出張講座

出張講座

出張講座を実施しています。

今年度実施予定の講座テーマを分野別に掲載しています。
出張講座は随時受付けています。出張講座のお申込み・お問合わせは、アドミッションセンターまたは地域連携センターまでお願いいたします。

また、教員の都合により、貴校のご希望に添えないことがありますことをご了承下さい。(この出張講座は高校向けのものです。一般で希望の方は地域連携センターまでお問い合わせください)
※直接教員へ依頼を行う事はご遠慮ください。

出張講座

お問い合わせ

住所 〒310-8585 水戸市見和1-430-1
常磐大学・常磐短期大学 アドミッションセンター
常磐大学・常磐短期大学 地域連携センター
TEL 029-232-0007(広報に関すること)
029-232-2652(一般の方の相談・依頼)
FAX 029-232-2743
E-mail kouhou@tokiwa.ac.jp(広報に関すること)
renkei@tokiwa.ac.jp(一般の方の相談・依頼)

教養

2019年度実施予定の講座
講師名(所属) 専門 講義名/内容 対象・規模
大髙 泉
(教育学科)
理科教育学 近代科学の自然観と日本の伝統的自然観
近代科学は西欧世界で誕生し日本など他の文化圏では誕生しなかった。近代科学は、近代という時代と西欧という地域・文化圏に固有な自然の見方(自然観)に基づいて成立した。その自然観は、私たちになじみのある日本の伝統的な自然の見方(自然観)とは大きく異るものであった。科学の成立の背景にある自然観に着目することによって、今、世界中に普及し高校生が学んでいる科学が、自然を見る唯一・絶対的な「知」(科学)ではなく、自然を見る一つの見方であり、その結果であることを様々なエピソードを通じて考える。
学年
相談により対応
菅野 弘久
(キャリア教養学科)
イギリス文学 ミュージカルになったシェイクスピア
『ウエスト・サイド物語』は『ロミオとジュリエット』が元になっていますが、現代映画やミュージカルにおける超一流作家といえるほど、シェイクスピア(1564-1616)の作品は、さまざまな表情を見せながら現代にあらわれ、見る者を飽きさせません。そのいくつかを紹介し、シェイクスピアの魅力について考えます。
クラス
相談により対応
不思議なことばの国のアリス
漫画『サザエさん』に、「玄関に銃を持った男が!」というカツオ君の声を聞いたサザエさんが退治しようと向ったら、そこにいたのは警察官という話があります。このような意味の取り違えをはじめ、『不思議の国のアリス』はことば遊びにあふれています。ことばの不思議を感じながら、物語を読む面白さを味わってみましょう。
クラス
相談により対応
英語の辞書で遊んでみよう
英語を勉強するときに辞書をどのように使っていますか。わからない単語の意味を調べるだけで終っていてはもったいない。そこには英語を身近に感じられる情報がつまっています。英和辞典や和英辞典のほかに、使う目的によって種類もさまざま。辞書の基本的な使い方と英語にふれる楽しさを紹介します。
相談により対応
酒巻 洋一
(幼児教育保育学科)
美術(絵画) 立体的に理解する
私達がものを見て描くことは、3次元の空間を2次元の空間へ置き換えることといえる。視点の移動による対象物の見え方の変化や、光の方向による影のでき方を理解することは、観察する力を高める手がかりとなる。簡単な説明と演習をとおして、苦手意識を持たず絵画表現をできるように導く。
クラス
笹瀬 佐代子
(キャリア教養学科)
秘書学、
ビジネス実務、
キャリアデザイン
電話上手になろう!
「会社で電話が鳴った時、どうしたらよいかわからない」「誰が掛けているかわからない固定電話の話し方がわからない」。そんな携帯電話世代の皆さんが、社会に出る前に会社での電話の話し方をゲーム感覚で身につける講座です。
電話応対は、社会人の基礎です。上手な電話の受け方、掛け方、メモの方法を覚えて、自信を持って社会人となりましょう。あなたの強みになるはずですよ。
クラス
相談により対応
田嶋 知宏
(現代社会学科)
図書館情報学、
アーカイブス学
ネットワーク時代における本の読み方、探し方
近年、インターネット上で小説を読むことが出来たり、いろいろな物事を調べることが出来るようになっています。それは、本で読むこととどのように違うのでしょうか。また、どうやって使い分ければよいのでしょうか。本講座は、その手がかりになるヒントをお話します。
クラス
相談により対応
図書館を活用してみよう!
図書館は、生涯学習機関として様々な学びを応援しています。しかし図書館は、敷居が高くて使ったことがないという人がいます。意外とむずかしいと思っていた図書館も一度使い方が分かってしまえば、使いやすくなります。そして、図書館には結構隠れた活用方法があります。そのコツをお話したいと思います。
クラス
相談により対応
旦 まゆみ
(現代社会学科)
キャリア教育、
国際政治経済学、
社会保障論
大学・短大で学ぶとは?
大学や短大に進学する意味を考えてみる講座です。高校を卒業して働くのと大学で学んでから職業に就くのとでは、どのような違いがあるのでしょうか?みなさんの今持っている社会人基礎力をチェックした上で、グループ・ディスカッションをしてみましょう。自分の進路を決めるヒントが見つかるかもしれません!
相談により対応
中原 史生
(総合政策学科)
動物行動学 イルカは賢い動物か?
イルカを捕獲したり飼育したりすることに対して国際的な批判が高まっています。その理由として「イルカは賢いから」という発言を聞いたことはないですか?では問います。イルカは他の動物に比べて賢いのですか?そもそも賢いって何ですか?本講義では、比較認知科学の視点から、ヒトを含む動物の知性について考えます。
相談により対応
名城 邦孝
(キャリア教養学科)
図書館情報学 図書館を使ってみよう
近年、様々な情報機器が生まれる中で、図書館の世界も様変わりしています。図書館の使い方を知ることで皆さんの生活にも大いに役立つでしょう。この講座では便利な図書館の使い方について学んでいきたいと思います。
クラス
相談により対応
森 弘一
(教育学科)
ヨーロッパ史 小論文・レポートの書き方
他人に情報や意見を伝える力が評価されている現在、大学でもレポートの書き方や日本語表現を学ぶ科目の重要性が増しています。この講義では、3ヶ月15回の授業で小論文を完成させる授業のエッセンスを紹介します。どの分野へ進学しようと必要なスキルとして求められているものを知ることは、皆さんの備えとなるでしょう。
クラス

