未来をみつめて。あなたの夢をかなえる3年間がここにある

部活・生徒会

体育系部活動

女子ソフトボール部

試合に勝った時、みんなと喜びを分かち合える瞬間が最高です!

部員数 30名
活動日 月曜を除く毎日
目標 県大会優勝
近況 関東大会出場・東日本大会出場・県大会準優勝
(インターハイ茨城県予選2015・2016,関東大会茨城県予選2014・2015,春季大会2015,新人大会2016)
過年活動報告 2015年度活動報告   2016年度活動報告   2017年度活動報告

2017年度の部活動報告

平成29年度 茨城県高等学校ソフトボール新人大会(笠松運動公園他)

  • 2回戦   常磐大高 7 − 0 下館二高
  • 準決勝   常磐大高 1 − 5 下妻二高
  • 3位決定戦 常磐大高 1 − 2 水戸二高

県大会 第4位

新チームとなり、勝負をかけて臨んだ新人大会。結果として、一つのプレーの大切さを痛感する形となりました。
失点したイニングの多くは、安易なミスや四球で先頭打者を出してしまい、そこから、歯車が狂いだす展開でした。そこを抑えていれば、無失点という状況もあっただけに悔しさが残ります。

また、選手間ミーティングでも反省点としてあげられた「迷わず力を発揮する精神力」を、いかにして身につけるかが重要であるとも感じました。
緊張や焦りを和らげるためには、安心してプレーすることが求められます。そして安心してプレーするために必要なことは、「状況を考え、相手の考えを読むこと」と「自分のできることを冷静に考えること」です。つまり、ソフトボールについてもっとよく知らなければ、不安で、力が発揮できないという状況に陥ってしまいます。

来春まで、再度しっかり頭と技術を鍛え、より強固なチームを目指します。応援ありがとうございました。



関東私学高等学校ソフトボール大会茨城県予選会

平成29年度 関東私学高等学校ソフトボール大会茨城県予選(常磐大学小吹G) 9/24

  • 常磐大高 7 − 0  鹿島学園高
  • 常磐大高 1 − 0  明秀日立高

関東私学高等学校ソフトボール大会への県代表枠をかけ、茨城県予選会に臨みました。試合の中でミスはありましたが、結果として無失点で終わることができたので良かったと思います。また、チ−ム内の声の連携や雰囲気作りがこれまでの試合の中で一番良かったため、結果もついてきたのだと思います。
しかし、一方で課題もしっかりと残りました。アウトを取るべきところでしっかりと取るための準備や打席や連係プレーにおける狙いを整理しなければなりません。関東私学高等学校ソフトボール大会の直前には新人大会の県予選があり、結果が求められる重要な試合が続きます。まず一人ひとりが学校生活から見直し、ソフトボールに対する自覚と練習における目的意識を高め、どのような状況下でも自分のプレーができる状態を目指します。

今回の試合でも多くの方々に応援の声をいただきました。ありがとうございました。
今後とも応援、よろしくお願いいたします。

茨城県代表として関東私学高等学校ソフトボール大会(道満グリーンパーク)11/18、11/23に出場決定!



平成29年度 水戸地区高校女子ソフトボール大会(田野市民運動場)8/26

  • 1回戦    常磐大高 4 − 6 水戸二高
  • 3位決定戦  常磐大高 9 − 6 水戸三高
水戸地区大会 第3位

例年は秋に実施している水戸地区大会が今年は8月に開催され、今年も出場しました。
3位という結果も満足いく内容ではありませんが、試合に勝つためにこれをやってはいけないという内容が多く、新チームのもろさが顕著に表れた大会になってしまいました。しかしながら、負けて学ぶことが多いのも高校ソフトボールです。自分たちのソフトボールを確立する上で、個々が練習で何をすべきなのかということや、どういう戦い方をするのかということを再度検討し、立て直していきたいと思います。
まだまだ始まったばかり、秋の新人戦に向けて、他チームとの競争も自チーム内の競争もこれから熾烈になっていきます。常磐大高は「気迫」ある戦いができるチームを目指していきます。今後とも応援よろしくお願い致します。



国民体育大会 関東ブロック予選(前橋市民球場他)8/18〜8/20

  • 茨城県 0 − 2 千葉県

国民体育大会 関東ブロック予選(成年女子)に本校卒業生1名が茨城県代表として出場しました。現在は大学でソフトボールを続けるとともに、多くの言語を習得すべく学業に励んでいます。
本国体の出場権を得ることはできませんでしたが、このように卒業後も頑張っている先輩の活躍は、現在の部員達にとっても励みになります。今後とも応援しています。



第11回茨城オープン高校女子ソフトボール大会(那珂湊運動公園他)8/15〜8/17

  • 常磐大高 6 − 1  日立二高
  • 常磐大高 3 − 3  大田原女子高
  • 常磐大高 3 − 2  秋草学園高

第11回茨城オープン大会に参加しました。今年も東北地方・関東地方を中心とした他県の学校からも参加いただき、本校としても大変有意義な大会になりました。残念ながら、初日、2日目の第2試合目が雨で中止になってしまい、半分の試合数となってしまいましたが、新チームの出だしとしてはまずまずといえる試合内容でした。
今年の新チームは26名の大所帯となり、各人の出場機会も制限されることから、少ないチャンスを如何にものにするかが重要となります。また、試合で得た課題を自分のものとして考え、改善しなければ、レベルアップにつながりません。常に勉強する姿勢が選手には求められます。今後もより連携を磨き、チーム力を高めていきたいと思います。
今後とも、応援よろしくお願いいたします。



