未来をみつめて。あなたの夢をかなえる3年間がここにある

進路について

先輩からのメッセージ

祝2019年度入試大学合格 合格者からのメッセージ

筑波大学 医学群 医療科学類

清水 咲華(水戸第四中学校出身)

私は、高校3年間を通して勉強と部活動の両立を目指し、日々努力してきました。思うように勉強時間が取れず、成績が伸び悩むこともありましたが、部活動を続けたおかげで精神的にも成長することができました。苦しい時にも支えてくれた先生方や両親、友達に恩返しができるようにこれからも頑張りたいです。進学後は、高校での経験や知識を活かし、自分の夢に向かって努力したいです。

筑波大学 医学群 看護学類

川部 楓純(笠原中学校出身)

私は高校一年生の時から受験を見据えて、看護体験やボランティアに積極的に参加しました。また、興味のある分野の教授に直接お話を伺いに行くこともありました。これらの経験は受験で自分をアピールするために大変役立ったと感じています。また、先生方は、忙しい中でも熱心に対策をしてくださいました。辛いことはたくさんありましたが、多くの人に支えられ、最後まで諦めずに合格を掴むことがでました。これからは、新たな環境で高みを目指していきたいです。

茨城大学 教育学部 養護教諭養成課程

坂場 みなみ(明光中学校出身)

私は大学受験を通して、周りの人や環境に恵まれていることを改めて感じました。 受験には集団討論があり、一人では対策ができなかったと思います。先生方や先輩方のご指導と、たくさんの友人と家族の協力のおかげで受験を乗り切ることができました。この感謝の気持ちを忘れず、進学先は今まで以上に勉強に励みたいです。そして、保健室を訪れた子ども一人ひとりと向き合い、心身のケアができる養護教諭を目指して頑張りたいです。

茨城大学 教育学部 学校教育教員養成課程(社会選修)

鈴木 孝明(緑岡中学校出身)

私は男子硬式テニス部に所属していました。探求活動や勉強に加え、部活動に参加することは大変でしたが、時間を有効活用することを学ぶいい機会になりました。受験では小論文と面接があり、不安が残りながらも本番を迎えました。しかし、小論文では里美地区でのフィールドワークが、面接では部活や課題研究の経験を活かすことが、受験を乗り切ることができました。このように、日々の経験を大切にしてこれからも努力して行きたいです。

茨城大学 工学部 機械システム工学科

北川 颯眞(勝田第二中学校出身)

私は特進選抜コースの授業で大きく自分を成長させることができました。  
ディベートでは自分の気持ちを相手に伝える難しさや、相手の気持ちを受け止める大切さを学び、コミュニケーション能力を身につけることができました。  
また、この授業では人と関わり、意見を交換する機会が多いので、様々な考えや価値観に触れ、今まで狭かった視野を広げることができました。  
これらの経験は私の高校生活を充実させ、さらに試験にも活かせたと思います。

茨城県立医療大学 保健医療学部 放射線技術科学科

深野 空(見川中学校出身)

私は高校三年間を通して、常に二つの目標を持つようにしていました。一つは、高校生活を通しての目標、もう一つはその目標を達成するために、今日すべきことを決め、実行するという目標です。二つ目の目標は毎日変えて自分で決定するので、自分と向き合う機会が増え、その事により、強い気持ちを保ち、努力することができました。このようなことから、受験など努力する際には常に目標をもち、意識する機会を増やすことが大切だと思います。

宇都宮大学 国際学部 国際学科

廣村 美優(常北中学校出身)

私は、先生方と共に討論を行ったり、意見を交わし合ったりしてきました。そのため、試験当日は自分の意見に自信を持って発表することができました。また、一年次に学んだディベートやプレゼンテーションによって培ったスキルが十分に役立ちました。これまでの探究活動を通して学んだことが活かせたことがとても嬉しかったです。現状に満足することがなく、さらなる自己の成長に向け、多様な人々と交流を持ち、経験を積んでいきたいです。

群馬県立女子大学  国際コミュニケーション学部

小澤 美月(見川中学校出身)

私はプレゼンテーションを課す入試を受けました。特進選抜コースでは3年間を通してプレゼンテーションの技術を学ぶとともに、発表を行う授業や活動も多いです。これらの活動で身につけた力を試験の際に発揮できたと思います。また、入試で使用するための資料をパソコンで作成したりもしました。試行錯誤の末、納得のいくものを完成させることができました。最後まで諦めずに取り組むことで何事においても貴重であると常磐での高校生活で実感しました。

長野県立大学 グローバルマネジメント学部 グローバルマネジメント学科

大津 涼香(飯富中学校出身)

