インフォメーション

2020年7月28日 総合

ウェブ会議システムを活用して、企業の社員研修をリモートで実施しました

2020年6月27日

企業の社員研修をリモート(遠隔)で実施しました。
この社員研修は、株式会社東日本技術研究所様からの依頼を受けたもので、2回目の開催となります。当初2020年3月に実施予定でしたが、延期し、リモート(遠隔)に形式を変えての実施となりました。リモート(遠隔)にて研修を実施するのは本学にとっても初めての試みとなります。

研修のテーマは、「仕事に対するモチベーション維持と向上」で、人間科学部コミュニケーション学科の髙木幸子准教授と寺島哲平専任講師が担当しました。
受講者は36名で、会社や自宅などからウェブ会議システムにアクセスして参加しました。

研修は、髙木准教授による講義からスタートし、両先生によるワークショップ、寺島専任講師による講義の3部構成。ワークショップでは「モチベーションの向上」を考えるために「キャッツ&チョコレート」というゲームをグループワークにて活用。グループワークの様子が確認しにくいことが今回の研修を行う上での課題となっていましたが、グループごとにシステム内で会議室を設け、その会議室の様子を大学内のモニターから確認する方法で実施しました。

実施についての課題を感じながらも、遠隔地からでも学習機会の提供など、利点も多くあると感じました。受講した方からは「モチベーションについて、何となくでしか理解していなかったが学ぶことができた」「研修をオンラインで実施したが、問題なくできた。今後の研修もオンラインで行いたい」「メンバーのモチベーション向上と維持に関する課題が見えてきた」といった声が聞かれました。

今後も「新しい生活様式」に沿って、地域社会のさまざまなニーズにお応えできる方法を模索していきたいと思っています。

昨年度の様子
 本学コミュニケーション学科の先生が、企業研修を実施しました。