れクリスマス気分に包まれて演奏することができました。今回は顧問もクラリネットでソロを演奏し、参加させていただきました。
 一年に一度の大切な日に貴重な経験をさせていただけたことに感謝致します。関係者の皆様、本当にありがとうございました。



「部内ソロ・アンサンブルコンテスト」を行いました。

 11月18日(日)に、本校講堂にて「部内ソロ・アンサンブルコンテスト」を行いました。毎年部内で行っているもので、1人で演奏するソロ曲と、自分たちで編成を組むアンサンブル曲の2曲以上を発表するコンテストです。ソロに関しては上位者がソロコンテストに推薦されます。アンサンブルに関しては先日行われたアンサンブルコンテスト中央地区大会で演奏した曲も披露しました。
 吹奏楽は言わば個人の集合体であるアンサンブルの集合体です。一人ひとりの技術が合体して初めて完成するものです。今回の本番にあたり、現状の自分の技術を知り、多くの課題を見つけることができました。吹奏楽は夏が一番のシーズンなので、来年度に向けて、いまの時期に個人の技術を磨いてほしいと思います。
 また、コンテスト終了後には初見合奏大会を行いました。受験を終えた3年生をはじめ昨年度卒業生も参加してくれて、とても賑やかな合奏になりました。周りから沢山の刺激を受け、成長していってほしいと思います。



茨城県高等学校総合文化祭に参加しました。

 11月13日(火)に、水戸県民文化センターで行われた茨城県高等学校総合文化祭に参加しました。毎年開催されているもので、郷土芸能や合唱、器楽や吹奏楽など様々なジャンルの音楽が披露されます。

 私たちは、水城高校さん、水戸商業高校さんと3校合同で、『アルヴァマー序曲』を演奏しました。合同で参加させていただくのは去年に引き続き今年で2回目です。これまでに、休日2日間にわたり合同練習を行ってきました。

 限られた時間ではありましたが、お互いに刺激し合いながら仲間として良い関係を築くことができたと思います。夏のコンクールではライバル同士でしたが、今回は全員で1つのものを作り上げる同志として、助け合い励まし合う姿が見られました。

 本番も、リラックスし楽しんで演奏することができ、音楽の魅力を改めて感じることができました。今回の本番にあたり結ばれた御縁を大切に、交流を深めてほしいと思います。



アンサンブルコンテスト中央地区大会に出場しました。

11月9日(金)に、小美玉市生涯学習センターコスモスで行われたアンサンブルコンテスト中央地区大会に出場しました。

本校は3つの団体が出場しました。
編成と曲目は、金管五重奏で「潮彩」
金管四重奏で「小組曲テュービアム・ダンス」
木管四重奏で「ラノベファンタジア」です。

結果は、金管四重奏で優良賞、金管五重奏で奨励賞、木管四重奏で奨励賞をいただきました。悔しさの残る大会でしたが、同時に自分たちの課題や弱さを発見する機会にもなりました。

吹奏楽部では本番のたびに反省会をしています。しかし、大会も演奏会も聴いていただける機会はその一度きりです。今年中に控えている本番演奏では、行動・演奏面など全体的な反省点を活かし年内の活動を締めくくれるようにしたいと思います。今後とも応援宜しくお願い致します。



イオンタウン水戸南で行われた「私学のつどい」で演奏させていただきました。

10月28日(日)に、イオンタウン水戸南で行われた「私学のつどい」で演奏させていただきました。

今回は、私学助成のためのイベントということで、常磐大高吹奏楽部とダンス部、水城高校さんの吹奏楽部とダンス部が参加し、それぞれ発表をしました。曲目は、日曜日のお昼のショッピングモールに合わせ、家族向けのプログラムで構成しました。

様々なところから音が聞こえてくるフラッシュモブから始まり、振ると音が鳴るシェイカーという楽器をお客様に演奏していただいたり、お客様に指揮を振っていただく演奏など、会場の皆様と共に楽しめる演出を考えました。
しかしまずは自分たちが演奏を楽しめなければ、お客様にも楽しんでいただけないと考え、どう魅せるかを念頭に練習を進めました。

反省点も多くありましたが、自分たちの欠点や課題を改めて再発見することができた本番になりました。今後はアンサンブルコンテストや県の総合文化祭、クリスマスフェスティバルを年内に控えております。今後とも応援宜しくお願い致します。