平成29年度全国高校総体茨城県予選会兼県民総体兼国体茨城県大会
(笠松運動公園他)6/16〜6/17

  • 1回戦    常磐大高 4 − 3  古河一高
  • 2回戦    常磐大高 1 − 0  水戸三高
  • 準決勝   常磐大高 0 − 11  水戸商業高
  • 3位決定戦  常磐大高 4 − 3  水戸二高
県大会 第3位

「インターハイ出場」を目標にインターハイ予選に臨みました。インターハイ予選は3年生の引退がかかる大会であるため、各チームが勝ちに固執し、何が起こるか分からない試合が例年展開されます。そのため、内容よりも結果が優先される大会です。第4シードとして臨みましたが、初戦から、動きに硬さが見られ、緊迫する展開になりました。ミスをしても、あきらめず、笑顔と声を絶やさず、自分たちのプレーを最後まで信じて戦いました。
3年連続で対戦した水戸商業高校戦は、ミスを連発してしまい、自分たちの戦い方ができなかったことから、素直に悔しさばかりが残っています。夢を叶えることができず、3年生には後悔を残す形になってしまいましたが、最後に感謝の気持ちを伝えてくれた3年生の思いに、チーム全体が心を打たれ、今後のチームの成長を約束しました。3年生は、5人という少人数でよく25人の後輩をまとめてくれました。上手くいくことばかりではありませんでしたが、今後の人生でこの経験を役立ててほしいと思います。卒業生をはじめ、お忙しい中応援に来てくださった皆様、また日頃よりお世話になっている方々、離れていながらもご声援くださいました方々、ありがとうございます。本当に感謝しています。なかなか優勝にはたどり着けませんが、選手・指導者一同、今年こそという強い思いを持って新しいチームを築いていきたいと思います。ご声援ありがとうございました。



平成29年度関東大会茨城県予選会(那珂総合公園他)5/12,5/14

  • 1回戦   常磐大高 9 − 0 水城高
  • 2回戦   常磐大高 7 − 0 水戸三高
  • 準決勝    常磐大高 0 − 7 水戸商業高
  • 3位決定戦 常磐大高 2 − 3 下妻二高
県大会 ベスト4

春季大会の悔しさをバネにに関東大会県予選に臨みました。チームのテーマは「気持ちを強くもって試合に臨むこと」でしたが、結果としては課題が残るかたちとなりました。特に準決勝戦は緊張からいつも通りのプレーができず、守備でリズムを崩す展開となってしまいました。次のインターハイ予選までに立て直すとともに、自分たちのリズムと攻撃に対する積極性を高めていくことが必要です。次の公式戦が3年生にとって最後の大会になってしまうだけに、勝利への執着を求めつつ、残り1ヵ月の練習に精一杯励んでいきたいと思います。今後とも応援をよろしくお願いいたします。


第7回置賜桜杯ソフトボールフェスティバル(白鷹町・長井市)5/3〜5/5

    予選トーナメント
  • 1回戦 常磐大高 9−2 山形城北高
  • 2回戦 常磐大高 2−1 小牛田農林高
  • 予選トーナメント第1位(Fブロック)

    T部決勝トーナメント
  • 1回戦     常磐大高 7−0 宮城第一高
  • 2回戦     常磐大高 1−0 白河旭高
  • 準決勝      常磐大高 0−2 山形学院高
  • 3位校教育試合 常磐大高 2−1 利府高
  • 第7回置賜桜杯ソフトボールフェスティバル 第3位

昨年に続き、ゴールデンウィークの期間中、山形県の白鷹町・長井市で開催された置賜桜杯に参加しました。今回の大会会場が今年のインターハイ会場となるとのことで、プレ大会としての位置づけで行われました。インターハイさながらにベンチ前で選手名がアナウンスされると、選手も雰囲気にのまれてしまい、若干浮き足立ちましたが、全体としては接戦も経験でき、緊張感をもって試合ができました。今年も多くのチームと試合ができ、良い経験となりました。この後の関東予選やインターハイ予選につなげられるよう、努力していきたいと思います。結果は決勝トーナメントの準決勝で敗れ、第3位となりました。今後とも応援よろしくお願いいたします。


茨城県高校女子ソフトボール春季大会(那珂総合公園他)4/22〜4/23

  • 2回戦    常磐大高 8−1 水戸三高
  • 準決勝   常磐大高 0−2 下妻二高
  • 3位決定戦  常磐大高 0−1 水戸二高
県大会 第4位

新学期に入り、最初の公式戦である春季大会に臨みました。1年生も多く入部し、活気が溢れる中出場した大会でしたが、大会全体を通し、攻撃面で課題を残す結果となりました。
中でもチャンスに思い切ったプレーができなかったことが一番の課題です。練習で自信を築くことが、今のチームにはとても重要になると感じました。
この課題を各自が振り返り、何を努力するのか、長所を自覚しいかに伸ばせるかが必要になります。
チーム内の競争もより激しくなる中で、確固たる自信と向上心を持って次の大会に向かいたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします。