人間科学部心理学科

心の動きを知ることは、一生もののスキルだ。


人間の「心」に科学的な視点からアプローチし、さまざまな思考や行動の心理的過程、メカニズムを探究していきます。その上で、心理学的問題を抱える現代社会に寄与できる人材を育成します。

つながる未来

Link Link

取得できる免許・資格

司書

公立図書館などで専門職員として働くための資格。希望により公共図書館での実習も受けられます。

学芸員

博物館等で資料の収集、保管、展示、調査・研究、教育普及活動などを行うための資格です。

社会教育主事※1

社会教育関係者に対して、専門的・技術的な助言と指導を行うための資格です。

社会調査
アシスタント

【一般財団法人全国大学実務教育協会認定資格】政策の立案や、企業のマーケティング、商品開発などに欠かせない社会調査の実務に関わる資格です。

認定心理士

【社団法人日本心理学会認定資格】心理学の専門家として必要な基本的な学力と技能を修得していることを証明する資格です。

児童指導員※1

児童福祉施設で、生活指導や学習指導、生活上のアドバイスなどを行うために必要な資格です。

公認心理師
試験(受験資格)

【資格取得のために必要な科目】公認心理師法を根拠とする日本の心理職国家資格です。

※1 公務員試験に合格し、それぞれの施設に採用された場合に有効となる資格です。

めざす進路

マーケティング
・企画の分野
  • 研究調査員
  • マーケティングリサーチ
  • 広告宣伝
製造・情報
・サービス分野
  • 人間中心設計スペシャリスト
医療の分野
  • 言語聴覚士
  • 精神保健福祉士
  • 医療ソーシャルワーカー
教育の分野
  • 特別支援教育
  • スクールカウンセラー
福祉の分野
  • 医療ソーシャルワーカー
  • 児童指導員
  • 福祉事務所ケースワーカー
行政・司法の分野
  • 警察カウンセラー
  • 矯正教育
進学
  • 常磐大学大学院(日本臨床心理士資格認定協会第1 種指定大学院)
  • 他大学の大学院(臨床心理士指定大学院含む)
  • 視能訓練士養成所

学びの流れ

1

知に対する基本的な姿勢と大学で学ぶための基本的な知識を身につけ、同時に心理学の世界に触れていきます。

2

心理学の基本的な知識を身につけ、心理学的なものの見方や考え方に馴染み、心理学の手法を用いて問題を解決する方法を学びます。

3

これまでの学習にそって関心をさらに深め、ゼミナールを中心に、仲間とともに、自分の問題意識に専門的に取り組んでいきます。卒業論文の準備をします。

4

これまでの学習の集大成として卒業論文に取り組み、心理学を学んだ自分が社会に出てどのような方向に進んでいくかを考えます。

カリキュラム

知覚・認知心理学
(認知)

心の理解に関しては、人の考え方や記憶の仕方、理解や判断の仕方、選択肢からの選び方など、頭の中の見えない知的な働きを知ることがとても重要である。それらの発見はわかりやすい説明や効果的な学習、誤解の解消やリスクのない環境設計に生かされている。この領域が、認知心理学であり、授業では体験的な実験を多く取り入れて考えていく。

臨床心理学概論

臨床心理学という学問は、心の悩みを抱えた人といかに向き合い、治していくかという目的で生まれた学問である。また、臨床心理学は時代の変遷につれて、治療法や内容も次第に広がり、変化を遂げている。現代社会で起こる問題と私たちの「心の働き」について、具体的な事例とともに考えていきたい。

行動分析学Ⅰ

相手の行動に問題を感じる場合に、性格や能力などの個人特性を単に批判しても問題の解決にはならない。環境との関わりを通して行動の原因を分析し、その行動が生じやすい環境条件を予測できれば、望ましい方向に行動を導くための環境整備が明確になる。行動の原理とその応用例を紹介し、行動と環境の関わりを理解していく。

ゼミナール紹介

記憶する、理解する、判断する、学ぶ、を科学してみる

  • 伊東 昌子 教授
    専門:認知心理学、環境情報心理学、職場学習の心理学

親子、きょうだい、夫婦などの家族問題を科学的に探究する

  • 秋山 邦久 教授
    専門:臨床心理学、家族心理学

人はどうしてミスをするのか? 実験・調査で本質に迫る

  • 申 紅仙 教授
    専門:産業・組織心理学、人間工学、安全心理学

家族、対人関係、パーソナリティへの好奇心を深化させる

  • 馬塲 久美子 准教授
    専門:臨床心理学、異常心理学、家族心理学

「本物」の研究をとおして、「真」に心理学を学びます

  • 鈴木 雅洋 助教
    専門:実験心理学、心理物理学、情報学

俳句、連句創作及び文献調査、実地踏査による活動的な学びの実践

  • 二村 博 助教
    専門:近世俳諧文学

学生メッセージ

音楽が気分に与える影響について

沼﨑 侑美さん [4年]

テキスト精読から予備実験まで、1年かけてじっくり学習。

小学生時代にスクールカウンセラーに出会い、心理学に興味を持ち始めました。常磐大学の心理学科を志望したのは、基礎的な心理学を学び、その後専門分野のゼミナールに所属できるから。2年生・3年生で取り組んだ実験実習ではさまざまな分野の心理学実験を行い、データ分析、レポートを書くというトレーニングを繰り返したことで、文章を書くスキルやものごとを客観的に捉える力が身につきました。現在私が研究しているのは、簡単に言うと、「音楽が人の心にどのような影響を及ぼすのか」。3年生のゼミナールでは、先生の指導のもと、参考となる論文のリサーチ、精読から、自分の研究テーマに関する予備実験まで実施。興味を持った分野を1年かけて研究できたことで、成果と課題、双方を見つけることができました。4年生となった現在は、その内容を踏まえつつ卒業論文を作成しています。

沼﨑 侑美さん [4年] 茨城県 牛久高等学校出身

沼﨑 侑美さん [4年]

沼﨑 侑美さん [4年] 茨城県 牛久高等学校出身

教員メッセージ

「こころ」の経験を科学的に調べ、より良い経験の方向性を探る。

心理学では環境の刺激に対する人間の内的経験(感じ方、考え方、判断、個人差など)の特徴を科学的に調べ理解します。そのために心理学科では専門知識、実験、調査、検査を学び、さらに明らかになった内容を発表し報告書を書く技術も養います。その専門性は医療分野では公認心理師として、産業分野ではサービスや製品の企画設計あるいは人材開発に、行政・司法の分野では矯正教育等に生かされ、より良い経験の創出に貢献しています。

伊東 昌子 教授 専門:認知心理学、環境情報心理学、職場学習の心理学

伊東 昌子 教授
伊東 昌子 教授

伊東 昌子 教授 専門:認知心理学、環境情報心理学、職場学習の心理学