グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


研究・地域連携

ホーム > 研究・地域連携 > 研究活動 > 外部研究資金

外部研究資金



科学研究費助成事業

2020年度

科学研究費助成事業 採択者(研究代表者)
■基盤研究(C)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 教授 森 弘一 知の技法としての人文主義的書簡と近代教養市民の自己形成 2018年度~
2021年度
斉藤 慎二 フローラを含むヒト鼻腔粘膜上皮環境モデルの構築と新規アレルギー制御特性の探索 2017年度~
2020年度
中原 史生 マイルカ科鯨類における音声コミュニケーションと社会的知性の進化 2017年度~
2020年度
准教授 眞部 多眞記 初期近代英国史劇の生成と発展-劇団・劇場・俳優のネットワークを中心に 2018年度~
2020年度
松﨑 哲之 会沢正志斎の経学思想研究 2020年度~
2024年度
髙木 幸子 意図および感情の理解における視聴覚相互作用:WH語を含んだ表現を用いた学際的検討 2020年度~
2022年度
小笠原 尚宏 祭礼行事の外部化ならびにアソシエーション化に関する研究 2018年度~
2020年度
二村 博 会津地方の俳人来翰集及び句帖解読による文化文政期の俳諧研究 2020年度~
2022年度
住吉 克彦 代謝産物関連遺伝子解析に基づくカフェイン代謝変化とパーキンソン病症状相関の検討 2017年度~
2020年度
総合政策学部 教授 文堂 弘之 日本型買収プライシングモデルの構築ー目的分類による買収プレミアムの標準モデル開発 2016年度~
2020年度
助教 山田 誠治 地域間産業連関表から見た道州制 2019年度~
2021年度
看護学部 教授 村井 文江 子育てに関するヘルスリテラシーの獲得を基盤とした子育て支援モデルの構築 2020年度~
2022年度
短期大学 教授 安井 教浩 戦間期ヨーロッパにおける少数民族問題とヨーロッパ民族会議の展開 2019年度~
2021年度
■若手研究
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 准教授 飯野 令子 ボランティア日本語教室における継続的内容改善と持続可能な運営システムの構築 2019年度~
2021年度
若林 功 職場の合理的配慮が精神障害者の職業継続に及ぼす効果 2019年度~
2021年度
看護学部 准教授 池内 彰子 地域生活をしている統合失調症療養者のセルフケア能力促進のための心理教育の効果 2020年度~
2023年度
専任講師 福田 大祐 慢性期統合失調症者の実行機能を高める看護介入プログラムの開発と検証 2019年度~
2022年度
助教 油谷 和恵 皮膚障害の発生リスクを最小限に抑える寝衣素材の検討 2019年度~
2021年度
■挑戦的研究(萌芽)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 教授 大髙 泉 視覚障害生徒への優れた理科授業実践の理論化・系統化と健常生徒の理科授業への示唆 2020年度~
2022年度
■研究活動・スタート支援
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
総合政策学部 助教 板垣 浩正 主観的解釈を生み出す英語知覚表現の用法に関する研究 2019年度~
2020年度
看護学部 助教 海野 潔美 自閉症スペクトラム障害を有する思春期の子どものレジリエンス・モデルの構築 2018年度~
2020年度
科学研究費助成事業 採択者(研究分担者)
■基盤研究(A)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 教授 西澤 弘行 高齢者や故郷を離れた人々の日常性と共在性を支援するシステムの社会学的工学的研究 2019年度~
2022年度
埼玉大学
総合政策学部 准教授 中岡 まり 現代中国における腐敗パラドックスに関するシステム/制度論的アプローチ 2017年度~
2021年度
法政大学
■基盤研究(B)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 教授 平野 哲也 研究者ネットワークによる巨大災害被災地での歴史文化環境再生の研究 2019年度~
2021年度
東北大学
准教授 大高 皇 「持続可能な社会」に向けての社会科・理科のグローバルな融合カリキュラムの開発 2017年度~
2020年度
筑波大学
総合政策学部 教授 砂金 祐年 ララ救援物資の形成・配分過程-関与機関・団体の多様性とその帰結- 2018年度~
2021年度
立教大学
看護学部 准教授 沼口 知恵子 障がい等のあるこどもが自然災害に備えるセルフケア獲得・定着を可能とするツール開発 2020年度~
2024年度
関西医科大学
■基盤研究(C)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 教授 西澤 弘行 世界の「見え」の共有技法の研究:視覚障害者と晴眼者の相互行為分析 2018年度~
2020年度
山口大学
平野 哲也 イエとムラの連続性から見た都市近郊農業の再評価 2020年度~
2022年度
帝京大学
准教授 渡辺 めぐみ 最新の実験認知心理学の成果に基づくストループ検査法 2018年度~
2020年度
神戸大学
若林 功 アルコール依存症者の回復支援ネットワーク 2019年度~ 東京通信大学
2021年度
若林 功 ジョブコーチの知識及びスキルの明確化と職能評価基準の開発に関する研究 2019年度~
2021年度
大妻女子大学
総合政策学部 教授 福澤 真一 国民保護行政における専門性の補完体制の比較研究 2018年度~
2020年度
関西大学
准教授 元木 理寿 ESDにおけるエネルギー環境教育の新たな位置づけ―地方の視点からの再考 2017年度~
2020年度
高崎商科大学
看護学部 教授 村井 文江 若手看護系大学教員のキャリア開発を支援するためのキャリアパスモデルの構築 2017年度~
2020年度
畿央大学
前田 和子 10代母親の支援必要度測定尺度に関する実用可能性の検証 2020年度~
2023年度
沖縄県立看護大学
准教授 沼口 知恵子 保健師による5歳児健康診断実施の条件-ヘルスアセスメントの活用- 2018年度~
2021年度
茨城県立医療大学
専任講師 菅原 直美 保健師が活用できる発達障害児の養育者の子育て支援ガイドラインの開発 2019年度~
2021年度
筑波大学
専任講師 菅原 直美 通常学級に在籍する発達障がいのある中学生への健康支援プログラム開発 2020年度~
2022年度
筑波大学
短期大学 教授 室谷 直子 認知処理プロセスを踏まえた小学生における英語読み習得に向けた支援方法の検討 2018年度~
2020年度
茨城大学
准教授 木村 由希 「子育ての社会化」を実現する地域包括支援プログラムの開発とその実践・普及 2019年度~
2021年度
茨城キリスト教大学
■挑戦的研究(萌芽)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 教授 西澤 弘行 非対称的インタラクションへの対照統合的接近:触覚の現象学的社会学構想とデザイン 2020年度~
2021年度
成城大学
■【厚労省】障害者政策・総合研究事業
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 准教授 若林 功 就労継続支援B型事業所における精神障害者等に対する支援の実態と効果的な支援プログラム開発に関する研究 2019年度~
2020年度
筑波大学