歴史・文化

2019年度実施予定の講座
講師名(所属) 専門 講義名/内容 対象・規模
市村 眞一
(短期大学)
マスコミ論、
地域文化論
名君徳川斉昭は謀略家?
水戸藩9代藩主徳川斉昭は、弘道館や偕楽園を創設する一方、全国にさきがけて尊皇攘夷論を主張するなど名君 の誉れ高い人物と評価されています。でも、幕府に失脚させられると、家老結城寅寿の陰謀と思い、自ら謀略を図 り、結城を失脚、処刑しました。日本史の授業では習わない史実を紹介します。
相談により対応
岡﨑 拓
(経営学科)
中東欧経済論 知られざるポーランドの魅力
ピアノのショパン、コペルニクス、キュリー夫人。
皆さんがよく知るこの3人を輩出したのが、中央ヨーロッパのポーランドです。
悲しい歴史を持つポーランドですが、近年は観光、文化、産業の面で大きく変化しています。
美しい街並み、映画、都市の伝説、あるいは日本との関わりなどを通して、ポーランドの知られざる魅力をご紹介します。
クラス
学年
河野 敬一
(現代社会学科)
人文地理学、
歴史地理学
地域のみかた-地域性と地域差-
私たちの住む地域社会にはどのような特徴があるのか、他の地域とどのような差があるのか、その差異はどのようにして生まれてきたのか。このような地理学的な問題意識をもとに、身近な地域の諸事象を例に挙げながら、身近な地域を再認識する方法等を説明する。
クラス
学年
名城 邦孝
(キャリア教養学科)
図書館情報学 書物の歴史
近年、書物の世界にも大きな変化が起きています。携帯小説やタブレット端末での読書などみなさんにもなじみのあるものもあるかもしれません。しかし、ここで一度歴史を振り返ってみるのもいいのではないでしょうか。書物の本質とは何なのか?書物の歴史から探ってみたいと思います。
クラス
深松 亮太
( コミュニケーション学科)
アメリカ史、
国際文化研究
イメージを読む/差別を考える
この講義では、ひとびとの差別意識を形作る上で、イメージ(図像など)がどのような影響を与えているのかを考えます。ここでは、講義担当者が専門として研究してきた19世紀末のアメリカ社会の事例を出発点として、広く時代と地域を超えて問題を検討します。具体的には、19世紀末当初のアメリカでの差別的イメージと今日のアメリカ社会の差別的イメージの相違点、過去と現在の日本での差別意識とそのイメージなどを見ていきます。また講義の終着点では、ひとびとの思想(思考)に働きかける上で、「単純化」と「(短文)化」という技法が持つ効果について、受講者の皆さんとの意見交換を通じて考えてみたいと思います。
相談により対応
吉川 勲
(総合政策学科)
イギリス文学 現象への不信と好奇心
イギリス大衆文芸では伝統的に(?)ミステリーやスパイ小説がよく読まれます。その一端に触れることで、ユーラシア大陸の反対側にある島国の人々の文化、感性を知り、こちら側にある日本人の特性を再認識します。
相談により対応

地域社会・制度・環境

2019年度実施予定の講座
講師名(所属) 専門 講義名/内容 対象・規模
飯野 令子
(コミュニケーション学科)
日本語教育学 多文化共生社会を考える
世界的に人々の移動が活発になり、私たちの周りに住む外国人も増えています。これからの地域社会は、多様な文化を持つ外国人と良い関係を作り、多文化共生社会となっていく必要があります。講義ではまず、茨城県にはどのような外国の人々が住んでいるのか、その人々がどのような困難を抱えているのか、行政や地域住民はどのように対応しているのかなど、データや資料をもとにお話しします。またその最前線である、地域の日本語教室について紹介し、多文化共生社会を実現するために、私たちができることを考えます。
相談により対応
小笠原 尚宏
(現代社会学科)
都市社会学、
地域社会学、
宗教社会学、
日本民俗学
持続可能な地域社会を考える
限界集落、過疎化、離村・・・。社会の変化を受けて農山村地域は厳しい状況に置かれていますが、一方、地域再生に向けた新たな動きも生じています。農山村の今を考えます。
クラス
相談により対応
「現代社会」の歩き方 ―社会学の学び方入門―
「現代社会」と聞いて、何を思い浮かべますか?。少子高齢化、人口減少社会、サービス産業化、過疎化、IT社会、無縁化、リスク社会、・・・。ますます多元化し、複雑化する現代社会において、社会と人間の現実を知ることは重要です。「社会学」は個人と社会との関係を捉えようとする学問ですが、多様な社会に対応して、社会学が扱う領域もまた多様です。この講義では、現代社会を捉えるための一つの手法としての社会学の特徴を紹介し、併せて社会学を学んでいくための基本的なロードマップを示します。
クラス
相談により対応
小佐原 孝幸
(コミュニケーション学科)
グラフィックデザイン、
メディア映像
デザインによる鉄道の再生 ~ひたちなか海浜鉄道湊線駅名標~
茨城県ひたちなか市の沿岸部を走る「ひたちなか海浜鉄道湊線」は、すこし風変わりなデザインの駅名標がホームに立っていることで有名です。文字とイラストが組み合わさったこの駅名標は、じつは湊線の復興と大きく関わっています。デザインが地域の問題を解決する。実例を交えながら、この駅名標の秘密を作者からお話ししたいと思います。
クラス
学年
相談により対応
田中 基晴
(健康栄養学科)
薬理学、
生理学、
公衆衛生学
地球温暖化は茨城県においても他人事ではない!!
地球温暖化が叫ばれていますが、主な原因は大気中の二酸化炭素だと考えられています。化石燃料の燃焼による二酸化炭素は温暖化をもたらし、伝染病の拡大等、様々な問題を引き起こすと心配されています。これはヒト事ではなく、実は茨城県でも毎年着実に大気中の二酸化炭素濃度は上昇しているのです。
相談により対応
旦 まゆみ
(現代社会学科)
キャリア教育、
国際政治経済学、
社会保障論
地域社会における働き方
現代社会で働く人たちは、長時間労働が蔓延する職場で、過労死などの問題に直面しています。政府は「働き方改革」を進めていますが、そもそも働く時にはどんなルールがあって、どのような職場はブラックと呼ばれるのでしょうか。地域社会の中で働いていく皆さんと一緒に、働き方について考えます。
相談により対応
中原 史生
(総合政策学科)
動物行動学 シャチを通して考える、観光資源としての野生動物とその保全
野生動物を見てみたい!と思ったことはありますか?近年、野生動物を観察するツアーの人気は高まり、観光資源としての野生動物の注目度が増しています。一方、野生動物ツアーは様々な問題も引き起こしています。私の研究対象である北海道知床のシャチを例に、野生動物の観光利用と保全について考えてみましょう。
相談により対応
水嶋 陽子
(現代社会学科)
家族社会学、
社会老年学
現代社会と若者の不安-なぜ占いは流行るのか?
私たちは、血液型占いの話をしたり、テレビや雑誌で「占い」を見かけたりします。そうした現代社会を生きる若者の不安について、社会学の視点から見てみましょう。家族や学校などの諸制度の変容により、友人関係や進路選択などの場面で選択肢が増えたことは、若者に何をもたらしたのか、考えます。
相談により対応

