最先端の幼児教育

常磐大学・常磐短期大学の保育、教育に関わる研究成果を取り入れた教育を実施

本園では、常磐大学人間科学部教育学科と常磐短期大学幼児教育保育学科の先生方が園児の指導に加わり、最新の幼児教育の研究成果を実践しながら幼稚園をサポートする体制をとっています。

幼稚園の先生、大学・短期大学の先生方、実習中の大学生など、園児は多くの温かいまなざしのもと、幼稚園での生活を送ることができます。

 

「わくわくチャレンジ」で才能発見!

子どもたちの可能性を広げ、個々の能力を引き出していく本園独自の才能発見プログラム「わくわくチャレンジ」。

常磐大学・常磐短期大学の「体育」「理科」「音楽」「絵画」の教育を専門とする先生が、オリジナルに開発した才能発見プログラムです。子どもたちにも人気のある活動の一つで、本来の「好きな遊び」の時間が少なくならないよう実施回数に配慮しつつ、全学年を対象に、すべて通常保育の中で活動していきます。

●「運動」遊び

マット運動・鉄棒・平均台・空手エクササイズなど、色々な楽しい運動遊びにチャレンジしていきます。大好きな運動遊びを通して、自然に体力・運動能力・反射神経などが育まれます。

●「理科」で遊ぼう

「比べてみる」という活動は、ものごとを科学的に考える基本です。驚き、不思議に思うことは科学の原動力になります。さまざまな理科遊びを通して、科学の芽生えの経験ができるよう目指していきます。

●「音楽」で遊ぼう

音楽やリズムに合わせて楽しく体を動かしたり、昔ながらの伝承遊びに心が和んだり、みんなで想像力を発揮して一つの隊形をつくりあげたりし、音楽を通してたくさんの遊びを行います。また、ピアノ演奏と素敵な歌によるミニコンサートや、ハンドベル演奏会などの音楽鑑賞も行います。

●「絵画」で遊ぼう

絵を描いたり、造形遊びを行います。作る喜びや工夫する楽しみを実感することにつながる機会になり、上手下手や、好き嫌いを意識する以前の様々な探索をしているこの幼児期に、たっぷり製作活動を経験していきます。