インフォメーション

2019年11月7日 学生活動

人間科学部の学生が常陸太田市指定文化財の集中曝涼にボランティアで参加しました。

10月20日(日)に行われた常陸太田市指定文化財集中曝涼(虫干しを兼ねて、市内各所の文化財を一斉公開する事業)に、人間科学部平野ゼミの学生および教育学科の学生がボランティアとして今年も参加しました。

常磐大生は、久昌寺・佐竹寺・東染林業センターの3カ所に分かれ、茨城大生と一緒に、来場者に対する解説案内を行いました。

常陸太田市は台風19号で大きな被害を受けましたが、このような時だからこそ町に元気を、という思いで曝涼が実施されました。常磐大生も集中曝涼事業に貢献し、町を活気づかせるお手伝いをさせていただくことができました。

集中曝涼ボランティア 人間科学の学生の様子1

集中曝涼ボランティア 人間科学の学生の様子2

集中曝涼ボランティア 人間科学の学生の様子3

常集中曝涼ボランティア 人間科学の学生の様子4