東関東マーチングコンテストに出場しました。

10月7日(日)に、東関東マーチングコンテストに出場しました。
今年初めて出場したマーチングコンテスト、本番演奏は県大会につづいて2回目の経験でした。

東関東大会ともなれば、パンフレットに載っているのは全国大会常連校ばかり。普段の吹奏楽コンクールとはまた一味違った雰囲気に、少し緊張している様子がうかがえました。

結果は銅賞をいただき、目標としていた銀賞には及ばなかったため悔しい結果になりました。しかし、強豪校と同じ空間で演奏演技を行ったこと、またここまで沢山の経験をしてきた生徒たちは、達成感に満ちた顔をしていました。夏の吹奏楽コンクール、野球応援、訪問演奏や合同練習と決して楽とはいえないスケジュールをこなしつつ、初めて小吹グラウンドで練習をさせていただき、福島県での合宿を経て、マーチングコンテスト県大会、そして東関東大会と進んできました。

一方で、多くの苦労もあったと思います。仲間同士でぶつかることもありました。しかし喜びや楽しみを分かち合うのもまた仲間で、お互いを信じて演奏演技を終えることができました。賞だけでは判断することができない、大切なものを得ることができたように思います。

また今回のコンテスト出場にあたり、沢山の方々にお世話になりました。心より御礼申し上げます。今年度はアンサンブルコンテストを始めクリスマスフェスティバル、スプリングコンサートなど本番が残っています。感謝の気持ちを音楽で届けることができるよう、日々努力していきます。今後とも応援宜しくお願い致します。



介護老人保健施設くるみ館での敬老祭で演奏をさせていただきました。

 9月16日(土)に、介護老人保健施設くるみ館で行われた敬老祭で演奏をさせていただきました。

 曲は、「美空ひばりメドレー」や「津軽海峡冬景色」、合唱の「ふるさと」など馴染み深いものを演奏し、時々口ずさんだり手を叩いたりして下さっている方々も見えました。
 また、途中に指揮者コーナーを設け、米寿を迎える利用者様にミッキーマウスマーチの指揮をしていただきました。
 聴いてくださる方々の笑顔に、生徒たちもまた元気づけられたようです。

 1・2年生のみで演奏する初めての演奏会で反省点もありますが、涙を流してくださる方もいらっしゃいました。
 技術ももちろんですが、まず気持ちで音楽を届けられるようなバンドになるために一人ひとり努力していきます。

 また、この演奏会のために打ち合わせや準備などスタッフの方々に大変お世話になりました。聴いてくださる方、裏でサポートしてくださる方々のおかげでこのような機会をいただけていることに感謝し、下半期も努力していきたいと思います。
 10月7日に行われるマーチングコンテスト東関東大会も日程が差し迫ってきました。応援宜しくお願い致します。



ホーリーホックコラボデーに参加しました。

 試合が始まる前に広場で単独演奏、加えて前座試合中の演奏と選手入場の演奏をさせていただきました。去年に引き続き常磐大学の大学生、OBの方々との合同演奏で生徒たちにとって大変貴重な経験になりました。
 大人数での演奏と華やかなスタジアムで楽しみながら演奏することができたようです。顧問も一緒に参加させていただきました。

 単独演奏ではマーチングの曲を4曲披露させていただき、沢山の方に足を止めて聴いていただきました。保護者の方々も応援に来てくださり、本当にありがとうございました。大学生・OBの皆様、今後とも宜しくお願い致します。



「第55回マーチングフェスティバル」に出場しました。

8月20日(月)に、日立市池の川さくらアリーナで行われた「第55回マーチングフェスティバル」に出場しました。

結果は銀賞・朝日賞をいただき、10月7日(日)に行われる東関東大会へ出場することが決定致しました。吹奏楽コンクール中央地区大会で悔しい思いをしてからこの夏季休業中、休みなく練習を重ねてきました。

他の学校に比べ少人数ではあるものの、一人ひとりが意識を高く持ち互いを支え合うことを大切にし、野球応援や合宿を含め1人も体調不良者を出すことなくここまでくることができました。
初めてのマーチングフェスティバルへの出場と初めての合宿で、顧問にとっても生徒たちにとっても今年の夏は去年とはまた違ったものになりました。新しいことに挑戦するにあたり様々な苦難もありましたが、沢山の方々のご支援のおかげで、本番を迎えることができました。本当にありがとうございます。

