未来をみつめて。あなたの夢をかなえる3年間がここにある

コース・カリキュラム

特進選抜コース

「真の学力」を備え、21世紀社会に貢献する「人財」を育成する

これまでの知識詰め込み型の学力ではなく、知識を基にした思考力や判断力・表現力といった、「21世紀社会で求められている学力」を育てるような活動をしていきます。

未来を担う君たちへ

21世紀社会を担う君たちにとって「学び」とは何でしょうか。「学び」によって得られた知識は行動の指針となり、習得された能力は社会を主体的に生きる力となります。そして「学び」がもたらす発見と驚きは君たちを大きく成長させる糧となるでしょう。高校生活とは生涯におよぶ「学び」を真剣に考える、かけがえのない時間と考えます。
TOKIWAは「学び」に情熱をもった君たちを待っています。

特進選抜コースのポイント

  • 知的好奇心を刺激する探究型プログラム
    今世の中で起きている問題をテーマにして話し合う機会をつくり、物事を筋立てて考える論理的な思考力を養い、身近な環境問題について調査して、物事を調べる方法を学びます。全ての活動は皆で協力しあうグループ学習を基本としています。
  • 変容する大学入試にも対応したプログラム
    実施されるプログラムは、まさに知識の活用力を高める内容となっています。新しい入試制度にも対応した活動が行われ、生徒は授業と「探究型のプログラム」を両方経験することによって新しい時代が求める人財へと成長することができます。

教養を深め、人間力を育む

探究学習を軸とする教育活動によって、幅広い知識を獲得し、生涯にわたって学び続ける力を育むコースです。

特進選抜コースで培われる人間力

教養 Liberal arts
文理を問わず幅広く習得された知識は、新しい価値を創造する基盤となります。
思考力 Logical thinking
異なる文化的背景をもつ人々と協力するためには論理的な思考力が不可欠です。
協調性 Cooperation
グローバル化、情報化が進む現代社会では、チームで問題を解決する能力が求められます。
情報活用力 Information literacy
あらゆる情報が容易に入手できる今日、情報を的確に収集し整理する力が重視されています。
探究心 Inquiring mind
物事の本質を追究し、解決のために挑戦する姿勢は、変化の激しい社会を主体的に生きるために必要です。

人間力を身につけるための様々な取り組み(2016年度実施例)

常陸太田市における社会調査活動

常陸太田市での社会調査を通して、探究活動の基礎・基本を体験します。体験後は問題解決型学習によって、思考力や表現力、新しい発想を生み出す創造力を育てます。活動はグループ学習を基本とします。共同学習はコミュニケーション能力の育成に加えて、知識の確実な定着に結びつくことが指摘されています。

学びの「型」を習得する探求

「現状分析」「問題点の指摘」「改善策」などの論点をきちんと整理し、議論を繰り返すことによって、社会のさまざまな問題に対する理解力や分析力、その解決のために行動する能力を育てます。

授業体制

複数の担当教員のもと、一人ひとりの発信力を高めるような授業展開をしていきます。また、タブレット端末を利用してコミュニケーションや探究活動を活性化させます。

在校生からのメッセージ

将来は英語を活かした職業に

中島 菜摘
1年(勝田一中)

実社会をテーマとした探究活動や、グローバル社会に対応できるように語学や異文化を通して、コミュニケーション能力を高めるプログラム。将来英語を活かした職業に携わりたいと考えている私はとても魅力を感じています。先生や友達、設備の整った環境の中、毎日充実した学校生活を送っています。

探究の授業での経験を将来に活かしたい

杉山 直弘
1年(桂中)

1週間に2時間ある探究の授業。自分の考えをまとめ、相手側の意見との合意をめざしたりすることは難しいですが、確実に自分の力になっています。この授業を通してディベートの力を身に付け、大人になって仕事についた時や、これからの生活に役立てたいと思います。

画像クリックで拡大表示します。(ポスター)