法律行政学科ニュース

2018年7月31日

公安職系公務員試験対策勉強会実施中です。

法律行政学科所属の千手正治准教授が人間科学部所属時代から実施してきた公安職系勉強会を、法律行政学科2年生を対象に始めました。参加者全員が警察官や消防士などの公安職系公務員試験の受験を希望していますが、市役所などの一般行政職公務員との併願を考えている受講生もいます。したがって一般行政職系公務員を目指す人が受講してはいけないというものでもありません(ただし勉強会内で実施する模擬試験は、警察官採用試験を想定した問題となります)。

現在すべての受講生が、教養試験で出題される判断推理・数的推理に取組んでいます。判断推理・数的推理は警察官だけでなく多くの公務員試験において必ず出題されるもので、これの出来が教養試験の出来を大きく左右することになります。そのためにもまずは判断推理・数的推理について基礎からしっかりと勉強していくことにしています。

今後は定期的に模擬試験を実施し、また公安職系公務員に合格した4年生(千手准教授が人間科学部所属時代から指導してきた学生)による講話なども行い、受講生たちのモチベーションを上げていきたいと思います。

法律行政学科公安職系公務員勉強会には、法律行政学科2年生以上で本気で公務員試験に合格したいと考えている人であれば、誰でも参加可能です。詳細については、千手准教授(senzu@tokiwa.ac.jp)までお問合せ下さい。

判断推理・数的推理に取組む受講生たち

判断推理・数的推理に取組む受講生たち

千手准教授が人間科学部時代から指導してきた学生で、茨城県警警察官採用試験に合格した山口可奈子さん(人間科学部現代社会学科4年)

千手准教授が人間科学部時代から指導してきた学生で、茨城県警警察官採用試験に合格した山口可奈子さん(人間科学部現代社会学科4年)