未来をみつめて。あなたの夢をかなえる3年間がここにある

お知らせ・トピックス

涸沼フィールドワークの校内発表を行いました。

2017年11月22日

11月20日(月)の7時間目に、2学期の総合学習で行ってきた涸沼フィールドワークの校内発表を行いました。
各班の発表はそれぞれの視点で仮説を立てて、検証しようとしており、興味深いものになりました。そして発表の中にも、これまでで経験してきたことが活かされており、成長を感じることができました。当日は多くの保護者・教職員の皆さまにご参観いただき、たくさんのご助言をいただきました。このご助言を生徒達にしっかり還元し、今後の活動に活かしていきたいと思います。

最後になりますが、たくさんのご参観、本当にありがとうございました。



ISCIIV(茨城学生国際会議)に参加しました。

2017年11月22日

11月18日(土)に茨城大学で開催されたISCIIV(茨城学生国際会議)に参加してまいりました。ISCIIV(茨城学生国際会議)は学生による学生のための国際会議として設立され、「グローバル化する現代社会をマクロな視点で的確に理解し、国際社会で活躍できる人材の育成」を目的に、茨城大学の大学院生・学部生によって企画・運営されているものです。
本校では、大下悠吾(附属中出身)・加倉井里后(友部2中)・鈴木凪紗(大子中)の3人が「Raising Issues of Medical Care in Aging Societies -An Attempt of a Local Area in Northern Ibaraki-」 のテーマで、発表いたしました。英語による発表は初めての経験でしたが、生徒達は堂々とやり遂げることができていました。

今回の経験は本当に大きな成長につながったのではないかと思います。自分たちの良かった点に自信を持ち、他者の発表の中から得られた点を活かしながら、次の活動につなげていただければと思います。
発表の場を提供してくださった茨城大学の皆様、本当にありがとうございました。



「学びみらいPASS」についてお話をいただきました。

2017年11月22日

11月8日(水)のLHRの時間にキャリアカウンセラーの澤田和美先生をお招きし、「学びみらいPASS」の結果から分析できることについてお話をいただきました。 「学びみらいPASS」とは、河合塾が行っている教科学力だけではなく、これからの社会で求められる「リテラシー」や「コンピテンシー」などの「ジェネリックスキル」も分析できる試験になってます。
この試験を通して、生徒達は自分の知らない可能性や意外に高かった自分の能力などに触れることができ、改めて自分と向き合い、新たな可能性を模索している様子でした。
非常に分かりやすい講演で、生徒達も積極的に参加することができました。
最後になりますが、澤田先生本当にありがとうございました。



特進選抜コース 活動報告

2017年11月8日

11月6日(月)の6時間目、7時間目に発表に向けた準備が始まりました。
これまでフィールドワーク等を通して得られた情報を基に、「持続可能な社会」を考えるという内容で、11月20日(月)に発表を行います。
その発表に向けて、各班とも活発な活動ができていました。聞いていただく方々に分かりやすく、心に残る発表ができるよう、様々なことに思いを馳せ、しっかり準備をしていけばと思っております。
そして、活動後には、必ず振り返り、様々なことを体得していければと思います。



特進選抜コース 校長講話が行われました。

2017年11月6日

11月2日(木)の1時間目に、特進選抜コース1年生に対し、校長講話が行われました。
「自分の人生を考える」というテーマでお話をいただきました。校長自身の経験談を交え、これからの社会の中で生きていく上で大切なことをお話しいただきました。
生徒からは「校長先生のお話は本当に参考になりました。私ももっと勇気を持っていろいろなことに挑戦していきたいです。」という声が聞こえ、非常に有意義な時間となりました。
是非、今日の話を参考に、自己の生き方を見つめ、将来の成長につながる活動を積み重ねて欲しいと思います。



特進選抜コース 1年生 涸沼の自然環境調査を行いました。

2017年10月27日

10月21日(土)の午後から、 特進選抜コース1年生が2回目の涸沼の環境調査に出かけました。
前回の環境調査で分からなかったことや疑問に思った事を中心にフィールドワークを行いました。
最初に涸沼周辺域で景観観察や釣り人など地域の方への聞き取り調査を行いました。現地に行ったからこそ分かる貴重な情報が得られ、効果的な調査活動ができました。
その後は、茨城町役場の田口様、大涸沼漁協の櫻井様へ涸沼の生態系、漁業についての聞き取り調査を行いました。
生徒自ら積極的に質問を投げかけ、前回の調査で抱いた多くの疑問を解決することができました。
次回からは今まで収集してきた情報を整理分析し、発表会に向けてさらに取り組みを深めてくれればと思っております。



特進選抜コース 1年生 校外学習を行いました。

2017年9月22日

9月22日(金)に特進選抜コース1年生がつくば市の筑波大学とサイエンススクエアつくばを見学してまいりました。
筑波大学では、施設見学や外国語習得の意義や方法についてのお話をいただきました。生徒達は大学図書館の大きさや貴重な資料が置かれていることに興味を持っているようでした。また、大学生や大学院生の方にも協力をいただき、生の学生生活や授業などについてのお話を聞きました。歳も近い分、生徒達も様々なことを積極的に質問し、充実した時間を過ごすことができました。午後はサイエンススクエアつくばを訪問し、日本の最先端技術を目の当たりにしてきました。ガイドの方から説明を受けながら、知的好奇心をくすぐられ、目を輝かせながら様々なことを体感してまいりました。
この機会を通じて、自分の生き方や社会を考えることの大切さを知ってくれたと思います。今日感じたことを忘れず、10年後、20年後、社会の中で活躍することができる人へと成長してくれることを期待しています。