私は、試験内容のプレゼンテーションと面接を、これまで特進選抜コースで培ったスキルを活用し合格することができました。1,2年生で学んだプレゼンテーションスキルや対話術、また、その場の対応力や一年間取り組んだ個人課題研究が自分の強みとなり、合格に結びつく貴重な経験だったと思います。  
また、大学入学後に授業で行うプレゼン等にも、今まで得たものを応用し、さらに高度なプレゼン力を身につけたいです。

立教大学 経済学部 経済学科

杉山 直弘(桂中学校出身)

私は特進選抜コースでの留学体験と個人課題研究を入試で活かすことがでたと実感しています。留学では異文化の中で生活し、多様な価値観の存在を知りました。そして個人課題研究を通して、漠然とした自分の興味を、経済学部という、より具体的な学問に絞ることができました。そこで得た知識や興味、そして海外体験は自分にとって貴重なものです。それらは入試において、一番の自己アピールにできたと思います。

学習院大学 文学部 日本語日本文学科

大内 錬(水戸第一中学校出身)

将棋の棋士、羽生善治さんの名言に「超一流は人の話しを聞いて工夫する」とありますが、常磐は生徒を超一流にしてくれると思います。私も高校生活を通して、主体的に学ぶ重要性を理解し、取り組むことができました。勉学・部活動の面では勿論、自分で考えて行動することで、失敗しても今後の糧になり、充実した生活を送れます。将来の自分を見据えて、日々努力してください。

文教大学 教育学部 心理教育課程

岡崎 しのぶ(山方中学校出身)

私は、合格通知を手にした時、喜びと共に感謝の気持ちが湧いてきました。この合格は決して一人では手に入れることができなかったと思うからです。対策として、勉強はもちろん、小論文や面接にも力を入れてきました。とても大変でしたが先生や友人がサポートしてくれました。苦しいときは、家族や部活のチームメイトが相談にのってくれました。私を支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、子どもの心を理解できる教師になれるよう頑張りたいと思います。

東京農業大学 地域環境科学部 地域創成科学科

白土 潮莉(平磯中学校出身)

私は高校生活を通して目標を達成する根気強さが大切であると学びました。私はバドミントン部に所属していましたが、自信の技術を上達するために何度も同じ練習メニューを繰り返すことはとても苦痛でした。しかし諦めずに継続していくことで上達し、試合に勝つことができました。勉学も同じことだと私は考えています。中学生のみなさん諦めずに目標を成し遂げてください。そして皆さんの夢が叶うことを願っています。

常磐大学 看護学部 看護学科

駒組 久児(那珂第四中学校出身)

私は、バスケットボール部に所属していました。その中で、何事にも諦めず取り組むことの大切さを学びました。これは受験をする上でも必要不可欠なことだと思います。私自身、AO入試では力不足のため残念な結果となり、志望校を変更することも考えましたが、諦めず受験をし、合格することができました。大学に入学して学びたいという気持ちは必ず大学の先生に伝わります。受験生もみなさんも夢や目標を諦めず頑張ってください。

常磐短期大学 幼児教育保育学科

廣野 りん(笠原中学校出身)

私は幼少期からも夢である保育士になるため、常磐短期大学に合格できるよう勉強だけでなく、ピアノの技術を磨くことやボランティア活動にも力を入れてきました。受験の時期は悩んだことも多くありましたが、先生や友人の支えのおかげで頑張ることができました。また自分自身と向き合い、目標を立てて取り組んできた3年間の積みかさねが合格に繋がったと思います。進学後も夢を叶えられるように目標を立てながら学んで行きたいです。

祝2018年度入試大学合格 合格者からのメッセージ

横浜国立大学 経営学部 経営学科

畠山 翔冴(稲敷・東中学校出身)

高2の3月から受験勉強を始めました。高3の夏休み以降は誰でも受験モードに入りましたが、それより早い時期から本腰を入れて頑張ったことが自分の自信になり、成功につながったと思います。先手必勝です。校内には集中して勉強できる環境があり、早朝から放課後遅くまで学習できるスペースがあるので、そこを活用して自分が納得できるまで問題集に取り組みました。みなさんも思いっきり、入試に挑んでみてください。

茨城大学 教育学部 学校教育教員養成課程

西丸 真彩(水戸第一中学校出身)

試験内容にプレゼンテーションも含まれていたため、その構成や話し方・時間内に話せる量など、何度も調整が必要で、全ての作業にかなりの時間がかかりました。先生方は何度も添削してくださり、放課後の時間を割いて練習も見てくださいました。一緒に目標に向かって走っている仲間や道標となってくださる先生がいることを忘れず、自分を信じる道を進めばきっと光が見えてくると思います。

国際教養大学 国際教養学部

川上 野乃華(大洗第一中学校出身)