2019年度

科学研究費助成事業 採択者(研究代表者)
■基盤研究(B)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 教授 大高 泉 英米独仏における「教科教育学」論の史的展開と教科教育学研究者養成制度の研究 2017年度~
2019年度
■基盤研究(C)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 教授 森 弘一 知の技法としての人文主義的書簡と近代教養市民の自己形成 2018年度~
2021年度
申 紅仙 親の放射線不安およびリスク認知が育児環境におよぼす影響について 2016年度~
2019年度
斉藤 慎二 フローラを含むヒト鼻腔粘膜上皮環境モデルの構築と新規アレルギー制御特性の探索 2017年度~
2019年度
平野 哲也 近世における内陸農村と海村の地域間交流と生業連関 2016年度~
2019年度
准教授 眞部 多眞記 初期近代英国史劇の生成と発展-劇団・劇場・俳優のネットワークを中心に 2018年度~
2020年度
崔 蘭英 「近代」移行期の東アジアにおける知識人の人的ネットワーク形成に関する調査と研究 2017年度~
2019年度
小笠原 尚宏 祭礼行事の外部化ならびにアソシエーション化に関する研究 2018年度~
2020年度
住吉 克彦 代謝産物関連遺伝子解析に基づくカフェイン代謝変化とパーキンソン病症状相関の検討 2017年度~
2020年度
助教 鈴木 雅洋 3D表示物との自然な相互作用を可能にする視覚的知覚情報の推定に関する研究 2018年度~
2020年度
総合政策学部 教授 中原 史生 マイルカ科鯨類における音声コミュニケーションと社会的知性の進化 2017年度~
2019年度
文堂 弘之 日本型買収プライシングモデルの構築ー目的分類による買収プレミアムの標準モデル開発 2016年度~
2019年度
看護学部 教授 村井 文江 大学生ピアおよびITを活用した高校生のデートDV予防支援プログラムの開発・評価 2016年度~
2019年度
准教授 沼口 知恵子 医療を必要とする子どもの災害に備える力を高めるための支援ツール開発 2016年度~
2019年度
短期大学 教授 安井 教浩 戦間期ヨーロッパにおける少数民族問題とヨーロッパ民族会議の展開 2019年度~
2021年度
■若手研究(B)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 助教 石崎 友規 科学的探究を見通す能力を育む教授ストラテジーの開発ー探究の全体像と多様性の理解 2016年度~
2019年度
短期大学 助教 石﨑 ちひろ 女性管理職育成のための学校組織特性に関する研究 2016年度~
2019年度
■若手研究
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 准教授 飯野 令子 ボランティア日本語教室における継続的内容改善と持続可能な運営システムの構築 2019年度~
2021年度
若林 功 職場の合理的配慮が精神障害者の職業継続に及ぼす効果 2019年度~
2021年度
看護学部 専任講師 福田 大祐 慢性期統合失調症者の実行機能を高める看護介入プログラムの開発と検証 2019年度~
2022年度
助教 油谷 和恵 皮膚障害の発生リスクを最小限に抑える寝衣素材の検討 2019年度~
2021年度
■挑戦的萌芽研究
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
短期大学 教授 室谷 直子 読み書き発達と形態素意識との関連性に関する基礎的検討 2016年度~
2019年度
■研究活動・スタート支援
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
看護学部 助教 海野 潔美 自閉症スペクトラム障害を有する思春期の子どものレジリエンス・モデルの構築 2018年度~
2019年度
科学研究費助成事業 採択者(研究分担者)
■基盤研究(S)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
総合政策学部 教授 中原 史生 野生の認知科学:こころの進化とその多様性の解明のための比較認知科学的アプローチ 2015年度~
2019年度
京都大学
