インフォメーション

2020年4月17日 総合

2020年度春セメスターの授業運営等について(学長メッセージ)

保護者の皆さま
学生の皆さん

常磐大学・常磐短期大学
学長 富田 敬子

保護者の皆さまには、日頃より本学の教育研究活動にご支援、ご協力を賜り、厚く御礼を申し上げます。また、学生の皆さんは、どのように春休みを過ごされたでしょうか。

新型コロナウイルス感染症が、首都圏から関東近県にも拡大し、予断を許さない状況が続いています。このような状況下において、学生および教職員の健康と安全を最優先に考えた結果、本学では、2020年度のオリエンテーション・ガイダンスを中止するとともに、春セメスターの授業開始日をさらに延期し、5月20日とすることになりました。今後、授業開始に向けた新しいスケジュールを設定し、学生ポータルサイトやウェブサイト等を通じて、できるだけ速やかにお知らせいたします。保護者の皆さまや学生の皆さんには、新年度早々、ご心配をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

このような困難な状況にあっても、大学として提供すべき学修機会を確保することは私たちの最も重要な役割であると心得ています。そこで、今後、新型コロナウイルス感染症の影響が長引くことも視野に入れ、2020年度春セメスターの授業は、一部の授業科目を除き、当面の間、遠隔授業等の対面によらない方法で実施することになりました。なお、オリエンテーション・ガイダンスについては、追って各自宅等にお届けする資料に基づき、学生ポータルサイトやウェブサイト等を通じて説明事項等を配信することとしています。また、授業開始に向けた学修を支援するため、必要に応じて学修内容に沿った課題を提供します。これらの具体的な対応についても、随時、本学の学生ポータルサイトやウェブサイト等を通じて発信してゆきますので、是非、定期的な確認を習慣化していただきますようお願いいたします。

本学には、約3,000人の学生が在籍しています。学生の皆さんが登校を開始するまでの間に、安心安全を保てる学修環境づくりに全学を挙げて注力してゆく所存です。キャンパス内における感染防止策を徹底すべく、現在、各種施設の点検、消毒清掃の徹底、そして、クラスターが発生しないような授業実施時の配慮等について検討を進めているところです。

上記のように、本学では、キャンパス内の感染拡大防止について最大限の努力を続けてゆきますが、学生の皆さんには、キャンパス外での活動においても、一人ひとりが自覚と責任をもって行動することが求められています。日々の生活において不便に感じることもあると思いますが、授業が始まるまでの間、くれぐれも自身の健康管理に留意して有意義な毎日を過ごすよう努めてください。