初めての東関東大会ということで不安もありますが、少人数でも他の学校に劣ることのない、力強い演奏ができるようまた基礎から見直していこうと思います。引き続き応援宜しくお願い致します。



第31回茨城県吹奏楽コンクール中央地区大会に出場しました。

7月29日(土)に、第31回茨城県吹奏楽コンクール中央地区大会に出場しました。
毎年、4月に1年生を迎え新体制となってからこの夏のコンクールでそれぞれバンドの練習成果を披露する、吹奏楽を行う学生にとって節目になる大会です。

結果としては、残念ながら県大会に進むことはできませんでした。しかし、自分達にとって納得のいく演奏ができ、今までで1番良い演奏をすることができました。また聴きに来てくださった方々に沢山のお褒めのお言葉をいただくことができました。私たち吹奏楽部は、この日まで沢山の練習を重ねてきました。学校の日や土日はもちろん、野球応援の後やオープンスクールの後など、練習可能な日は全て練習をしました。だからこそ悔しさは大きいですが、聴いてくださった方の心に響く演奏ができたなら、それは何より嬉しいことです。

また、今年はコンクール曲「『GR』よりシンフォニック・セレクション」の作曲者である天野正道先生が本校に来ていただき、実際に指揮を振って指導して下さいました。本当に通常ではありえない貴重な経験で、そこから最後の追い上げにスパートがかかったといっても過言ではありません。結果に結びつかず悔しいですが、生徒たちにとって忘れられない日になりました。

さらに、沢山の先生方にレッスンをしていただき、パートごとや全体の質を上げてくださいました。日頃より大変感謝しております。また毎日お弁当や送り迎え等多くの場面でお世話になった保護者の方々に感謝申し上げます。沢山の方々に支えられて、一つの節目を終えることができました。

今年は、マーチングコンテストにも出場致します。今年初めての出場ですが、コンクールでの悔しさをばねに立ち止まることなく進んでいきたいと思います。引き続き応援宜しくお願い致します。



「青少年コンサート」に参加しました。

 7月14日(土)、水戸県民文化センターで行われた「青少年コンサート」に参加しました。これは、水戸市内の小学校から大学までの団体が、普段の練習の成果を発表する演奏会です。
 今回本校は、「GR」よりシンフォニック・セレクションを演奏しました。コンクールで演奏する曲ですが、課題が残る演奏でした。しかし残りの時間をどう使うべきかを考えるきっかけになったと思います。

 また、掲載写真は、高等学校合同バンドで3年生が演奏しているものです。「アルセナール」と「アフリカンシンフォニー」を演奏しました。
 今回他校の演奏を聴いて改めて音楽と向き合うことができたため、この気持ちを忘れずコンクールまで突き進んでいきたいと思います。応援宜しくお願い致します。



イオンタウン水戸南で演奏をさせていただきました。

 6月10日(日)に、イオンタウン水戸南で演奏をさせていただきました。前日からの雨予報で心配ではありましたが、何とか2回の公演を終えることができました。

 曲目は、サウンドオブミュージックメドレー(ステージドリル)、イッツアスモールワールド、YMCA、氷結、ディスコキッド、ラ・フェスタ(ボディパーカッション)、1回目の公演のアンコールにリトルマーメイドメドレー、2回目の公演のアンコールにアルセナールでした。
 ステージドリルが発表できるステージは場所の寸法上限られているため、去年に引き続き演奏の機会をいただき、関係者の皆様に大変感謝しております。また今回は悪天候であったためいろいろとご配慮をいただき、お陰様で本番を成功させることができました。本当にありがとうございました。
 雨の中、ご家族の皆様、またお買い物途中のお客様も足を止めて演奏を聴きにきてくださり、大変うれしく思います。いつも応援して下さる方々、そして演奏の機会をくださる方々がいるからこそ、日々練習を重ねている意味が見出せます。
 1年生も、少しずつ本番の回数を重ねてきたせいか、4月当初よりも凛々しさが見受けられます。これから本格的にコンクールの練習に入っていくことになりますが、変わりやすい天気に翻弄されることなく、意識を高く持ち続けていきたいです。今後とも応援宜しくお願い致します。



