学校法人常磐大学は2016年に短期大学が創立50周年を迎え、短期大学創立に合わせて整備しました見和キャンパスも開設以来50年を経て、各建物の老朽化が進んできたことから施設設備事業に取り組むことといたしました。

現在までに、多くの方から温かいお心遣いを頂戴し、ラーニング・コモンズの整備(2016年9月開設)および新体育館建設(2017年3月竣工)の整備事業を順次進めてまいりました。今後は見和キャンパス開設に合わせて建設された校舎の経年劣化も進んできたことから、建て替え整備を行うことを予定しております。

また、従前からの取り組みであります「諸澤幸雄奨学金への募金」や「教育および学術研究の充実・発展のための募金」につきましても、引き続き社会に貢献する人材の育成のため邁進してまいります。

今後も引き続き、教育研究および諸活動をさらに充実させるため、各募金の趣旨をご理解いただき、ご支援、ご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。