企業・経営・経済

2019年度実施予定の講座
講師名(所属) 専門 講義名/内容 対象・規模
菅田 浩一郎
(経営学科)
国際経営論 海をわたる中小企業
私たちが暮らす茨城県の日立・ひたちなか地域には誰にもマネできないような尖った技術を誇り、日本の産業を支えてきた素晴らしい中小ものづくり企業が数多く存在します。かつて、こうした企業は「下請中小企業」などと呼ばれていましたが、今や多くの企業が世界を相手に活躍するグローバル・ニッチトップ企業へと変貌しつつあります。この講義では国際化・自立化に向けて変容し、世界に羽ばたく県北地域の中小企業の特徴を学び、未来を切り開く中小企業の国際ビジネスを展望します。
クラス
学年
相談により対応
文堂 弘之
(経営学科)
経営財務論、
証券市場論
経営学とは何ですか
「経済学と経営学は何が違うの?」これは多くの高校生が感じる疑問です。それもそのはず。高校までで経営学を習うことはほとんどありません。しかし、実は経営学は私達の日々の生活に関わりが深く、しかも将来大変役に立つ学問です。私達が普段お世話になっている商品や企業などから、経営学の魅力を教えます。
クラス
学年
全学
長谷川 美貴
(常磐大学)
労働社会学 若者の雇用:現状と対策
若者の間で非正規雇用が増えている。そもそも非正規雇用とはどのような働き方を指すのか。どのように、なぜ、非正規雇用は正規雇用よりも不利なのか。正規職に就くには、どのような条件(大学での学び方を含む)が必要なのか。
皆さんの将来に役立つ、今日的な雇用の基礎知識を伝授したい。
相談により対応
李 精
(キャリア教養学科)
会計学 会計学入門
会計とは何か?誰の?お金の計算?単なる「お金」の計算ということであれば話は単純であるが、実はそうではない。お金も計算の対象ではあるが、「お金以外のもの」も計算の対象になるのである。それは何か、をこの講義では説明する。また、計算の結果生み出される決算書の内容・意義について説明する。
クラス

法律・政治

2019年度実施予定の講座
講師名(所属) 専門 講義名/内容 対象・規模
砂金 祐年
(総合政策学科)
政治学 これからの防災~自助・共助・公助~
近年、地震や風水害などの自然災害が増えています。こうした災害に備えるためには、自分の身を自分で守る「自助」、地域住民同士が助け合う「共助」、国や自治体が支援する「公助」の3つが必要です。この講義では東日本大震災などの事例をまじえつつこれからの防災についてお話します。
相談により対応
「市民の絆」を科学する~ソーシャル・キャピタル論
国づくりやまちづくりは政府や自治体など行政機関だけが行うのではありません。私たち市民の力が政策に重要な影響を与えています。この講義では「市民の絆」を指数化した「ソーシャル・キャピタル」という考え方をわかりやすく解説し、市民の力の重要性を科学的に考えてみます。
相談により対応
千手 正治
(法律行政学科)
犯罪学、
被害者学、
刑事法
法学へのいざない
みなさんは法律って、普段の生活と関係ないと思っていませんか。でもこれは大きな誤解です。みなさんは普段空気の存在を意識していないかもしれませんが、これがなくなったら生きていくことはできないはずです。法律もこれに似た要素があります。
この講座では、身近な生活と法律とのかかわりについてお話したいと思います。知らないうちに法律を破っていても、知らなかったではすまされませんよ。
相談により対応
日本の犯罪と刑罰
テレビやインターネットを見ると、毎日のように犯罪について報道されていますが、このような報道を目にすると、何となく日本の治安が悪化しているように感じるかと思います。しかし本当に悪化しているのでしょうか。また現在では裁判員制度がありますので、いずれみなさんも刑罰と無関係でいることはできなくなります。
この講座では、日本の犯罪と刑罰の現状について、出来る限りわかりやすく説明したいと思います。
相談により対応

言語

2019年度実施予定の講座
講師名(所属) 専門 講義名/内容 対象・規模
平田 亜紀
(法律行政学科)
異文化コミュニケーション、
ヘルスコミュニケーション、
健康教育
「異文化」への気づきをあなたの中で育てよう
(キーワード:英語、異文化間コミュニケーション、国際)

英語は好きですか?それとも嫌い・苦手?学校で習い、街中でも見かける英語。忘れがちなのは英語が〈科目〉ではなく〈ことば〉であるということ。あなたがこの文章からいろいろなことを思うように英語ということばで意思疎通を図る人たちがいます。その人たちのことを思いながら英語と異文化について考えてみませんか。
相談により対応