■基盤研究(A)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 教授 西澤 弘行 高齢者や故郷を離れた人々の日常性と共在性を支援するシステムの社会学的工学的研究 2019年度~
2022年度
埼玉大学
総合政策学部 准教授 中岡 まり 現代中国における腐敗パラドックスに関するシステム/制度論的アプローチ 2017年度~
2021年度
法政大学
■基盤研究(B)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 教授 平野 哲也 研究者ネットワークによる巨大災害被災地での歴史文化環境再生の研究 2019年度~
2021年度
東北大学
准教授 小関 一也 産直が拓く環境教育の新たな地平:「遊び仕事」の現代的活用をめざして 2016年度~
2019年度
宮城教育大学
大高 皇 「持続可能な社会」に向けての社会科・理科のグローバルな融合カリキュラムの開発 2017年度~
2020年度
筑波大学
助教 鈴木 雅洋 3Dプリンタ造形物への情報埋め込み技術の研究 2019年度~
2022年度
神奈川工科大学
総合政策学部 准教授 砂金 祐年 ララ救援物資の形成・配分過程 -関与機関・団体の多様性とその帰結― 2018年度~
2021年度
立教大学
看護学部 准教授 沼口 知恵子 障がいのある子どもが自然災害に備えセルフケア能力を高めるための支援構築 2018年度~
2019年度
関西医科大学
■基盤研究(C)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 教授 西澤 弘行 世界の「見え」の共有技法の研究:視覚障害者と晴眼者の相互行為分析 2018年度~
2020年度
山口大学
平野 哲也 江戸定府大名堀田氏の所領統治-地域社会と行政機構の相関モデルの構築- 2017年度~
2019年度
甲南大学
准教授 小関 一也 国際理解教育における難民問題と市民性形成―欧州の協働実践に学ぶ教材開発 2017年度~
2019年度
広島修道大学
渡辺 めぐみ 最新の実験認知心理学の成果に基づくストループ検査法 2018年度~
2020年度
神戸大学
若林 功 アルコール依存症者の回復支援ネットワーク 2019年度~
2021年度
東京通信大学
若林 功 ジョブコーチの知識及びスキルの明確化と職能評価基準の開発に関する研究 2019年度~
2021年度
大妻女子大学
総合政策学部 教授 福澤 真一 国民保護行政における専門性の補完体制の比較研究 2018年度~
2020年度
関西大学
准教授 元木 理寿 ESDにおけるエネルギー環境教育の新たな位置づけ―地方の視点からの再考 2017年度~
2019年度
高崎商科大学
看護学部 教授 村井 文江 若手看護系大学教員のキャリア開発を支援するためのキャリアパスモデルの構築 2017年度~
2020年度
畿央大学
准教授 沼口 知恵子 保健師による5歳児健康診断実施の条件-ヘルスアセスメントの活用- 2018年度~
2021年度
茨城県立医療大学
専任講師 菅原 直美 保健師が活用できる発達障害児の養育者の子育て支援ガイドラインの開発 2019年度~
2021年度
筑波大学
短期大学 教授 室谷 直子 認知処理プロセスを踏まえた小学生における英語読み習得に向けた支援方法の検討 2018年度~
2020年度
茨城大学
准教授 木村 由希 「子育ての社会化」を実現する地域包括支援プログラムの開発とその実践・普及 2019年度~
2021年度
茨城キリスト教大学
■挑戦的(萌芽)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 助教 鈴木 雅洋 発達過程での視環境条件を統制した新手法動物実験による色恒常性成立メカニズムの解明 2019年度~
2021年度
神奈川工科大学
■【厚労省】障害者政策・総合研究事業
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 准教授 若林 功 就労継続支援B型事業所における精神障害者等に対する支援の実態と効果的な支援プログラム開発に関する研究 2019年度~
2020年度
筑波大学
■【厚労省】厚生労働科学・特別研究事業
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 准教授 若林 功 就労に関するアセスメントツールや手法の活用実態と課題についての研究 2019年度~
2019年度
秋田大学

