未来をみつめて。あなたの夢をかなえる3年間がここにある

進路について

進路指導

一人ひとりの夢の実現

入学してすぐに実施される 「新入生オリエンテーション」など、様々な進路を意識した取り組みを中心に、人間的な成長を支え、一人ひとりの夢の実現を全力でサポートします。

進路指導はいつ頃から始まりますか?

入学してすぐに実施される「新入生オリエンテーション」から進路指導は始まります。ここでは卒業生の進路状況や今後の進路の流れ、1年次での心構えなどを資料に基いて説明します。

志望校の決定はいつ頃すればよいのでしょうか?

志望校決定は早いに越したことはありません。決定するためには「志望校」についてよく研究し、オープンキャンパスなどに参加して自分の希望を確認しましょう。また、「入試方法」などもよく調べ、自分の力を最大限に発揮できる入試方法を選びましょう。

大学進学ガイダンスでは主にどんなことをするのでしょうか?

1年次は講師の先生の話を聞いたり仕事の体験をすることで“仕事”を通した進路に関する考え方を深めます。2年次は各分野の模擬授業を受け“学部・学科”を通して進路に関する理解を深めます。3年次ではそれぞれの分野の学校についての説明を受けます。

「大学見学会」はどのように行われますか?

夏休みに大学について知るきっかけとして、「大学見学会」を行います。
筑波大学や東北大学などを訪れ、それぞれの大学でどのような研究をしているのかを詳しく知ることで、自分の進路をより深く考えていくようになります。

3年間の進路指導のおもな流れ

1年[職業観の確立] 2年[進路研究] 3年[進路達成]
  • オリエンテーション
  • 学習方法習得講座
  • 進路についての「講話」
  • 教育実習生の話
  • 卒業生による合格体験談
  • 進路個別相談
  • 進路についての三者面談
  • 大学進学ガイダンス
  • 実力診断校外模試
  • インターンシップ
  • 保護者対象進路講演会
  • 進路個別相談
  • 進路についての三者面談
  • 大学見学会
  • 大学進学ガイダンス
  • 実力診断校外模試
  • 保護者対象進路講演会
  • 推薦テスト
  • 受験対策ガイダンス
  • 進路個別相談
  • 進路についての三者面談
  • 大学見学会
  • 特別編成授業
  • 面接・小論文指導
  • 校外模試

生徒が自己実現できる進路を選べるように、様々な角度から応援しています。

友常 格(進路部主任)

「進路」というと進む大学だけに目がいきがちですが、そこで何をするか、その後の長い人生をどのように生きていくかという大きな課題に取り組むことが大切だと考えています。

本校ではまず低学年からの意識づけのために、職業に関する講話とインターンシップによる実体験を行っています。働くことの大変さと喜びを理解した上で、学ぶことの重要性を知り自分の適性を考えて進路を決めていくという流れが重要なのです。この流れで目標が固まってきた生徒は、学習に対する取り組みも自主性が増し、志望校合格への可能性も高まってくるようです。目標がなかなか定まらない生徒には、面談を通して自分自身に本気で向き合って、考えるきっかけを与えています。

今後、複雑に変化していく社会を生きていく生徒たちに「自分に自信を持つこと」と「自分で考え、自分で歩む」ことができる力を養っていきたいと思っています。進路・学習支援室にはそのための資料を備え、教員が相談に応じる環境を整えて、自分の未来を切り開くためのサポートをしています。