国際理解

2019年度実施予定の講座
講師名(所属) 専門 講義名/内容 対象・規模
小関 一也
(健康栄養学科)
教育学(地球市民教育、持続発展教育) 地球市民のための入門講座
世界が急速にグローバル化する中で、環境・開発・平和・人権などさまざまな地球規模の問題が出現しています。これらの問題は、遠い外国の問題なのではなく、私たち一人ひとりの日常生活と深く結びついています。本講座では、多様なアクティビティ(活動)を通して、地球規模問題について理解を深め、私たちの生き方についてふりかえります。
クラス
相談により対応
岡﨑 拓
(経営学科)
中東欧経済論 EU(欧州連合)を知ろう!
現代のヨーロッパを語る上で、EU(欧州連合)の存在は避けて通れません。では、そのEUは何をしているのでしょう?そもそもドイツやフランスといった国家と何が違うのでしょう?EUができた理由、制度、組織、そして危機までを、わかりやすくお話しします。EUを知ることで、ニュースや新聞、あるいは旅行や留学で目にする現代ヨーロッパがより分かりやすくなるでしょう。
クラス
学年

教育・生涯学習

2019年度実施予定の講座
講師名(所属) 専門 講義名/内容 対象・規模
石﨑 ちひろ
(幼児教育保育学科)
教育経営学、
教師教育学
日本の教育と教師の仕事
資源がほとんどない日本にとって、教育は非常に重要な営みです。重要であるがゆえに、これまで様々な歴史をたどってきた教育、そして教師の仕事のありようについて皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
クラス
相談により対応
石﨑 友規
(教育学科)
理科教育学 理科学習の大切さを探る:これまでの理科の学びを振り返って
小学校以来受けてきた理科の授業。小学校の頃からずっと好きだったという人もいれば、中学校から嫌いになったという人もいたりする。しかし、理科の好き嫌いに関係なく、学校で理科を学んできた。なぜ、理科を学ぶのか。本講座では、受講者の理科の学習経験を振り返りつつ、理科での学びの大切さを探る。
クラス
学年
全学
相談により対応
大内 晶子
(幼児教育保育学科)
発達心理学 発達心理学入門~子どものこころを考える~
世の中には子育てに関する様々な情報が溢れています。親となり、何を信じて子育てをすればいいのか分からないままに、悩みながら子育て、教育をしている人も多いように思われます。本講座では、なるべく最新の発達心理学の知見を紹介しながら、子どものこころについて考えるヒントと子育ての楽しさをお伝えできればと思います。
クラス
学年
全学
木村 由希
(幼児教育保育学科)
保育学 保育者(保育士・幼稚園教諭)の仕事 赤ちゃんの発達と保育
「小さい頃からの夢だったから」「子どもが好きだから」そんな思いで保育者を志す学生に、保育者の仕事や子どもの素晴らしさをお伝えします。また、少子化で乳幼児と触れ合う機会をもたないまま親になる若者も多い時代なので、実際に赤ちゃん人形を使って保育体験を行う授業も可能です。
クラス
赤ちゃんの誕生
DVD、写真等の資料や体験談を交えながら、赤ちゃんの誕生や子育てに関する講話を行い、高校生なりに、親になること、子どもを育てることについて考える機会を与えたいと思います。生命誕生の不思議、命の尊さについて、若い世代にぜひ考えて欲しいと思っています。
クラス
相談により対応
いろいろな仕事 -保育-
最近では、男性の保育者も増えてきた人気の職業・保育の仕事。必要な資格・免許、仕事内容、やりがい、大変さ…等々、分かりやすくお話しします。また、保育現場で使われる保育教材を実際に作成したり、使い方を学んだりする実践教育も取り入れることが可能です。
クラス
栗原 和弘
(教育学科)
数学教育学 数学をより深く考える:新しい発見を通して
小学校では算数を、中学校や高校では数学を学んできたと思います。数学を学び教えていくためには、数学に対する深い洞察力や新たな発見が必要です。本講座では、中学校や高校の数学の内容における具体的な問題を通して、受講生の皆さんと一緒に数学をより深く考えていきます。また、教材の大切さもあわせて考えていきます。
クラス
相談により対応
佐藤賢一郎
(教育学科)
保育学、
幼児教育学
公務員の保育者(幼稚園教諭・保育士)になる方法
公立の幼稚園や保育所で働く正規職員は地方公務員になります。公務員ということで労働環境が安定していることから人気があり、採用は狭き門といえます。これまで公務員の保育者採用試験を100人以上合格させてきた実績のある教員が、その実態と大学でやるべきことについてお話します。
クラス
相談により対応
今こそ保育者を目指そう!―時代は保育者を求めている―
消費税の増税により、幼児教育が無償化されました。保育者不足を解消するため保育者の賃金も上昇傾向にあります。これからの保育者は単なる「子守り」ではない「専門家」として一層注目を浴びていきます。本講義で保育の現状を少しでも理解し、保育者になる気持ちを固めてほしいと思います。
クラス
相談により対応
鈴木 範之
(幼児教育保育学科)
音楽教育学、
ピアノ
保育に役立つ音楽遊び~「遊び」の学び~
本講座では、様々な音楽遊びを通して、子どもの「遊び」について学びます。保育現場で行われている手遊び、身体遊び、わらべうた、あそびうた、絵本うた、ミュージックパネルなどを体験していただきます。保育者と子ども、それぞれの立場によって遊びに対する視点は異なります。保育者と子どもの双方の立場から「遊び」を捉え、大学生・短大生として何を学ぶ必要があるのか考えてみましょう。
相談により対応
中村 正之
(教育学科)
学習プログラム論 視覚障がい者も楽しめる触察画(写真)の開発
生涯学習の支援という観点から、すべての人の知的好奇心を満たす支援を進める中で、視覚障がい者も楽しめる写真や絵画の在り方について考える。これまでは、さわって鑑賞することの許されなかった絵画や写真などを「触察画(写真)」として生まれ変わらせるという新たな発想と開発の手法について学ぶ。
クラス
学年
全学
相談により対応
福田 洋子
(幼児教育保育学科)
幼児教育 これからの幼児教育に求められること
子どもたちの遊ぶ場や機会が少なくなってきている現代、安全で教育的な意図を込めた幼稚園や保育所の役割はますます重要となっています。人格形成の基礎が培われる幼児期には、一人一人に温かできめ細やかなかかわりが求められます。講座では、「これからの幼児教育に求められること」について実践事例や映像などを通して具体的に伝えていきます。
クラス
学年
全学
森 慎太郎
(幼児教育保育学科)
スポーツ医学 スポーツ傷害とその予防
健康志向が高まってきている今日、運動を行う機会が増えてきている。また、子どもの体力低下が叫ばれており、運動不足も問題とされ、運動を行う人と行わない人の二極化が起こっている。そんな中、その両者において運動を原因としたケガをする人も増えている。運動によるケガの概要とその予防法について学ぶ。
クラス
相談により対応
渡邊 洋子
(教育学科)
国語教育学 「学校の先生」を目指すみなさんへ
「学校の先生になりたい。でも大変そうだ。実際にはどんな感じなのだろうか。自分もなれるだろうか。」そう感じている高校生に向けて授業を行います。内容は、教職を目指す大学生が実際に受講している授業の一コマです。国語教育では「群読に挑戦!」など、また教職関係では「教員に求められる資質」など。学習に向かう姿勢を見直せる機会にしてください。
クラス
相談により対応