2018年度

科学研究費助成事業 採択者(研究代表者)
■基盤研究(B)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 教授 大高 泉 英米独仏における「教科教育学」論の史的展開と教科教育学研究者養成制度の研究 2017年度~
2019年度
■基盤研究(C)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 教授 森 弘一 知の技法としての人文主義的書簡と近代教養市民の自己形成 2018年度~
2021年度
岡部 玲子 日本人によるショパン作品の演奏解釈の変遷と研究との関わり 2016年度~
2018年度
申 紅仙 親の放射線不安およびリスク認知が育児環境におよぼす影響について 2016年度~
2018年度
斉藤 慎二 フローラを含むヒト鼻腔粘膜上皮環境モデルの構築と新規アレルギー制御特性の探索 2017年度~
2019年度
准教授 眞部 多眞記 初期近代英国史劇の生成と発展-劇団・劇場・俳優のネットワークを中心に 2018年度~
2020年度
住吉 克彦 代謝産物関連遺伝子解析に基づくカフェイン代謝変化とパーキンソン病症状相関の検討 2017年度~
2020年度
平野 哲也 近世における内陸農村と海村の地域間交流と生業連関 2016年度~
2018年度
岩田 貴樹 統計モデルと物理モデルの融合による新たな地震活動標準モデルと地震予測システム 2016年度~
2019年度
崔 蘭英 「近代」移行期の東アジアにおける知識人の人的ネットワーク形成に関する調査と研究 2017年度~
2019年度
小笠原 尚宏 祭礼行事の外部化ならびにアソシエーション化に関する研究 2018年度~
2020年度
助教 鈴木 雅洋 動的3D表示物との自然な相互作用を可能にする視覚的知覚情報の推定に関する研究 2015年度~
2018年度
鈴木 雅洋 3D表示物との自然な相互作用を可能にする視覚的知覚情報の推定に関する研究 2018年度~
2020年度
総合政策学部 教授 中原 史生 マイルカ科鯨類における音声コミュニケーションと社会的知性の進化 2017年度~
2019年度
文堂 弘之 日本型買収プライシングモデルの構築ー目的分類による買収プレミアムの標準モデル開発 2016年度~
2019年度
准教授 中岡 まり 中国共産党の支配体制と人民代表大会選挙制度-2016年度選挙の実証研究 2015年度~
2018年度
看護学部 教授 村井 文江 大学生ピアおよびITを活用した高校生のデートDV予防支援プログラムの開発・評価 2016年度~
2018年度
准教授 黒田 暢子 エンドオブライフケア教育効果を高めるシミュレーション看護教育プログラムの検証 2015年度~
2018年度
沼口 知恵子 医療を必要とする子どもの災害に備える力を高めるための支援ツール開発 2016年度~
2018年度
■若手研究(B)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 助教 石崎 友規 科学的探究を見通す能力を育む教授ストラテジーの開発ー探究の全体像と多様性の理解 2016年度~
2018年度
森本 俊 英語教育における体系的・継続的な基本動詞の指導のあり方の研究 2016年度~
2018年度
総合政策学部 助教 坂本 暁彦 統語論と言語使用のインターフェースに関する日英語研究 2017年度~
2019年度
短期大学 助教 石﨑 ちひろ 女性管理職育成のための学校組織特性に関する研究 2016年度~
2018年度
■挑戦的萌芽研究
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 教授 大高 泉 明治期の理科教育における近代科学の基本的自然観の再生産の研究 2016年度~
2018年度
短期大学 教授 室谷 直子 読み書き発達と形態素意識との関連性に関する基礎的検討 2016年度~
2018年度
■研究活動スタート支援
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
看護学部 助教 海野 潔美 自閉症スペクトラム障害を有する思春期の子どものレジリエンス・モデルの構築 2018年度~
