インフォメーション

2018年5月10日 総合

韓国の連携協定校、大邱カトリック大学総長、副学長等が本学を訪問されました。

4月29日(月)、韓国の連携協定校、大邱カトリック大学よりJungwoo Kim総長、Anna Kim副学長兼国際部長、Suckjin Ma国際副部長が本学を訪問され、両大学の交流プログラムの発展や活性化に向けて意見交換を行いました。本学からは、富田学長、渡部常任理事、河野副学長、日向野副学長等が出席。本年度、大邱カトリック大学から訪問研究員として本学に在籍しているKyung Rae Kang教授も通訳を兼ねて同席し、地方の私立大学として、それぞれの大学が抱える課題も共有しました。その後、同大学でのゼミナール導入の参考とするため、総合政策学部の砂金ゼミナールと千手ゼミナールを視察されました。

昨年度に本学から派遣された交換留学生への評価を受け、同大学が本学学生に寄せる期待も高く、来年度以降日本から同大学が受け入れる留学生を対象とした、韓国政府による手厚い支援制度なども紹介されました。本年度は、6月下旬から7月上旬にかけて、同大学の入試広報活動に従事する学生団体の受け入れも、昨年に引き続き実施されることになり、両大学間の関係強化を確認する機会となりました。

Jungwoo Kim総長、Anna Kim副学長兼国際部長、Suckjin Ma国際副部長との意見交換会

Jungwoo Kim総長、Anna Kim副学長兼国際部長、Suckjin Ma国際副部長との意見交換会

Jungwoo Kim総長から富田学長に記念品が贈呈

Jungwoo Kim総長から富田学長に記念品が贈呈されました

意見交換会を終えての記念撮影

意見交換会を終えての記念撮影

砂金ゼミナール視察の様子

砂金ゼミナール視察の様子

砂金ゼミナール視察の様子。常磐大学高等学校へ出向いての主権者教育の内容を検討するためのブレーンストーミング。小グループでの討論や実践的な活動で得られるスキルについて質問され、4年生からは就活に役立っているなどの感想が述べられました。

千手ゼミナール視察の様子

千手ゼミナール視察の様子

千手ゼミナール視察の様子。非行事案の統計の推移をどう読み取るか、をテーマに学生が発表。ゼミ出席に当たりどの程度事前準備をするか、参加学生に質問が投げかけられました。