福祉・ボランティア

2019年度実施予定の講座
講師名(所属) 専門 講義名/内容 対象・規模
水嶋 陽子
(現代社会学科)
家族社会学、
社会老年学
子どもを支えるのは誰か?家族と福祉の社会学入門
児童虐待は年々通報件数が増加しており、子どもの貧困率も低くはないなど、子どもの生きる環境には難しい面が多いのも現実です。子どもの育つ場である家族が不安定で、支援を必要としているという状況があります。そうした時代の子どもの安心・安全について、社会学や福祉の視点から考えてみましょう。
相談により対応
平塚 謙一
(現代社会学科)
社会福祉学 福祉ボランティア
近年、ボランティア活動をする人たちが増加し、社会的にも注目されています。少子高齢化やライフスタイルの多様化などにより、福祉ニーズが増大し、また多様化しています。そうしたなか、福祉ボランティアに対する期待が高まっています。福祉ボランティアには、例えば福祉施設を訪問してお年寄りの話し相手をしたり、子どもと遊んだり、また子育て中の親が買い物をしている間に子どもたちと遊んであげたりといった活動もあります。災害被災地での活動もあります。こうした活動は対象となる人たちが助かるというだけではなく、ボランティアを行った人の自己効力感を高めるという結果も報告されています。この講義では、福祉ボランティアの活動内容や、その効果等について紹介します。
クラス
学年
全学
相談により対応
若林 功
(現代社会学科)
社会福祉学、
職業リハビリテーション
病からの社会復帰を支えるソーシャルワーク
人は時には重い病気などにより、それまでの人生が一変することがあります。そのような状況でも周囲の人の支えや社会制度の活用で乗り越え社会復帰することも多くあります。この講義では社会福祉士が社会復帰に向けてどのような活動をするのか、社会福祉士の仕事とはどのようなものか考えていきます。
クラス
相談により対応

情報・科学技術・メディア

2019年度実施予定の講座
講師名(所属) 専門 講義名/内容 対象・規模
石川 勝博
(コミュニケーション学科)
マス・コミュニケーション論、
メディア・コミュニケーション論、
メディア・リテラシー論
ソーシャルメディアが持つ力とは?
コミュニケーションは、対面だけで行われるものではありません。むしろ、LINEやTwitter、Facebook、YouTubeなどソーシャルメディアによるコミュニケーションにより多くの時間を割いているかもしれません。こうしたメディアは、我々がもつ「豊かなコミュニケーションへの願い」を叶えてきました。その一方で、問題点が指摘されているのも確かです。今回の授業では、メディアがつくるイメージ、LINEと友人関係、Twitter上の自己表現をトピックとして、メディア・コミュニケーション研究を紹介します。
相談により対応
西澤 弘行
(コミュニケーション学科)
言語学、
心理学、
コミュニケーション学
コミュニケーションとは何か?:コミュニケーション学入門1
コミュニケーションということばが世の中に溢れていますが、学問としてのコミュニケーション学はあまり知られてはいないようです。コミュニケーションとは何かについても実は知られていないことが多く、誤解も多いようです。この講義では、学問としてのコミュニケーション学の豊かさと面白さをお伝えします。
クラス
学年
全学
相談により対応
手話とろう文化:コミュニケーション学入門2
手話(視覚言語)は音声言語(聴覚言語)と同じ自然言語であり、地球上にある様々な手話言語は、音声言語と同じようにそれぞれ独自の語彙と文法を持っています。例えば、日本語と日本手話はまったく別の言語です。手話について知ることは言語、文化、教育、歴史など様々な分野のトピックを知ることになります。
クラス
学年
全学
相談により対応
「やさしい日本語」:コミュニケーション学入門3
日本語の分からない在日外国人に災害時にどうやって情報を伝えるか?英語?在日外国人のうち英語の分かる人は50%以下です。弘前大学社会言語学研究室が取り組んでいる「やさしい日本語」プロジェクトは、簡単な単語とやさしい文法によって分かりやすい表現を作り出すことを目指しています。「やさしい日本語」の基礎を紹介します。
クラス
学年
全学
相談により対応
会話分析入門:コミュニケーション学入門4
日常の何気ない「おしゃべり」こそが、コミュニケーションの基礎であり、社会を成り立たせている仕組みそのものです。会話分析は、言語、身振り、表情、姿勢、視線など私たちのすべてコミュニケーションの資源を詳細に分析することで「生のコミュニケーション」の仕組みを解き明かす強力な手段です。会話分析の基礎を紹介します。
クラス
学年
全学
相談により対応
子育ての会話分析:コミュニケーション学入門5
子供は生まれて間もない時から周りの人たちとコミュニケーションを始めています。子供の言語とコミュニケーションの発達を探る学問には従来心理学と言語学がありましたが、近年「会話分析」という強力な方法が登場してきました。この講義では、子供がどのようにしてまわりの人々とコミュニケーションしているのかを紹介します。
クラス
学年
全学
相談により対応
文化とことば:コミュニケーション学入門6
ことばはただコミュニケーションの手段としてのみあるのではありません。ことばは、人のアイデンティティの拠り所であり、文化そのものでもあります。この講義では、アイヌ、琉球、ニューカマーの継承語、消滅の危機にある言語などのトピックからことばと文化の関係について考えます。
クラス
学年
全学
相談により対応
音声学入門:コミュニケーション学入門7
音声学はフィールド言語学に必須の技術であるだけでなく、理論面でも言語学の中心に位置するものです。同時に、外国語教育・学習、言語障害学、言語工学(AI、自動翻訳、シリさん・・・)などの応用面でも重要な科学です。この講義では音声学の輪郭を紹介します。
クラス
学年
全学
相談により対応
ことばとは何か:コミュニケーション学入門8
ことばは、歴史、文化、経済、法律、政治、異文化理解、教育、福祉、情報、科学技術、メディア等々私たちの身の回りのありとあらゆるものと関係があります。私たちにとってことばとは何なのか、ことばそのものを研究対象とする言語学を紹介することでことばについて考えていきます。
クラス
学年
全学
相談により対応