高2の秋に志望校が決まるまで、部活動を言い訳に勉強に力を入れませんでした。しかし、目標や志望校を設定したことで、勉強の意欲が湧き、早朝に登校して勉強することで、部活動との両立をさせることができました。引退後は他の人より多くの時間、質の良い勉強をするよう努力しました。受験勉強は辛いですが、志望校で大学生活を送る自分を想像しながら受験勉強を頑張りました。

明治大学 文学部 文学科

須能 佳織(水戸第三中学校出身)

大学受験を通して、自分や周りの人達を信じることが大事だと気づきました。模試の判定が到達していなくても、自分がその時出来ることを精一杯したので今に繋がっていると思います。また、先生や友達など周囲の人の励ましも私の力になりました。高校で学んだことを社会に出てからも活かせるように努力していきたいです。

祝2017年度入試大学合格 合格者からのメッセージ

茨城大学 教育学部 学校教育教員養成課程・教科教員コース・音楽教育系・音楽専修

滑川 睦月(双葉台中学校出身)

私は、勉強はもちろん、部活・ピアノに対しても努力をしてきました。受験では実技試験と面接があり、対策をするのに苦労しましたが、先生や友人家族のサポートのおかげで乗り越えることができました。高校受験で悔しい思いをした分、大学受験で良い結果をもらえて、頑張ってきて本当によかったと思いました。将来子どもたちに音楽の素晴らしさや楽しさを伝え、よりよく成長させされるよう、サポートできる教師になりたいと考えています。

学習院大学 文学部 日本語日本文学科

松島 梨々花(水戸2中出身)

私は高校生活を通して、目標に向かって努力を続ける大切さを学びました。模試などの成績が伸び悩むこともありましたが、自身の結果と向き合いながら日々の学習を続けたことが合格に繋がったと思います。きっと自分ひとりの力では成し遂げることはできませんでした。私を支えてくださった先生方や友達、家族には感謝の気持ちでいっぱいです。この思いを忘れず、これからの夢や目標を持って生活して行きたいと思います。

専修大学 法学部 法律学科 

関谷 結(瓜連中学校出身)

私は合格を手にするために、苦手な科目を苦手なままにしないよう、心がけてきました。理解するまで根気強く勉強することの大切さを学びました。進学後は今より専門的な知識が必要になるため、今まで以上に勉学に励み、自分の夢を叶えられるよう頑張りたいです。

二松學舍大学 文学部 国文学科

樋田 遼太郎(内原中学校出身)

私は大学受験をきっかけに、将来について深く考えることができました。
大学受験を成功させるために必要なことは、自分が将来をよく考えることだと思います。自分が将来何になりたいのか、何をしたいのかをよく考えてそのことについて深く学ぶことのできる大学を選び、目標を高く持って学習することが大事だと思います。常に、将来なりたい自分を目標に、生活面や学習面をしっかりすることが大切だと思います。

東洋大学 法学部 法律学科

渡辺 智哉(岩瀬東中学校出身)

私はバスケットボール部に所属していました。部活のきつい練習を経験したことで、「絶対にあきらめない力」と「つらいときにもう一踏ん張りする力」がつき、受験の準備にも手を抜かず自分と向き合うことができました受験は、自分との戦いです!準備をしっかりして、自分らしさを表現してください。

獨協大学 経済学部 経済学科

大津 秀智(双葉台中学校出身)

私は、三年間を通して予習復習を大切にし、定期考査を大事にしてきました。「3年生になったら頑張ればいい」と考えていると後悔することになります。三年間の積み重ねが必ず進路実現に繋がります。入学後、努力を惜しまず頑張ってください。常磐の充実した学習設備や常磐でしか味わえない楽しい行事が待っています。何事にも本気で取り組み、充実した高校生活になることを願っています。

常磐大学 総合政策学部 法律行政学科

白井 雄基(美野里中学校出身)

私は、大学受験を通して自分がどのような人なのか、自分自身について考えることができました。自分がどのような性格か自分に必要なことは何なのかなどを知ることができたのです。
私は水泳部に所属して、毎日の練習の中で努力の大切さや競い合い成長していくことの素晴らしさを感じることができました。後輩の皆さん、失敗を恐れずに多くのことに挑戦してみてください。そして、その経験を活かして大学入試や将来の夢につなげていってもらいたいと思います。私は将来警察官になることを目指しています。そのため、高校で学んだ知識や経験を将来に活かしていきたいと思っています。

常磐短期大学 幼児教育保育学科

佐藤 愛(下館南中出身)