特進選抜コース 1年生 涸沼の自然環境調査を行いました。

2017年9月21日

9月18日(月)、特進選抜コース1年生が涸沼の環境調査に出かけました。涸沼は一昨年度ラムサール条約に指定され、生態系の保存が重要な地域となっています。茨城町役場の田口様、大涸沼漁協の桜井様より、涸沼の生態系および漁業についてお話をいただきました。講話後は、実際にパックテストを行い、水質調査を実施し、涸沼自然公園や網掛公園まで足を伸ばし、景観観察を行いました。
水田や住宅地を守るための護岸工事によって涸沼の生態系が変化したことや自然災害による環境の変化など、生徒が持続可能な社会を考える上で貴重なお話を聞くことができました。
今回の活動は景観観察における知識や技術、問題点をとらえる思考力や判断力などの問題解決能力を高めていくことを目的としています。生徒達も積極的に活動できたと思います。11月下旬には発表もありますので、良い活動にしていきたいと思っております。



特進選抜コース 茨城大学見学会を行いました。

2017年5月30日

平成29年5月26日(金)の午後に茨城大学見学会を行いました。中間考査最終日の午後を有効活用し、進路意識の向上を目的とし、開催しました。

まずは「図書館ツアー」に参加しました。高校の図書館とは違う大学図書館の雰囲気に新鮮さを覚えたようです。





次に文系・理系に分かれて、それぞれ学部の説明や研究室などに入れていただき、大きな刺激を受けたようです。



そして本校卒業生で茨城大学に進学した先輩から、大学生の一日や、高校時代にやっておいた方が良かったことなどを話していただき、質疑応答も積極的にすることができました。年齢が近い分、心に染みる話がたくさんあったと思います。
最後になりますが、快く見学会を受け入れて下さった茨城大学の皆様、本当にありがとうございました。



特進選抜コース 未来講演を行いました。

2017年4月27日

4月26日(水)の6限に株式会社リクルートマーケティングパートナーズの杉山夏子様をお招きして、「未来講演」をしていただきました。
「もし、私も高校時代にこの話を聞いていたら、違う人生が送れていたかも。」と語る教員もいたほど、充実した講演内容でした。生徒達も様々な人との出会いを通じて、自分の世界を広げ、より豊かな人生を送ることができるように今日の話も心に留めてくれたらと思っています。
最後になりますが、本日講演をいただきました杉山様、本当にありがとうございました。



里美宿泊研修を行いました。

2017年4月20日

4月15日(土)〜4月16日(日)にかけて、常陸太田市里美地区で宿泊研修を行いました。



最初に里美支所で、今回の研修をコーディネートしてくださった岡ア様の案内で、「里美を五感で感じる」ことを目的に、周辺散策をしました。
自生している植物や産業についての説明を受け、生徒達も肌で里美を感じることができました。



次に里美支所の澤野様から里美地区の説明を受け、少しずつ理解を深めました。



さらに班ごとに分かれ、フィールドワークに出かけていきました。
その一例として大森医院に訪問させていただき、医院長の大森英俊先生や看護師の高星様から、地域医療の現状とその仕事のやりがいなどについてのお話をいただきました。
生徒達は目を輝かしながら話を聞くことができました。



そして、夜は本日学んだことをグループごとに振り返りながら、ポスターにまとめていきました。 入学して間もないにもかかわらず、活発な意見交換ができ、大人顔負けの作業を展開していました。



翌日も、ポスター発表に向けて最後の打ち合わせの作業が行われました。



発表は折橋コミュニティーステーションで行われました。保護者や先生方、そして地域の方々も発表を聞きに来てくれました。
また、昨年同じプログラムに参加した2年生の特進選抜コースの生徒も見に来てくれて、後輩達に質問をぶつけてくれるなど、充実した発表活動ができました。
発表後はコーディネーターの岡ア様と振り返りを行いました。



最後に折橋コミュニティーステーションの方々が作って下さったけんちんうどんに舌鼓を打ちました。生徒達も緊張から解放された笑顔で美味しそうに食べていました。



今回の研修を通して、様々な人との出会い、発表活動を通したスキル、クラスの団結力などを学ぶことができたと思います。今後も様々なプログラムが待っています。
沢山の経験が自分を成長させてくれます。今後も頑張って欲しいと思います。
最後になりますが、コーディネーターの岡ア様をはじめ、里美地区の皆様、ご協力本当にありがとうございました。



里美宿泊事前研修

2017年4月13日

4月11日(火)の2限目・3限目に里美宿泊事前研修を行いました。
2時限目は本校の探究運営室長の橋教諭より、「21世紀型社会を生き抜くためにどのような力が必要になるのか」、「探究活動とは何か」という講義を受け、生徒達は真剣に聞き入っていました。

3限目は合同会社ポットラックフィールド里美の代表である岡ア靖様から、里美の現状やフィールドワークする場所についての予備知識の講義を受け、週末に行われる宿泊研修に向けて気持ちが盛り上がり、生徒達の目も輝いていました。
里美宿泊研修は4月15日、16日に行われます。
16日には発表も行われますので、生徒達がどのような成長を見せてくれるのか非常に楽しみです。
是非、様々な失敗をし、そこから多くのことを吸収して欲しいと思っています。

  • クラブ活動 部活動の活発さ、多様さもトキワらしさ。
  • 国際教育 実践的な語学力、国際性を育てる。
  • キャンパス案内 清潔でおしゃれなキャンパスは学習設備も充実
  • お問い合わせ・資料請求

学校法人常磐大学 常磐大学高等学校

310-0036
茨城県 水戸市 新荘3丁目2番28号

TEL029-224-1707(代)
FAX029-224-6579