心理

2019年度実施予定の講座
講師名(所属) 専門 講義名/内容 対象・規模
秋山 邦久
(心理学科)
臨床心理学 家族関係を心理学でひも解く
家族って何だろう?普段はあまり意識していないかもしれない家族関係を心理学の視点で見てみよう!
クラス
相談により対応
宇治 和子
(心理学科)
臨床心理学、
ジェンダー心理学
デートDV、DV、ストーカー被害にあわないための心理教育
デートDV、DV、ストーカーによる様々な事件が起こるたびに、若い人が将来そのような被害にあわないための心理教育の必要性を感じます。こういう心境になったら危険ですよ・・・という具体的なアドバイスをしながら、女子学生だけでなく男子学生にも、被害者にも加害者にもならない方法を伝えていきたいと考えます。
相談により対応
島田 茂樹
(教育学科)
教育臨床学、
行動分析学
人間の発達を援助する
行動分析学は、人間の行動に影響を与える環境上の変数を解明しようとします。この原理に基づいて、人間のさまざまな側面への援助が行われています。講義では、そのいくつかの側面を取り上げて説明します。キーワードは、セルフコントロール、発達障害、特別支援教育、スクールカウンセリング等です。
クラス
学年
申 紅仙
(心理学科)
安全心理学、
産業心理学、
人間工学
安全・事故防止の心理学
東日本大震災での事故やJRの鉄道事故など、社会に影響を及ぼす大事故が後を絶たない。このような事故は、作業員のほんの小さな失敗(ヒューマンエラー)や不安全行動から巨大事故に至ってしまったケースが少なくない。また、事故発生状況を探ると、事故が起こる前から小さな事故が頻繁に起きていて危険な状態となっていたケースも多い。本講座では身近な失敗から作業員がおかす失敗、巨大事故の要因などを安全心理学の視点から見つめ、事故防止のための対策について考えていく。
相談により対応
鈴木 雅洋
(心理学科)
心理学、
情報学
あなたの知らない視覚の世界
私たちは、普段、なにげなく「見て」いますが、目に「見えた」ものをそのまま「見ている」と思っていませんか?実は、私たちは、目で「見えた」ものを心で「見ている」のです。この公開講座では、様々な視覚現象のデモをとおして、目に見えたものをそのまま見ているのではないことを体験してもらい、視覚にまつわる心の働きについて解説します。
クラス
髙木 幸子
(コミュニケーション学科)
対人社会心理学 社会と文化の対人コミュニケーション
私たちは日々、多様な社会の中で多様な文化に属する人々とコミュニケーション活動を営んでいます。こうしたコミュニケーション活動については、言語/非言語、同一文化間/異文化間、脳機能など様々な切り口から研究されています。授業では、様々な領域のコミュニケーションにまつわる研究成果を紹介しながら、私たちの豊かなコミュニケーションがどのように構築されているのか、およびコミュニケーション活動のポジティブな側面(協力や援助など)とネガティブな側面(偏見やいじめなど)について考えます。
相談により対応
寺村 堅志
(心理学科)
非行・犯罪臨床心理学 少年非行にかかわる
少年非行問題には,非行のある当事者等の心理,生徒指導,少年司法制度,非行問題関連実務の仕事,非行防止対策など,多様な切り口からアプローチできます。本講座では,生徒,先生方,PTAの皆様のご要望に応じて内容(主題)をアレンジさせていただきますのでお気軽にお問合せください。
相談により対応

健康・栄養・調理

2019年度実施予定の講座
講師名(所属) 専門 講義名/内容 対象・規模
荒田 玲子
(健康栄養学科)
調理学 ホームパーティの開き方
異文化交流の盛んな現在、高校生の皆さんも家庭に外国のお友だちを招いたり、海外のホームステイ先でパーティに招かれる機会も多いかと思います。そんな時に役立つ、ホームパーティのマナーと家庭で簡単に用意できる料理の整え方のポイントをお話します。簡単な実習と試食を希望する場合は、若干の実費が必要となります。
クラス
飯村 裕子
(健康栄養学科)
食品学、
調理科学
食品の表示を読み解く
スーパーマーケットやコンビニなどにはたくさんの食品が並んでいます。その中から自分に合った食品を選ぶ際に、大事な目印になるのが食品表示です。食品表示を正しく読み解くために、表示にはどのような種類があるのか、何を意味するものなのかをいくつか抜粋してお話します。
クラス
服部 浩子
(健康栄養学科)
食教育、
ヘルスプロモーション、
栄養疫学
簡単!献立作りに挑戦してみよう!
高校生の食に関する意識調査では、「痩せたい」けれども「おなかいっぱい食べるのが好き」という結果が出ています。実物大の紙媒体「そのまんま料理カード」を使ったグループワークを通じて、何をどのように食べたらいいのか考え、自分の食生活を自分でコントロールできる簡単な方法を理解しましょう。
クラス
相談により対応
腰本 さおり
(健康栄養学科)
応用栄養学、
応用栄養学実習、
緩和ケア
ライフステージの栄養
人生のライフステージや成長に応じて、必要な栄養素は変化します。乳児期、幼児期、学童期、青年期、成人期、高齢期において食事の量、食事の内容、食の形態が変わります。また、それぞれのライフステージで罹りやすい疾病もあります。成長に合わせた栄養バランスと食事の大切さにて考えます。
クラス
住吉 克彦
(健康栄養学科)
基礎栄養学、
動脈硬化学、
細胞生物学
生活習慣病とは?
“栄養とスポーツとの関連”