私が努力をしたことはまず評定平均をあげることです。評定を意識することで授業に集中する意識も変わり、一つ一つのテストに万全な状態で取り組むことができました。さらに勉強面だけでなく、ボランティアやインターンシップに積極的に参加しました。しかし「ただ参加すればいい」というわけではありません。そこで何に気づき、何を考え、何を学んだのかを少しでもいいのでメモをとることはが大切です。それが必ず面接などで役立ちます。
私は幼稚園教諭を目指しています。幼稚園教諭は、人間形成の基礎を育てる重要な幼児期に関われる、とてもやりがいのある仕事です。子どもに良い影響を与えることのできる幼稚園教諭になれるように、4月から常磐短期大学でしっかり学んでいきたいです。

祝2016年度入試大学合格 合格者からのメッセージ

筑波大学

大久保 愛理(水戸四中出身)

「主体的な学び」で夢をつかむ

高校では毎日スタディールームで勉強をしていました。自分で時間を見つけて学習する習慣をつけることは、とても大切なことだと思います。
また、英語検定やワープロ検定などを積極的に受けていたことが、大学入試だけでなく、大学に入っても役立っています。

明治大学

郡司 怜(赤塚中出身)

高校での学びが大学でも役立つ

部活動と勉強を両立させることをめざし、毎日努力してきました。そのおかげで、精神的にも大きく成長することができました。
常磐大高で経験し学んだことは、大学生活を送る上でもとても役立っています。

茨城大学

森谷 柚月(佐野中出身)

高校では国際的な活動に進んで参加しました。なかでもカナダへの短期留学は貴重な経験となりました。そこで学んだことは進路を決めるときに活かすことができました。
また、周囲の友達が頑張っている姿は励みになり、学習する環境にも恵まれ、充実した高校生活を送ることができました。
進学後は地元を拠点としたボランティアなどに積極的に参加し、誰もが住みやすい社会作りや地域を活性化する方法を学びたいと思っています。そして、地域や社会に貢献する活動をしたいと考えています。

茨城大学

大瀧 夢乃(勝田二中出身)

入学時から茨城大学への進学を志望していました。私は特に将来は語学力を身につけ、グローバルな社会で活躍したいという夢があります。そのため7時間授業や模試、長期休業中のゼミなど、夢を叶えたい一心で頑張ってきました。それができたのは先生や友達、家族の支えがあったからです。高校受験では悔しい思いをしましたが、大学受験ではよい結果をもらえて、今まで頑張ってきてよかったなと思いました。この気持ちを忘れずにこれからも夢に向かって努力していきたいです。

茨城大学

三部 愛華(平沢中出身)

受験前に地域での講習会や企画などに参加しました。そのため、自分の興味がある分野の知識が得られただけでなく、やりたいことが明確になったので、強い意志をもって受験に臨むことができました。
時間に追われる忙しい毎日でしたが、目標に向かって多くのことを学び、何事にも熱心に取り組むことができました。

学習院大学

山田 真望子(水戸五中出身)

私はソフトボール部に三年間所属していました。部活が終わり、帰宅後すぐに疲れてしまい寝たいと思っても「1日1日の積み重ね」を大切にしてきました。それは部活動で鍛えた体力と強い気持ちがあったからこそできたのだと思います。
進学後は留学をしたいと思っているので高い語学力が求められます。これからも日々の積み重ねを大切にして一生懸命頑張りたいと思っています。

東京電機大学

藤岡 大地(石岡中出身)

高い目標をもった仲間と切磋琢磨をするなかで常に自分に足りないことを考え、補うために努力してきました。それは自分の自信につながり、漠然としていた将来像をより明確にすることができました。また、外部の体験授業やボランティアなどに参加したことも進路を決めていく中でとても役立ちました。高校で学んだ知識や経験を活かし、夢を実現させるために努力を続けていきたいと思っています。

専修大学

木村 拓未(石川中出身)

私は子どもが大好きで、スポーツを通して子どもたちと接することも多いです。将来はこれからの日本の未来を担っていく子どもたちのために尽くしたいと思っています。「自分の好きなこと」から将来の目標を探してください、ということを皆さんにアドヴァイスしたいです。

常磐大学

田村 渓介(笠原中出身)

私は大学受験を通して、様々な経験をすることができました。皆さんにアドヴァイスできることは失敗を恐れずにチャレンジすることです。そして、自分の夢をかなえるためにはどの大学へ行けばよいのかよく考えて進路を選択することです。そして大学についてよく調べ、目標や夢をもって高校生活を送ってもらいたいと思います。

常磐短期大学

金長 茉侑(赤塚中出身)

私は常磐大学コースに所属したことで、同じ夢をもつクラスメイトがよきライバルでもあり、また仲間でもあったからこそ気持ちを一つにして受験に取り組むことができました。
私は将来、保護者から信頼され子どもから好かれる、笑顔の絶えない保育士になることが目標です。これからたくさんの困難が待ち構えていると思いますが、日々向上心を持ち感謝の気持ちを忘れずに努力していきます。