常磐大学人間科学部教員採用情報

常磐大学人間科学部コミュニケーション学科 教員公募のお知らせ

所属学科 人間科学部 コミュニケーション学科
専攻分野 英語、異文化間コミュニケーション論、異文化理解
職名および人数 教授、准教授または助教 1名
応募資格 (1)上記専攻分野で博士の学位を有する者、またはそれと同等以上の学歴を有する者
(2)上記専攻分野で教職課程科目(中学校・高等学校「英語」)の担当者としての研究業績を有する者
(3)上記の専攻分野に関する教育経験を有する者(大学等での教育歴を2年以上有することが望ましい)
(4)本学・学部の教育理念や教育方針を理解し、教育と研究に熱意をもって取り組むことができる者
(5)本学・初年次教育に熱意を持って取り組むことができる者
(6)採用後、水戸市周辺(通勤1時間[概ね25km]圏内)に居住可能である者(自家用車使用の場合、有料道路の利用不可)
担当予定科目およびコマ数 (1)主たる担当科目「上級英語」「異文化間コミュニケーション」「異文化理解」「アメリカ文化研究Ⅰ・Ⅱ」「ゼミナール」「卒業論文」、その他、共通英語科目など
(2)最小担当コマ数は年間12コマ(半期/1セメスター6コマ)とする。
採用予定日 2019年4月1日(月)
任期 3年以内で定める期間
※任期満了後、審査を経て再任もありうる。
(ただし通算5年の契約期間が最大。なお任期は、本学の定年規則で定める年齢(教授は満65歳、教授以外の教員は、満62歳)に達した年度の末日を超える事はできない)
※通算5年の契約期間満了時に、審査を経て任期を付さない勤務形態への登用もありうる。
給与 本学給与規則による
応募期限 2019年1月31日(木)(必着)
提出書類 (1) 履歴書(本学様式)
【写真貼付、押印のうえ所属学会も記入のこと】
【連絡先の複数明記(電話、Fax、e-mailアドレス、携帯電話など)】
(2) 研究および職務上の業績一覧
【著書、論文、作品、その他に分けて、共著には分担部分を明記のこと】
【印刷中の業績についてはその旨記載をし、掲載を証明する書類を添付のこと】
【作成した教科書や教材等、担当授業科目等に関連する教育上の業績について、概要を記載のこと】
(3) 研究業績 送付可能な代表的著書・論文3点×3部
【別刷、コピーも可。原則として、提出書類は返却しない】
(4) 課題(以下の①②について、全体が2,000字になるように、日本語でまとめ提出すること)
①「これまでの研究の概要と今後の課題」(1000字程度)
②「本学での教育および学生指導への抱負」(1000字程度)
(5) 主たる担当科目(「異文化間コミュニケーション」および「異文化理解」)の半期/1セメスター15回分のシラバス(本学様式)
【コミュニケーション学科の科目であることを意識して書くこと】
審査方法 【第一次選考】書類審査 (2月初旬に結果通知)
【第二次選考】第一次選考通過者を対象とした模擬授業および面接(2月22日(金)午後)模擬授業は、「異文化理解」を15回構成のうち、任意の回を20分程度実施する。
【第三次選考】第二次選考通過者を対象とした面接/最終(3月6日(水)午後)
書類提出および
問い合わせ先
学校法人常磐大学人事給与課 〒310-8585 水戸市見和1-430-1
※封筒に「コミュニケーション学科「異文化間コミュニケーション・異文化理解」」と朱書きのこと
Tel:029-232-2540
Fax:029-232-2748
E-mail:jinji@tokiwa.ac.jp

※応募書類は返却いたしません。予めご了承ください。応募書類に記載された個人情報は、採用活動および採用後の人事管理目的以外には使用いたしません。