近年、欧米化の食生活をするようになった日本人に、大きくクローズアップされているのが、肥満などからのメタボリックシンドロームです。今後は老齢化が進むにつれ、若い時からの食生活や運動での予防は不可欠になってゆきます。生活習慣病の病態と予防についての知識を付けて、実践をしてゆけるように講義を行います。
相談により対応
長谷川 順子
(健康栄養学科)
給食経営管理学 災害時の食について
近年多発している自然災害の問題として、ライフラインが遮断されたことにより、食生活が乱れ体調を崩してしまう事が報告されています。本講座では、過去の災害時の食事内容から災害時に不足しがちな栄養を知ることで、今後備えておきたい食品と災害時のメニューについて一緒に考えます。
クラス

看護

2019年度実施予定の講座
講師名(所属) 専門 講義名/内容 対象・規模
池内 彰子
(看護学科)
精神看護学 身近にあるアディクションと看護
あることに「のめり込み」そのことがコントロールできなくなり、精神のバランスが崩れてしまう状態のことを「アディクション」といいます。身近なところでは、度を越してお酒を飲んでしまうアルコール依存や、常にスマホが手放せなくなるスマホ依存などがそうです。私たちのごく身近にあるアディクションについて、看護の視点から一緒に考えてみましょう。
相談により対応
市川 定子
(看護学科)
地域看護学 行動を促すアプローチ~保健指導のコツ~
看護職は、保健師、助産師、看護師という3つの職種があります。中でも、保健師は法律で「保健指導を業とする者」とされ、「地域の健康を守る」役割をもち、様々な人々の健康を守るために市町村や都道府県などで働いています。
講義では、保健指導でよく使う「行動を促すアプローチ」を学修します。
クラス
梅井 尚美
(看護学科)
地域・在宅看護学 今こそ見つめ直したい、地域で「支え合う」こと
毎日の生活の中で、誰もが心身の不調を体験すると思いますが、特に心の不調はすぐに病院受診ではなく、自分なりに心を癒す対処をしますよね。そんなとき誰かの言葉や存在が大きな力になったことはありませんか。人は地域で暮らす中で支え合い、傷つけ合いながら、ともに生きています。ICTやAIが浸透する今こそ、当たり前のようでとても大切な「人とのつながり」を見つめ直す時間をつくりませんか。
相談により対応
海野 潔美
(看護学科)
地域・在宅看護学 病気や障害があってもおうち(地域)で過ごす子どもと家族を支える看護
-地域包括ケア時代に求められる小児看護の役割-