2019年度
科学研究費助成事業 採択者(研究分担者)
■新学術領域研究(研究領域提案型)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
総合政策学部 准教授 岩田 貴樹 内陸地殻の強度と応力の解明 2014年度~
2018年度
東北大学
■基盤研究(S)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
総合政策学部 教授 中原 史生 野生の認知科学:こころの進化とその多様性の解明のための比較認知科学的アプローチ 2015年度~
2019年度
京都大学
■基盤研究(A)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 准教授 岩田 貴樹 可聴下波動伝播特性による南極域の多圏融合物理現象解明と温暖化影響評価 2014年度~
2018年度
国立極地研究所
総合政策学部 准教授 中岡 まり 現代中国における腐敗パラドックスに関するシステム/制度論的アプローチ 2017年度~
2021年度
法政大学
■基盤研究(B)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 准教授 小関 一也 産直が拓く環境教育の新たな地平:「遊び仕事」の現代的活用をめざして 2016年度~
2019年度
宮城教育大学
大高 皇 「持続可能な社会」に向けての社会科・理科のグローバルな融合カリキュラムの開発 2017年度~
2020年度
筑波大学
助教 鈴木 雅洋 デジタルファブリケーションにおける著作権保護技術の研究 2017年度~
2018年度
神奈川工科大学
総合政策学部 教授 小柳 武 高齢犯罪者の自己像の認識と、かれらの再社会化への挑戦に関する実証的研究 2014年度~
2018年度
東洋大学
准教授 砂金 祐年 ララ救援物資の形成・配分過程-関与機関・団体の多様性とその帰結- 2018年度~
2021年度
立教大学
看護学部 准教授 沼口 知恵子 障がいのある子どもが自然災害に備えセルフケア能力を高めるための支援構築 2018年度~
2019年度
関西医科大学
■基盤研究(C)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 教授 西澤 弘行 世界の「見え」の共有技法の研究:視覚障害者と晴眼者の相互行為分析 2018年度~
2020年度
山口大学
准教授 小関 一也 国際理解教育における難民問題と市民性形成―欧州の協働実践に学ぶ教材開発 2017年度~
2019年度
目白大学
平野 哲也 江戸定府大名堀田氏の所領統治-地域社会と行政機構の相関モデルの構築- 2017年度~
2019年度
甲南大学
総合政策学部 教授 福澤 真一 国民保護行政における専門性の補完体制の比較研究 2018年度~
2020年度
関西大学
准教授 元木 理寿 ESDにおけるエネルギー環境教育の新たな位置づけ―地方の視点からの再考 2017年度~
2019年度
高崎商科大学
看護学部 教授 村井 文江 若手看護系大学教員のキャリア開発を支援するためのキャリアパスモデルの構築 2017年度~
2020年度
畿央大学
准教授 沼口 知恵子 保健師による5歳児健康診断実施の条件-ヘルスアセスメントの活用- 2018年度~
2021年度
茨城県立医療大学
短期大学 教授 室谷 直子 認知処理プロセスを踏まえた小学生における英語読み習得に向けた支援方法の検討 2018年度~
2020年度
茨城大学
准教授 木村 由希 同僚および自己との対話による研修プログラム開発とその効果の検討 2017年度~
2018年度
茨城キリスト教大学
■挑戦的萌芽研究
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 専任講師 寺島 哲平 ゲーム的な学習環境デザインに基づく情報リテラシー学習プログラムの開発 2016年度~
2018年度
横浜国立大学
短期大学 准教授 名城 邦孝 ゲーム的な学習環境デザインに基づく情報リテラシー学習プログラムの開発 2016年度~2018年度 横浜国立大学

