インフォメーション

2019年6月5日 学生活動

本学学生が「第1回シロサトラボ」の運営に協力しました。

城里町地域おこし協力隊と連携して活動している常磐大学城里町プロジェクト参加学生(立原遥さん、鈴木優芽さん、軍司優砂さん(現代社会学科3年)、蓮田将巳さん(総合政策学科3年)、粕谷彩乃さん、(現代社会学科2年)、狩野大和さん、狩野陸人さん、中山陽介さん(コミュニケーション学科2年)が5月26日(日)に「しろさとステーション」で開催された「第1回シロサトラボ」(城里町地域おこし協力隊主催)の運営協力を行いました。地域の魅力再発見を目的に今回は「豆腐」をテーマに城里町石塚で創業70年になる坪井食品店主坪井祐一氏を講師に迎え、城里町産大豆を使用した手作り豆腐を味わってもらいました。学生達は、地域おこし協力隊とともに地域住民の方々にオリジナル豆乳ドリンクや出来立ての豆腐を振舞うことを通して、地域の方々と交流を深めました。

今後学生達は、7月末に予定される城里町七夕まつりに地域おこし協力隊とともに参加を予定しています。

準備作業1

城里町地域おこし協力隊村上隊員との準備の様子

準備作業2

城里町地域おこし協力隊後藤隊員、講師坪井氏との準備の様子

当日

地域の方々との交流の様子

集合写真

参加学生と講師坪井氏