インフォメーション

2018年7月6日 学生活動

本学学生が城里町でフィールドワークを実施しました。

6月19日(火)に地域連携センタープロジェクトの一環である大学生観光まちづくりコンテスト2018茨城ステージにエントリーしているコミュニティ振興学部地域政策学科学生14名(2017年度より総合政策学部総合政策学科、アドバイザー砂金祐年准教授)が、城里町で現地フィールドワークを実施いたしました。

今回の活動は、高大官連携プロジェクトとしても位置づけており、水戸桜ノ牧高等学校常北校の生徒と合同で実施しました。ホロルの湯で藤井川ダムカレーを実食した後、藤井川ダムについて、担当者から説明を受けました。藤井川ダムでは、普段立ち入ることができないエリアも見学させてもらいました。

茨城県三大銘茶の一つである古内(ふるうち)茶を生産している高安園では、古内茶の生産方法や加工の過程について、説明を受け、加工場内の見学をさせてもらいました。

国の有形登録文化財である島家住宅では、島家住宅の利活用に取り組む城里町地域おこし協力隊員から、古民家の特徴等の説明を受けました。

学生達は、9月5日(水)に開催される本選出場を目指し、引き続き活動を行なっていきます。

※大学生観光まちづくりコンテスト茨城ステージテーマ
魅力度最下位脱出に向けた「観光まちづくり」

※『観光まちづくりプラン』とは単なるツアー企画ではなく、観光を通じて、地域資源を発掘・活用し、地域自体が大きく活性化するような計画です。

担当者から藤井川ダムについて説明を受ける様子

担当者から藤井川ダムについて説明を受ける様子

古内茶について説明を受ける様子

古内茶について説明を受ける様子

島家住宅調査の様子

島家住宅調査の様子

本学学生と水戸桜ノ牧高等学校常北校生徒

本学学生と水戸桜ノ牧高等学校常北校生徒