2017年度

科学研究費助成事業 採択者(研究代表者)
■基盤研究(B)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
短期大学 教授 大高 泉 英米独仏における「教科教育学」論の史的展開と教科教育学研究者養成制度の研究 2017年度~
2019年度
■基盤研究(C)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 教授 岡部 玲子 日本人によるショパン作品の演奏解釈の変遷と研究との関わり 2016年度~
2018年度
申 紅仙 親の放射線不安およびリスク認知が育児環境におよぼす影響について 2016年度~
2018年度
村井 文江 大学生ピアおよびITを活用した高校生のデートDV予防支援プログラムの開発・評価 2016年度~
2018年度
准教授 住吉 克彦 代謝産物関連遺伝子解析に基づくカフェイン代謝変化とパーキンソン病症状相関の検討 2017年度~
2020年度
平野 哲也 近世における内陸農村と海村の地域間交流と生業連関 2016年度~
2018年度
岩田 貴樹 統計モデルと物理モデルの融合による新たな地震活動標準モデルと地震予測システム 2016年度~
2019年度
助教 菅佐原 洋 発達障害児の早期集中支援を可能にする包括的e-Supportシステムの構築と検討 2016年度~
2019年度
崔 蘭英 「近代」移行期の東アジアにおける知識人の人的ネットワーク形成に関する調査と研究 2017年度~
2019年度
鈴木 雅洋 動的3D表示物との自然な相互作用を可能にする視覚的知覚情報の推定に関する研究 2015年度~
2017年度
総合政策学部 教授 中原 史生 マイルカ科鯨類における音声コミュニケーションと社会的知性の進化 2017年度~
2019年度
文堂 弘之 日本型買収プライシングモデルの構築ー目的分類による買収プレミアムの標準モデル開発 2016年度~
2019年度
准教授 千手 正治 対象被害者拡大の観点に基づく我が国のワンストップ支援発展の条件に関する実証的研究 2014年度~
2017年度
中岡 まり 中国共産党の支配体制と人民代表大会選挙制度-2016年度選挙の実証研究 2015年度~
2018年度
短期大学 准教授 石野 裕子 戦間期フィンランドにおける「大フィンランド」表象とその利用 2015年度~
2018年度
■若手研究(B)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 准教授 髙木 幸子 他者の共感を引き出す感情表出の特徴の解明:表情と音声を用いた視聴覚感情表出の検討 2014年度~
2017年度
助教 小笠原 尚宏 村落社会における小地域の社会的機能に関する研究 2014年度~
2017年度
大高 皇 モビリティ・マネジメント教育を担う社会科教員養成体制の整備 2014年度~
2017年度
森本 俊 英語教育における体系的・継続的な基本動詞の指導のあり方の研究 2016年度~
2018年度
石崎 友規 科学的探究を見通す能力を育む教授ストラテジーの開発ー探究の全体像と多様性の理解 2016年度~
2018年度
総合政策学部 助教 坂本 暁彦 統語論と言語使用のインターフェースに関する日英語研究 2017年度~
2019年度
■挑戦的萌芽研究
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
短期大学 教授 大高 泉 明治期の理科教育における近代科学の基本的自然観の再生産の研究 2016年度~
2018年度
准教授 室谷 直子 読み書き発達と形態素意識との関連性に関する基礎的検討 2016年度~
2018年度
■研究活動スタート支援
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 助教 上野 真悠子 日本人EFL学習者の英文読解におけるトピックおよびテーマ推論生成プロセスの解明 2014年度~
2017年度
科学研究費助成事業 採択者(研究分担者)
■新学術領域研究(研究領域提案型)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
総合政策学部 准教授 岩田 貴樹 内陸地殻の強度と応力の解明 2014年度~
2018年度
東北大学
