経営学科ニュース

2019年2月15日・22日

常磐大学若者向け起業セミナーに経営学科の学生が参加

2月15日と22日に、茨城県産業政策課が実施する「いばらき創業10,000社プロジェクト事業」の一環として開催された「常磐大学若者向け起業セミナー」に経営学科の学生11名が参加しました。このセミナーは2017年度に引き続き2回目の開催になります(2017年度のセミナーの内容については、2018年2月16日 経営学科ニュース を参照してください)。

15日は、常磐大学L棟202教室で開催され、デザイン思考(ユーザー中心に考え、素早く試作品を作成しテストし、新たな製品・サービスを生み出す方法論)についての講義と身近な問題を解決してくれるグッズ開発のワークショップが行われました(担当:経営学科・村中均准教授)。

22日のセミナーは、水戸市商工課と水戸市商業・駐車場公社の協力のもと、コワーキングスペース水戸Wagtailで開催され、茨城県で起業・創業し活躍されている2名(Tadaima Coffee・和田昂憲氏、むらたくつや・村田良美氏)をゲストに迎えた起業・創業体験についての講演と、3Dプリンターの講習会が行われました。

参加した学生からは「講演の内容が興味深かった」「起業というものを今後の選択肢の一つとして考えられるようになった」「今後のキャリアを考える上で参考になった」というような感想がありました。

デザイン思考についての講義

デザイン思考についての講義

グッズ開発のワークショップ

グッズ開発のワークショップ

起業・創業体験の講演

起業・創業体験の講演

3Dプリンターの講習

3Dプリンターの講習