水戸地区高等学校音楽会に参加してきました。

 6月6日(水)に、茨城県民文化センターで行われた水戸地区高等学校音楽会に参加してきました。
 これは、水戸地区の高校30校が集まり、筝曲や合唱、吹奏楽やビッグバンドなど様々なジャンルの音楽を披露する演奏会です。本校は吹奏楽で「アルセナール」というマーチ、加えてこの間の文化祭で初めて披露したボディパーカッションによる「ラ・フェスタ」の2曲を演奏しました。特に「ラ・フェスタ」は沢山の方々にお褒めの言葉をいただき、限られた時間の中での練習でしたが、終わったあとの生徒たちの表情はとても晴れやかでした。
 梅雨入りをしたため外でのマーチング練習に影響が出てしまう可能性を危惧しておりますが、梅雨が明けたらいよいよ吹奏楽のシーズンともいえる夏に突入します。体力をつけ、前進していきたいと思います。応援宜しくお願い致します。



ときわ祭で演奏しました。

 6月1日(金)〜6月2日(土)に行われたときわ祭で、吹奏楽の演奏いたしました。曲目はBlockM、サウンドオブミュージックメドレー、YMCA、イッツアスモールワールド、氷結、ディスコキッド、糸(合唱)、ラ・フェスタ(ボディパーカッション)です。大人から子どもまで楽しめる内容にするために、様々な「魅せ方」を考え、練習を重ねてきました。

 2日目の一般公開日には沢山のお客様にご来場いただきました。お客様に指揮を振っていただき演奏したYMCAや、シェイカーという楽器を使って大人数で演奏したディスコキッドなど会場の方々と一緒に完成させることができたときわ祭発表になりました。改めて、お忙しい中ご来場いただきました皆様に感謝申し上げます。
 また、今回初めて挑戦したボディパーカッションの「ラ・フェスタ」は、楽器を使わない演奏でかつ身体を使って表現をするためとても苦労しました。しかし、逃げずに1人1人が真剣に取り組んだため成功させることができたと思っています。 これからも自分たちの可能性を広げるため、新しいことに挑戦する意欲を絶やさないでいきたいと考えています。応援宜しくお願い致します。
 告知になりますが、6月6日(水)、県民文化センターで「水戸地区高等学校音楽会」に出演いたします。アルセナールとラ・フェスタを演奏いたします。
 また、6月10日(日)はイオンタウン水戸南で演奏させていただきます。13:00〜と15:00〜の2回公演です。サウンドオブミュージックはステージドリルで演奏いたします。お時間のある方はぜひご来場ください。



「ワールドオブブラス」に参加してきました。

 5月12日(土)に、千葉県柏市にあるさわやか千葉県民プラザで行われた「ワールドオブブラス」に参加してきました。これは、マーチングバンドの祭典と言われ、主に千葉県内の小・中・高等学校のバンドが集まり、ホールコンサートやマーチングパレード、講習会を行うものです。

 本校吹奏楽部でマーチングを始めて2年目ということもあり、今回は初心者向け講習会に参加しました。この日までにあらかじめ指定された曲を暗譜していき、当日の午前中に行われた講習の中でマーチングの先生に動きをつけていただき、午後に発表をしました。初めての参加ということもあり戸惑う部分もありましたが、何とか形にして発表することができました。

 マーチングだけの発表会が初めての経験であったため、有名な強豪校の演技や演奏を目の当たりにし、沢山の収穫がある1日になりました。特に、1年生を含めた初めての本番で、チームでまず一つ作り上げることができた経験は、今後の活動にとって意味のあるものになりました。今年は吹奏楽に加えマーチングの活動も増えると思いますので、温かく見守っていただければ嬉しいです。



さとみ青空コンサート告知

 5月3日(木)、さとみふれあい館にて「さとみ青空コンサート」が開催されます。私たちは13:30頃から約40分間演奏させていただく予定です。
 ステージでは吹奏楽の演奏発表、そのほかに特産品の販売等もあるそうです。
 今年度初めての本番であり、新入部員のデビューコンサートとなります!GWの初日ですので、お時間のある方は是非お越し下さい。