■基盤研究(S)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
総合政策学部 教授 中原 史生 野生の認知科学:こころの進化とその多様性の解明のための比較認知科学的アプローチ 2015年度~
2019年度
京都大学
■基盤研究(A)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 准教授 岩田 貴樹 可聴下波動伝播特性による南極域の多圏融合物理現象解明と温暖化影響評価 2014年度~
2018年度
国立極地研究所
総合政策学部 准教授 中岡 まり 現代中国における腐敗パラドックスに関するシステム/制度論的アプローチ 2017年度~
2021年度
法政大学
■基盤研究(B)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 准教授 小関 一也 産直が拓く環境教育の新たな地平:「遊び仕事」の現代的活用をめざして 2016年度~
2019年度
宮城教育大学
住吉 克彦 リソソーム機能によるオートファジー調節機構の解明とそれに基づくPD治療薬開発 2015年度~
2017年度
順天堂大学
宮本 秀樹 EPA介護福祉士候補者に対する専門用語学習の支援環境の構築 2015年度~
2018年度
横浜国立大学
助教 大高 皇 「持続可能な社会」に向けての社会科・理科のグローバルな融合カリキュラムの開発 2017年度~
2020年度
筑波大学
石崎 友規 教科と内容構成新ビジョンの解明―米国・欧州STEM・リテラシー教育との比較より 2016年度~
2017年度
筑波大学
鈴木 雅洋 デジタルファブリケーションにおける著作権保護技術の研究 2017年度~
2018年度
神奈川工科大学
総合政策学部 教授 小柳 武 高齢犯罪者の自己像の認識と、かれらの再社会化への挑戦に関する実証的研究 2014年度~
2018年度
東洋大学
准教授 砂金 祐年 ララ救援物資と戦後福祉改革期の公私協働に関わる総合的な研究 2014年度~
2017年度
立教大学
花岡 龍毅 事例間比較研究によるリスクコミュニケーション論の再構築 2015年度~
2017年度
東京大学
短期大学 教授 大高 泉 教科と内容構成新ビジョンの解明―米国・欧州STEM・リテラシー教育との比較より 2017年度~
2017年度
筑波大学
■基盤研究(C)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 教授 村井 文江 若手看護系大学教員のキャリア開発を支援するためのキャリアパスモデルの構築 2017年度~
2020年度
畿央大学
准教授 小関 一也 国際理解教育における難民問題と市民性形成―欧州の協働実践に学ぶ教材開発 2017年度~
2019年度
目白大学
平野 哲也 江戸定府大名堀田氏の所領統治―地域社会と行政機構の相関モデルの構築― 2017年度~
2019年度
甲南大学
宮本 秀樹 EPA介護福祉士候補者のためのやさしい日本語を用いた専門語彙学習教材の開発 2017年度~
2019年度
佐賀大学
総合政策学部 教授 中原 史生 北海道周辺海域に出現するシャチの個体識別および鳴音レパートリーのカタログ化 2015年度~
2017年度
東海大学
准教授 元木 理寿 スーパー食育教員・指導者養成(SSTT)のための基礎的研究 2015年度~
2017年度
北海道教育大学
元木 理寿 ESDにおけるエネルギー環境教育の新たな位置づけ―地方の視点からの再考 2017年度~
2019年度
高崎商科大学
短期大学 准教授 木村 由希 同僚および自己との対話による研修プログラム開発とその効果の検討 2017年度~
2017年度
茨城キリスト教大学
石野 裕子 戦間期中欧論の比較研究:民族自決原則と欧州統合の起点としての地域再編論 2015年度~
2017年度
成城大学
■挑戦的萌芽研究
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 専任講師 寺島 哲平 ゲーム的な学習環境デザインに基づく情報リテラシー学習プログラムの開発 2016年度~
2018年度
横浜国立大学
短期大学 准教授 名城 邦孝 ゲーム的な学習環境デザインに基づく情報リテラシー学習プログラムの開発 2016年度~
2018年度
横浜国立大学

