グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


大学案内

ホーム > 大学案内 > 学長からのメッセージ

学長からのメッセージ


常磐大学は、夢を叶えるための実学を提供します

常磐大学・常磐短期大学 学長/富田 敬子

文化都市水戸市、偕楽園公園の一画に位置する常磐大学は、恵まれた環境の中で伝統を育みつつ、地域に根差した総合大学として発展してきました。本学は「実学を重んじ真摯な態度を身につけた人間を育てる」ことを建学の精神として掲げており、広い視野を持ち、創造的な知性と豊かな人間性を備えた真摯な人材を育成することを旨としています。また、産学官民連携を強め、地域に根差した教育と研究を進めることによって、地域とともに発展してゆく大学を目指しています。

グローバル化、人口減少・高齢化、 高度情報化など、私たちを取り巻く状況は急速に変化しており、教育機関として本学が果たす役割と責任は一層大きくなっていると自負しています。時代の要請に迅速に対応するため、本学では、2017年に総合政策学部、2018年には看護学部を開設しました。また、総合的かつ実践的なカリキュラムを提供する一方で、現代社会で必要とされる幅広い教養を身につけられるよう、教育や研究の在り方について絶えず検討をしています。さらに、英語力のスキルアップ、国際交流を通して異文化の理解力の向上を目指したプログラムを強化して、世界を見据え、時代を牽引する人材を社会へ送り出すことに注力しています。

大学とは「人が育つ場所」です。本学は、これからも、少人数教育のメリットを生かして、学生一人一人の個性を尊重しながら、成長のための機会とノウハウを惜しみなく提供してゆきます。建学の理念と経験をもとに、教職員一同、一丸となって、皆さんの夢の実現のお手伝いをしたいと願っています。

プロフィール

■専門
社会学、人口学
■学歴
東京女子大学文理学部社会学科卒業
米国Georgetown University 大学院 人口学修士課程修了
米国Fordham University 大学院 社会学博士課程修了
■職歴
1988年、ニューヨークの国連経済社会分析局入局。バンコクの国連アジア太平洋地域経済社会委員会勤務を経て、2009年よりニューヨークの国連経済社会局統計部次長を務めた。在職中、タイ国マヒドン大学人口社会研究所客員研究員、ボスニア・ヘルツェゴビナ国およびミヤンマー国国勢調査の国際諮問委員会委員を兼任。現在も、国連国際人口移動統計専門家グループのメンバーを務める。2019年4月より現職。