医療の進歩により、病気や障害を抱えながらも自宅で家族と過ごす子どもたちが増えてきています。国も「地域包括ケアシステム」を整備し、小児においてもこれらの活用と充実に力を入れています。実際どのような子どもと家族が地域で過ごしているのか、どんなことに困っているのか、地域で過ごしてよかったことは何か、そしてそのような子どもと家族を支える看護職にはどのような役割があるのか、皆さんはご存知ですか?小児看護専門看護師の視点より、現代社会に求められる小児看護の役割について知識を深め、私たちにできることを一緒に考えてみませんか?
クラス
学年
全学
相談により対応
及川 けい子
(看護学科)
成人・老年看護学 もしもの時の救急蘇生法
家の中、家族が意識を失って倒れたら…外出時、近くの人が意識を失って倒れたら…一刻も早い心肺蘇生が必要です。救急車が到着するまでの約8分間、もしもの時の知識、技術で勇気をもって救命できるその時に必要な救急蘇生法の手順を紹介します。
クラス
小澤 尚子
(看護学科)
成人看護学 看護学入門(手術を受ける患者さんへの看護)
わが国では,2人に1人ががんに罹患するといわれています。がんに罹患すると,手術療法,化学療法,薬物療法などの治療を受けます。これら療法の中,治療的効果のあるものの一つに手術療法があります。手術療法を受ける患者さんにとって,よりよい看護とは何か,ともに考えていきたいと思っています。
相談により対応
北島 元治
(看護学科)
基礎看護学 睡眠と健康
人間は1日の1/3程度を睡眠にあてています。睡眠時間を今までよりも減らすことができれば、様々なことができそうです。しかし、睡眠は健康面だけでなく、学習や運動にも影響を及ぼします。この講義では、睡眠が身体に及ぼす影響について、一緒に学んでいきたいと思います。
相談により対応
黒田 暢子
(看護学科)
成人看護学 生活習慣と健康:健康な生活とは?
人が豊かに暮らしていくためには、身体だけでなく心も健康であることが大切です。そしてそのためには、日々健康な生活をおくれているかどうかが重要です。では、「健康な生活」とはどのような生活なのでしょうか。皆さんと一緒に考えていきたいと思います。
クラス
坂間 伊津美
(看護学科)
母性看護学 看護を知る、看護を学ぶ ~プレナースのコ・コ・ロ・エ入門編~
この授業では、「看護とは何か」をナイチンゲールの定義から理解し、また、看護の仕事の特徴や大学で看護を学ぶ意味について学習します。看護職をめざすうえでは、専門的知識・技術を身につけることにくわえ、人間としての成長も求められるため、今から心がけてほしい学習・生活上の留意点を高校生の皆さんにお伝えします。
クラス
相談により対応
赤ちゃんの生きる力と看護の役割
生まれたばかりの赤ちゃんは、何もできない無力な存在だと思いますか?病気もなく元気に生まれた赤ちゃんに、看護は一体どのように関わっているのでしょうか?これらの問いについて一緒に考えながら、新生児の基本的看護を学習し、皆さんがよくイメージする「看護」とは少し異なる分野の看護をご紹介します。
クラス
相談により対応
猿田 和美
(看護学科)
学校保健 高校生の心・からだ・性
「自分の健康?勉強とか部活動もあるし、そんなこと考えている暇ないし、多分病気になんかならないよ。」という高校生が多いのではないでしょうか。今は病気ではないけれど、未来の健康は意識や行動で大きく変わっていくかもしれません。心・からだ・性など、現在と未来の健康について考えてみませんか。
相談により対応
菅原 直美
(看護学科)
老年看護学 サクセスフルエイジングへと導く看護の力
高校生のみなさんにとって未知なる現象である『老い』は、決してネガティブな側面だけを持ち合わせているわけではありません。サクセスフルエイジングをエンパワーする看護の力を知り、超高齢社会を豊かに生きる知恵を身につけてみませんか。
クラス
田村 麻里子
(看護学科)
地域看護学 地域での療養を支える看護職の役割
病気があっても自分で住み慣れた家で生活できるようにするためにはどのような支援・援助が必要なのか、その中で看護職はどのような役割があるのか学んでいきます。看護職は他職種と連携・協働しながら、生活を支えています。病院や施設だけではない看護職の役割やその背景について講義を行います。
クラス
南雲 史代
(看護学科)
小児看護学 赤ちゃんと母親(家族)のきずなを深めるコミュニケーション
小児病棟には、予期せぬ病で入院する子ども達、そして出産予定日よりも早く生まれた赤ちゃんなど生後間もなく入院する赤ちゃん達も入院しています。
生後間もない赤ちゃんであっても、私達とコミュニケーションを図ることができます。コミュニケーションは、赤ちゃんと母親(家族)との絆を深めるために必要な要素です。では、赤ちゃんは、どのようなコミュニケーション方法をとっているのでしょうか?グループディスカッションを取り入れながら講義をします。
相談により対応
沼口 知恵子
(看護学科)
小児看護学 子どもの力を引き出す看護
子どもは小さく、守られる存在と思っていませんか?小児看護を行う中では、子どもたちの力、能力の高さに驚かされることがたくさんあります。この講義では、病院で遭遇する子どもの事例を提示しながら、子どもの力を引き出すため行う看護とその効果についてお話します。
クラス
学年
福田 大祐
(看護学科)
精神看護学 思春期に知っておきたいこころの病
思春期は高校生が大人へと成長していくとても不安定な時期となり、こころの病(精神疾患)を発症することも少なくはありません。また、どのような変化やサインがこころの病につながるのか識別するのは簡単ではありません。授業では思春期にみられやすいこころの病に特徴的な言動の変化や基礎的な知識について触れていきます。
相談により対応
細矢 智子
(看護学科)
基礎看護学 看護師の仕事ー生活を支える援助技術ー
看護師の業務の中で、対象の生活を支える援助技術について説明する。普段、自分自身で行っている生活動作が病気やけがにより自力で行えなくなった時、どのような支えが必要となるのか。生活環境を整える援助、活動と休息に関する援助、清潔を保持するための援助など、具体的な方法について学習する。
相談により対応
村井 文江
(看護学科)
母性看護学 看護の“シゴト”を考える:看護学の可能性と未来
看護は、健康を支援して幸せに生活できるようにしていく“シゴト”です。本講義は、3つ内容から構成します:1)具体的な看護の成果を理解し看護の魅力を知る、2)看護職になるための方法およびなってからのキャリアについて知る、3)大きく変化している社会において看護に求められることを考える。一緒に看護学を考える時間にしたいと思います。
クラス
相談により対応
自分たち・思春期の健康を考える
高校生のかかえやすい健康問題を取り上げ、概説します。人生100年時代と言われる今、これからを元気に過ごしていくためのはどうしたらよいのかということをいっしょに考えていきたいと思います。
相談により対応
門間 智子
(看護学科)
小児看護学 医療機器を使いながら生活している子どもとその家族へのサポート
気管切開、胃ろう、人工呼吸器などの医療機器を使いながら、家庭や地域で暮らす子どもが増えています。皆さんの周囲にもいらっしゃるかもしれません。この講義では、医療機器を使いながら生活している子どもとその家族の様子をお話しし、地域でできるサポートを一緒に考えたいと思います。
クラス
学年
相談により対応
油谷 和恵
(看護学科)
成人・老年看護学 皮膚トラブルに対し、看護師にできること
皮膚トラブルに出会ったとき、その原因やケアのヒントを得るために皮膚をじっくり観察することが大切です。今回“とこずれ”に焦点を当て、看護師として皮膚の状態からどのように判断し、援助を行っていくかについてお話ししたいと思います。
クラス
脇田 泰章
(看護学科)
成人・老年看護学 看護師がリハビリテーションの視点で教える自分の変え方・動かし方
リハビリテーション専門病院で10年以上看護師として働き、自分らしさを取り戻していく患者さんを見てきた経験と学びから、期待するあなたに変われるための看護師のテクニックを教えます。この機会に、自分の行動を振り返り、どうすれば変えられそうか考えてみませんか?
クラス

その他

2019年度実施予定の講座
講師名(所属) 専門 講義名/内容 対象・規模
佐々木 一如
(総合政策学科)
公共政策学 危機管理と協働
2011年に発生した東日本大震災は、1万8430名の死者・行方不明者を出した。また、近い将来には、南海トラフ地震等により甚大な被害が想定されている。大規模災害では、行政組織自体も被災し、市民やボランティアの役割が大きなものとなる。本講義では、市民と行政がいかに協働し、災害対策を講じていくのかについて考えていきたい。
クラス
学年
全学
相談により対応
田中 基晴
(健康栄養学科)
薬理学、
生理学、
公衆衛生学
新薬開発のプロセスとこれから世に出る薬について
新薬開発の経緯とこれから世に出る薬について概要をお話し致します。新薬は数多く合成された中から、試験管実験、動物実験、ヒトを使った試験で有効性と安全性が確認された薬のみが世に出てきます。現在は、患者数が少ない難病や、あるいは老化防止など病気とは違った薬の研究も盛んに行われています。
相談により対応