未来をみつめて。あなたの夢をかなえる3年間がここにある

校訓

頼れる自分になる

  • 志を立て、その実現のための不断の努力により独立自尊の気構えを身につける。
  • 生涯にわたって実生活を自らの手で切り拓くと共に、他の人々と協調協力し、新しい時代を開拓する者となる。
  • 他人を当てにせず、他人任せにせず、自分の責任で物事に対処する生活態度を身につける。

正しい自分になる

  • 人生と社会に対する正しい認識と判断力・行動力を身につけ、信念に従って生きる精神力と身体を鍛える。
  • 不正不義を排する勇気を身につけ、高校生としての本分を自覚し、果たすべき責任を全うする態度を養う。
  • 生活や時間にけじめをつけ、基本的生活習慣と学習習慣の確実な定着をめざす。

豊かな自分になる

  • 各自の天分・個性を磨き、それぞれの特性を発揮して社会に貢献し、自信と誇りと喜びをもって、他の人々と共に生きる。
  • 畏敬の心、美しいものへの憧憬、他の人を思いやる心など、豊かな情操を身につける。
  • 文武両道、バランスのとれた人となることをめざし、何時でも何処でも自分を磨き成長の糧とすることのできる生活態度を身につける。

2000年8月、本校は女子高校時代の旧校訓「至誠・自律・和協・勤労・感謝」の5つにかわる新たな校訓を制定しました。

上記解説文は、同年9月21日付けで当時の全校生徒に配布したものです。

またこの校訓は制定後、文化勲章受章者の書道家・村上三島(むらかみ さんとう)氏によって揮毫され、各教室に掲げられているほか、校内に石碑が建てられています。

学校法人常磐大学シンボルマーク

TOKIWAシンボルの三角を構成するのは、本学ゆかりの常磐松にちなんだ松葉です。

これは「自立」「創造」「真摯」を象徴しており、学生・父母・教職員の三者が互いに協力・理解しあって教育の効果を高め、社会貢献する人材の育成に寄与することを表しています。また、人間として必要な「智」を探求し、「真の教養」を身につけ、変容する時代に対応できる「国際感覚・地域感覚の豊かな視点」をもって行動できる人間形成への決意の象徴でもあります。これまで培ってきた人間教育に重きをおく本学の伝統を受け継ぎながら、新たな時代の教育機関として発展していくために、このシンボルマークはその精神的な支えとして力強く存在するものです。

校歌

 作詞 小島 鉄夫、作曲 木村 たつ
一番
  太平洋に日は出でて
   紫匂ふ筑波山
    動かぬ姿仰ぎつつ
     文の林を分けゆかむ
二番
  見よ霜雪に打ちかちて
   香る千樹の梅の花
    好文の名にあやかりて
     学びの道にいそしまむ
  • クラブ活動 部活動の活発さ、多様さもTOKIWAらしさ。
  • 国際教育 実践的な語学力、国際性を育てる。
  • キャンパス案内 清潔でおしゃれなキャンパスは学習設備も充実
  • お問い合わせ・資料請求

学校法人常磐大学 常磐大学高等学校

310-0036
茨城県 水戸市 新荘3丁目2番28号

TEL029-224-1707(代)
FAX029-224-6579