インフォメーション

2020年8月5日 総合

2020年度秋セメスターの授業等について

学生の皆さん
保護者の皆さま

常磐大学・常磐短期大学
学長 富田 敬子

常磐大学および常磐短期大学(以下「本学」)では、新型コロナウイルスに関連した感染症対策の一環として、2020年度春セメスターの授業については、開始日を大幅に繰り下げ、5月20日から、遠隔授業等の対面によらない方法で実施してきました。その後、7月8日からは、学生が通学する形で行われる対面での授業(以下「面接授業」)を実施しましたが、首都圏および茨城県内の感染者数の推移等を踏まえ、本日(8月5日)から、再度、遠隔授業等の対面によらない方法で実施することとしました。数次にわたる授業形態の変更にもかかわらず、全体としては概ね順調に授業を進められており、皆さまのご理解とご協力に深く感謝申し上げる次第です。

さて、2020年度秋セメスターの授業については、できる限り面接授業を実施すべく検討を重ねてまいりましたが、依然として首都圏における感染者数の増加は著しく、また茨城県内においても連日感染者が確認されるなど、終息が見通せない状況が続いています。
このような状況にあっても、教育活動に持続的に取り組むことができるような体制を整えておく必要があることから、2020年度秋セメスターの授業等(定期試験を含む)については、遠隔授業等の対面によらない方法で実施することを基本とし、特に必要性の高い一部の授業科目については十分な感染予防対策を講じたうえで面接授業を実施することを決定しましたので、お知らせいたします。
なお、詳細は、追ってウェブサイトおよび学生ポータルサイト等を通じてお知らせいたしますので、ご確認ください。

学生、教職員およびその家族の健康と安全を最優先に考え、学内や地域における感染拡大を防止するために、やむを得ず上記のような措置を講ずることとしました。春セメスターの経験を活かして、より質の高い授業を目指すと同時に、情報メディアセンター等の施設は、秋セメスターにおいても引き続き、一定の条件の下でサービスを提供してまいります。
皆さまにはご心配をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、学生の皆さんには、キャンパス外の活動においても、一人ひとりが自覚と責任をもって行動することが求められています。日々の生活において不便に感じることもあると思いますが、くれぐれも自身の健康管理に留意して有意義な毎日を過ごすよう努めてください。