未来をみつめて。あなたの夢をかなえる3年間がここにある

部活・生徒会

体育系部活動

女子ソフトボール部

試合に勝った時、みんなと喜びを分かち合える瞬間が最高です!

部員数 37名
活動日 月曜を除く毎日
目標 県大会優勝
近況 全国私学大会出場(2018)
関東大会出場(2014、2015、2018)
東日本大会出場(2017、2019)
関東私学大会出場(2014、2016、2017、2018)
県大会準優勝 (インターハイ茨城県予選2015・2016・2018、関東大会茨城県予選2014・2015・2018、春季大会2015・2019、新人大会2016)
過年活動報告 2017年度活動報告   2018年度活動報告   2019年度活動報告

2019年度の部活動報告

第9回置賜桜杯ソフトボールフェスティバル(白鷹町・長井市)5/3〜5/5

予選トーナメント
1回戦 常磐大高A 17−2 山形城北高
1回戦 常磐大高B 14−2 山形北高
2回戦 常磐大高A  9−2 いわき連合(磐城高・いわき総合高・磐城桜ヶ丘高)
2回戦 常磐大高B 15−5 石巻桜坂高
予選トーナメント第1位(E・Hブロック)
T部決勝トーナメント
1回戦 常磐大高A 6−0 古河第二高
1回戦 常磐大高B 3−1 長井高
2回戦 常磐大高A 1−0 鶴岡東高
2回戦 常磐大高B 2−7 白河旭高
準決勝 常磐大高A 5−3 白河旭高
決勝  常磐大高A 1−5 学法石川高
第9回置賜桜杯ソフトボールフェスティバル Aチーム 準優勝  Bチーム 1部ベスト8
ゴールデンウィーク10連休の後半、今年も山形県の白鷹町・長井市で開催された置賜桜杯に参加しました。チームの人数が多いため、2チームに分かれて全員が試合に出場し上位進出を狙いました。大会を通して状況を考え行動することや自分達で課題を発見することができたため、良い経験となりました。この後の関東予選やインターハイ予選につなげられるよう、努力していきたいと思います。結果はAチームが準優勝、Bチームがベスト8となりました。今後とも頑張りますので応援よろしくお願いいたします。



平成31年度 茨城県高等学校ソフトボール春季大会(笠松運動公園他)4/19〜4/20

2回戦    常磐大高 7 − 1 鹿島学園高
準決勝    常磐大高 8 − 6 明秀日立高
決勝戦    常磐大高 0 − 1 水戸商業高
県大会 準優勝

 長い冬の期間を乗り越え、いよいよ勝負のシーズンがはじまりました。チームは4月以降新入生13名が入部し、新たな雰囲気の下、春季大会に臨みました。この大会の目標は「優勝」でした。
 しかし、大会を通して硬さが見られ、公式戦の戦い方の難しさを改めて痛感しましたが、要所で選手が頑張り、決勝戦まで進むことができました。決勝は投手戦となり、0対0と均衡した展開が続きました。結果、攻撃では最後まで相手チームの好投手を攻略できず、守備は最終回ミスを皮切りに失点し、準優勝に終わりました。
 緊張もありますが、やはり先にミスをした方が負けとなるということを実感した大会でした。ここからはミスを減らすことをテーマに練習に励みたいと思います。応援ありがとうございました。



第49回東日本高等学校女子ソフトボール大会(酒匂川スポーツ広場・小田原東高校)3/26〜3/30

    予選リーグ
  • 常磐大高 4 − 6 市立川口高(埼玉県)
  • 常磐大高 0 − 7 厚木商業高(神奈川県)
  • 常磐大高 1 − 3 東北生活文化高(宮城県)
  • 常磐大高 0 − 6 横浜清風高(神奈川県)
    2部決勝トーナメント
  • 常磐大高 3 − 2 黒石商業高(青森県)
  • 常磐大高 4 − 6 高崎商業高(群馬県)
2部 ベスト8

 北海道から静岡県までの各県上位チームが参加する東日本高等学校女子ソフトボール大会に出場しました。一つのミスが失点、勝敗に影響するといった緊迫した状況となり、改めて大会で結果を残すことの難しさを痛感した形となりました。
 思うような結果は残せませんでしたが、ミスを通してチームの課題が明らかになり、これからの練習で何を取り組むべきかという方向は定まりました。またこの時期に強豪チームと試合数ができたことも成長につながることと思います。
 年度が変われば、インターハイへの勝負が本格的にはじまります。ここで勝つことができるようこれからの練習に励んでいきたいと思います。
 平日にもかかわらず応援に来て頂いた皆様、また日頃より応援をいただいている皆様、ありがとうございました。今後とも応援の程、宜しくお願い致します。