2016年度

科学研究費助成事業 採択者(研究代表者)
■基盤研究(B)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
コミュニティ
振興学部
教授 西田 恵子 ララ救援物資と戦後福祉改革期の公私協働に関わる総合的な研究 2014年度~
2017年度
■基盤研究(C)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 教授 岡部 玲子 日本人によるショパン作品の演奏解釈の変遷と研究との関わり 2016年度~
2018年度
准教授 千手 正治 対象被害者拡大の観点に基づく我が国のワンストップ支援発展の条件に関する実証的研究 2014年度~
2016年度
申 紅仙 親の放射線不安およびリスク認知が育児環境におよぼす影響について 2016年度~
2018年度
平野 哲也 近世における内陸農村と海村の地域間交流と生業連関 2016年度~
2018年度
助教 菅佐原 洋 発達障害児の早期集中支援を可能にする包括的e-Supportシステムの構築と検討 2016年度~
2019年度
国際学部 教授 文堂 弘之 日本型買収プライシングモデルの構築ー目的分類による買収プレミアムの標準モデル開発 2016年度~
2019年度
准教授 中岡 まり 中国共産党の支配体制と人民代表大会選挙制度-2016年度選挙の実証研究 2015年度~
2018年度
コミュニティ
振興学部
准教授 岩田 貴樹 統計モデルと物理モデルの融合による新たな地震活動標準モデルと地震予測システム 2016年度~
2019年度
短期大学 准教授 石野 裕子 戦間期フィンランドにおける「大フィンランド」表象とその利用 2015年度~
2018年度
■若手研究(B)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 准教授 髙木 幸子 他者の共感を引き出す感情表出の特徴の解明:表情と音声を用いた視聴覚感情表出の検討 2014年度~
2016年度
助教 小笠原 尚宏 村落社会における小地域の社会的機能に関する研究 2014年度~
2016年度
大高 皇 モビリティ・マネジメント教育を担う社会科教員養成体制の整備 2014年度~
2016年度
森本 俊 英語教育における体系的・継続的な基本動詞の指導のあり方の研究 2016年度~
2018年度
石崎 友規 科学的探究を見通す能力を育む教授ストラテジーの開発ー探究の全体像と多様性の理解 2016年度~
2018年度
国際学部 助教 鈴木 将人 破壊的リーダーシップに関する探索的研究 2013年度~
2016年度
■挑戦的萌芽研究
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
短期大学 准教授 室谷 直子 読み書き発達と形態素意識との関連性に関する基礎的検討 2016年度~
2018年度
■研究活動スタート支援
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
人間科学部 助教 小林 真悠子 日本人EFL学習者の英文読解におけるトピックおよびテーマ推論生成プロセスの解明 2014年度~
2016年度
コミュニティ
振興学部
助教 坂本 暁彦 生成統語論と構造指示の仕組みによる相互補完的な説明体系の構築とその適用 2015年度~
2016年度
科学研究費助成事業 採択者(研究分担者)
■新学術領域研究(研究領域提案型)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
コミュニティ
振興学部
准教授 岩田 貴樹 内陸地殻の強度と応力の解明 2014年度~
2018年度
東北大学
■基盤研究(S)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
コミュニティ
振興学部
教授 中原 史生 野生の認知科学:こころの進化とその多様性の解明のための比較認知科学的アプローチ 2015年度~
2019年度
京都大学
■基盤研究(A)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
コミュニティ
振興学部
准教授 岩田 貴樹 可聴下波動伝播特性による南極域の多圏融合物理現象解明と温暖化影響評価 2014年度~
2018年度
国立極地研究所
■基盤研究(B)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 准教授 住吉 克彦 リソソーム機能によるオートファジー調節機構の解明とそれに基づくPD治療薬開発 2015年度~
2017年度
順天堂大学
小関 一也 産直が拓く環境教育の新たな地平:「遊び仕事」の現代的活用をめざして 2016年度~
2019年度
宮城教育大学
助教 石崎 友規 教科と内容構成新ビジョンの解明―米国・欧州STEM・リテラシー教育との比較より 2016年度~
2017年度
筑波大学
国際学部 准教授 花岡 龍毅 事例間比較研究によるリスクコミュニケーション論の再構築 2015年度~
2017年度
東京大学
コミュニティ
振興学部
教授 小柳 武 高齢犯罪者の自己像の認識と、かれらの再社会化への挑戦に関する実証的研究 2014年度~
2018年度
東洋大学
西田 恵子 養老院・養老施設の経営・運営と処遇(ケア)の質に関する研究 2016年度~
2019年度
明治学院大学
准教授 宮本 秀樹 EPA介護福祉士候補者に対する専門用語学習の支援環境の構築 2015年度~
2018年度
横浜国立大学
■基盤研究(C)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
コミュニティ
振興学部
教授 中原 史生 北海道周辺海域に出現するシャチの個体識別および鳴音レパートリーのカタログ化 2015年度~
2017年度
東海大学
福澤 真一 住民防災組織の活性化策の比較研究−住民防災組織内の専門性− 2013年度~
2016年度
関西大学
准教授 元木 理寿 スーパー食育教員・指導者養成(SSTT)のための基礎的研究 2015年度~
2017年度
北海道教育大学
准教授 岩田 貴樹 中小地震と区分した激甚地震災害リスクの算出 2014年度~
2016年度
地震予知総合研究振興会
短期大学 准教授 石野 裕子 戦間期中欧論の比較研究:民族自決原則と欧州統合の起点としての地域再編論 2015年度~
2017年度
愛知教育大学
■挑戦的萌芽研究
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間 研究代表者
所属機関
人間科学部 専任講師 寺島 哲平 ゲーム的な学習環境デザインに基づく情報リテラシー学習プログラムの開発 2016年度~
2018年度
横浜国立大学
コミュニティ
振興学部
准教授 元木 理寿 初等教育現場で教員が効果的に教科力を養える地域学習教育教材づくり 2014年度~
2016年度
三重大学
短期大学 准教授 名城 邦孝 ゲーム的な学習環境デザインに基づく情報リテラシー学習プログラムの開発 2016年度~
2018年度
横浜国立大学

各種外部資金

2012年度

各種外部資金 採択者情報(研究代表者)
■独立行政法人 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
国際学部 教授 松原 克志 不確実な科学的状況での法的意思決定 2009年10月1日~
2013年3月

2011年度

各種外部資金 採択者情報(研究代表者)
■独立行政法人 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発)
所属 職名 氏名 研究題目 研究期間
国際学部 教授 松原 克志 不確実な科学的状況での法的意思決定 2009年10月1日~
2012年9月30日