インフォメーション

2019年4月9日 総合

2019年度常磐大学・常磐短期大学、常磐大学大学院入学式を挙行しました。

4月3日、2019年度常磐大学・常磐短期大学ならびに常磐大学大学院の入学式を挙行しました。編入生含め大学生858名、短期大学生221名、大学院生5名が入学しました。

4月より新たに新学長として就任した富田敬子学長の学長式辞では、入学生へ向けて有意義な時間を過ごすことができるよう、3つの提案がありました。

「第一に、自分の近未来について明確なビジョンを持つこと。常に、なりたい自分をデザインしながら、キャンパスライフを謳歌して欲しい。第二に、社会に貢献できる人材になるという志を抱くこと。学ぶことは、自分自身のためだけではなく、また本学での学びを通して地域社会に貢献して欲しい。第三に、国際的な視野を身につけること。様々な機会を積極的に利用して、多様な価値観を理解し、国際的な視野を持つことを目指して欲しい」

そして最後に「皆さんには、この学びの場を最大限に活用し、一つ一つの学びを確かなものにしながら、自分の夢の実現に近づいて欲しい」と、メッセージを送りました。

常磐大学入学生代表のことばでは、総合政策学部法律行政学科の荒井勇哉さんから「将来、地域の人々の安全や安心を守る警察官になるために、法律行政学科で専門的に法律を学ぶことを決めた。常磐大学で自分自身を高め、確かな知識と幅広い視野を持った行動力のある人材となり、社会を支えていきたい。いつまでも初心を忘れることなく、常に向上心を持ち、自らの目標に向かって日々努力していきたい」との言葉がありました。

常磐短期大学入学生代表のことばでは、キャリア教養学科の鈴木涼香さんから「新しい学生生活を楽しむと共に、広い教養を身につけ社会に対応できる柔軟な思考力と行動力を養い、立派な人間になるよう努力していきたい。」との言葉がありました。

常磐大学大学院入学生代表のことばでは、人間科学研究科修士課程の萩谷奈生さんから「将来的には臨床心理士や公認心理士の資格を取得し、社会に出て活躍するために心理学の探究に怠けることなく邁進していきたい。勉学だけでなく、大学院生として相応しい生活態度を心掛け、周囲の人に対しても感謝の気持ちを忘れることなく日々を歩んでいきたい。」との言葉がありました。

期待と不安を抱きながらも、それぞれの思いを胸に新たなスタートを切った、晴々しい入学式となりました。


式場 体育館前入口

式場 体育館前入口

校歌斉唱

校歌斉唱

学長式辞 富田学長

学長式辞 富田学長

来賓祝辞 高橋水戸市長

来賓祝辞 高橋水戸市長

在学生代表 歓迎のことば

在学生代表 歓迎のことば

入学生代表 入学のことば

入学生代表 入学のことば

全体の様子

全体の様子

全体の様子

全体の様子


学長式辞 富田学長

学長式辞 富田学長

教員代表祝辞 大髙研究科長

教員代表祝辞 大髙研究科長

入学生代表のことば

入学生代表のことば


学長式辞 富田学長

学長式辞 富田学長

来賓祝辞 学校法人常磐大学 渡部常任理事

来賓祝辞 学校法人常磐大学 渡部常任理事

在学生代表 歓迎のことば

在学生代表 歓迎のことば

入学生代表 入学のことば

入学生代表 入学のことば

全体の様子

全体の様子

全体の様子

全体の様子