総合政策学部総合政策学科

今と将来を見据えて政策を打ち出すチカラを磨く。


国や地域を元気にする政策を市民や公務員・企業人の立場から立案できる能力を養います。政治・経済、文化、環境、交通、情報などの諸政策を学修し、地方創生や観光ビジネスについても学びます。

つながる未来

Link Link

取得できる免許・資格

高等学校教諭一種
免許状(公民)

教育職員免許状を取得することができます。※1

学芸員

博物館等で資料の収集、保管、展示、調査・研究、教育普及活動などを行うための資格です。

社会教育主事※2

社会教育関係者に対して、専門的・技術的な助言と指導を行うための資格です。

デジタル・
アーキビスト(受験資格)

【NPO法人日本デジタル・アーキビスト資格認定機構資格】文化資料等のデジタル化や著作権を理解し、文化情報の収集・管理・保護などを行う資格です。

司書教諭

小中高の教員として勤務する者が、学校に設置された図書館で専門的な職務を行うための資格です。

司書

公立図書館などで専門職員として働くための資格。希望により公共図書館での実習も受けられます。

ISO14001
内部環境監査員
(研修による取得)

企業や自治体において、ISO(国際標準化機構)が定める環境マネジメントシステムの運用確認を行います。

観光ビジネス実務士

【一般財団法人全国大学実務教育協会認定資格】観光に関わる旅行業・宿泊業・交通業についての知識をはじめ、外国人観光客に向けた英会話、ツアー・プランニングやコーディネート、添乗や接客方法の知識と技術を身につけ、観光業界に貢献できる人材をめざします。

※1 2019年度以降の教職課程は再課程認定を受けるために、文部科学省に申請中です。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。
※2 公務員試験に合格し、それぞれの施設に採用された場合に有効となる資格です。

めざす進路

総合分野
  • 公務員(市町村行政職/都道府県行政職/国家一般職)
  • 一般民間企業
  • 民間金融機関
  • 保険業・証券業
  • コミュニティビジネス経営者
  • バス・鉄道事業者
  • 旅行業代理業
  • 観光・宿泊業

学びの流れ

1

大学生としての基礎的な能力の習得とともに、本学科で学ぶための基礎となる内容を理解し、政治・経済・まちづくり・観光などに関する知識を深めていきます。

2

総合政策の4つの分野(政治行政、経済経営、地方創生、観光)をバランスよく学び、専門的な知識とスキルを身につけ、各自の興味関心の方向性を探ります。

3

2 年次までに学んだ科目をベースに、より専門的な科目を履修します。また、各分野の実習を通じて問題解決力を身につけます。

4

3 年次までに学んだ専門的な知識をもとに、各自の研究テーマにそって、大学生活の総仕上げとしての「卒業論文」を執筆します。

カリキュラム

公共政策

政策は行政(国家や自治体)が策定し実施するものというイメージが強いが、近年は行政以外の様々な主体も策定や実施に関わっている。こうした官民の協働のあり方をガバナンスという。授業では公共政策およびガバナンスの概念について概略したうえで、様々な政策分野におけるガバナンスについて考える。

財政政策

政府は物価や景気変動など、経済の不安定性を改善するため、経済政策を行っている。特に、財政政策は景気調整などを目的として歳入・歳出の増減など財政上の操作を通じて行う経済政策である。この講義では、公務員試験の過去問を活用し、財政政策の種類や効果、経済に与える影響などについて学ぶ。

地域文化資源と観光

我が国は観光立国宣言、観光立国推進基本法の制定などを機に観光による地域活性化を各地域で取り組んでおり、そのためには地域文化資源が重要となる。観光資源、世界遺産、食と名産品、コンテンツなどの地域文化資源の概要と魅力を理解し、具体的な事例を用いて、その魅力と観光がもつ地域への効果を考える。

ゼミナール紹介

地域の魅力を活かした観光を考えて伝える

  • 正木 聡 教授
    専門:観光学

環境問題と経済活動の関係を明らかにする

  • 岡嶋 宏明 准教授
    専門:環境経済学、近代経済学、企業の環境保全対策

人や地域の記録をどのように残していくか

  • 町 英朋 准教授
    専門:デジタルアーカイブ、ソフトウェア工学

身近な地域環境を考える

  • 元木 理寿 准教授
    専門:環境地理学、環境教育・ESD

経営学による知的トレーニング

  • 鈴木 将人 助教
    専門:経営戦略論、経営組織論

学生メッセージ

市職員の「責任とやりがい」を知る

鶴田 都子さん [4年]

幅広い学びとフィールドワークが魅力です。

公民や歴史に興味があり、また地域のボランティアに参加した経験から、大学では自分が暮らしている街を深く知り、より良くする施策について学びたいと思っていました。常磐大学を志望したのは、政治経済や都市環境など幅広い知識を修得しながら、自治体と連携したまちづくりイベントなどに参加できると知ったからです。授業を通して参加したさまざまな活動の経験や、多くの人たちとの出会いを通じて、私自身も成長しながら自治体職員というゴールに向かって進むことができました。今後は、水戸市役所の職員の方に教えていただいた「市役所は市に役立つ所」という言葉を胸に刻みながら、地域の行政と市民の橋渡し役として力を尽くしたいと考えています。

鶴田 都子さん [4年] 茨城県 水戸第三高等学校出身

沼﨑 侑美さん [4年]

鶴田 都子さん [4年] 茨城県 水戸第三高等学校出身

教員メッセージ

公務員試験対策から自治体との連携授業まで、幅広い学びを用意しています。

総合政策学科では公務員をめざす学生のためにさまざまなサポートをしています。公務員試験に関連した学科専攻科目を複数用意しているほか、公務員勉強会や模擬試験なども実施しています。3年生以降は連携協定を結んでいる自治体とともに実際のまちづくり活動に参加することもできます。鶴田さんはこうした学科の学びを活用し、見事公務員試験に合格しました。公務員になりたい人、まちづくりについて学びたい人はぜひ総合政策学科にいらしてください。

砂金 祐年 准教授 専門:政治学、行政学、公共政策論

砂金 祐年 准教授
砂金 祐年 准教授

砂金 祐年 准教授 専門:政治学、行政学、公共政策論

さらに詳しく

総合政策学科ニュース

さらに詳しい総合政策学科の情報は、総合政策学科の最新情報をお届けしている「総合政策学科ニュース」をご覧ください。

総合政策学科ニュース

総合政策学科ニュース
総合政策学科ニュース