10年先につながる進路指導
志望校の合格が高校生活のゴールではない。
大切なのは、その後の長い人生をどのように生きていくか。

生徒自身が自己実現できる進路を選べるように、さまざまな角度からサポートしています。

進路指導はいつ頃から始まりますか?

入学してすぐに実施される「新入生オリエンテーション」から進路指導は始まります。ここでは卒業生の進路状況や今後の進路の流れ、1年次での心構えなどを資料に基いて説明します。

志望校の決定はいつ頃すればよいのでしょうか?

志望校決定は早いに越したことはありません。決定するためには「志望校」についてよく研究し、オープンキャンパスなどに参加して自分の希望を確認しましょう。また、「入試方法」などもよく調べ、自分の力を最大限に発揮できる入試方法を選びましょう。

大学進学ガイダンスでは主にどんなことをするのでしょうか?

1年次は講師の先生の話を聞いたり仕事の体験をすることで“仕事”を通した進路に関する考え方を深めます。2年次は各分野の模擬授業を受け“学部・学科”を通して進路に関する理解を深めます。3年次ではそれぞれの分野の学校についての説明を受けます。

「大学見学会」はどのように行われますか?

夏休みに大学について知るきっかけとして、「大学見学会」を行います。 筑波大学や東北大学などを訪れ、それぞれの大学でどのような研究をしているのかを詳しく知ることで、自分の進路をより深く考えていくようになります。

  • 常磐大学看護学部でのプレナース体験

  • 大学教員出前講座

  • 卒業生進路講話

3年間の進路指導のおもな流れ

特進選抜コース

  • 1年生

    教科
    学びのスタイルを定着させる
    (予習 → 授業 → 復習)
    • ■高校生としての勉強法の理解
    • ■読解力・判断力の養成を目指した学習
    進路
    文理選択につながる進路研究
    • ■高校の学びを土台とした将来像の形成
    • ■進路観を広げる(学問×社会で視野を広げる)
    探究
    論理的に考える・伝えるとは?
    (探究への入門)
    • ■常磐大高の探究について理解する
    • ■SDGsをテーマとしたディベート活動によって、論理的に考える力・伝える力を育てる
  • 2年生

    志望校合格に向けた受験学力の養成
    • ■学びのスタイルの再確認と学習意欲の高揚
    • ■知識を活用した表現力の育成
    学問分野を第一とする志望校群の選定と
    受験勉強計画の作成
    • ■キャリアを意識した行動指針の作成
    • ■志望大学・学問・受験科目の決定
    個人課題研究
    • ■個人課題研究をゼミ単位で実施、研究中間発表
    • ■後期研究活動、論文作成、最終発表
  • 3年生

    受験対応力の養成
    • ■国数英完成度の確認、受験生サイクルの確立
    • ■知識定着度の再確認、実践力の養成
    進路実現に向けた準備
    • ■入試方式・日程を意識した志望校群の確定
    • ■志望校群の最終確認

特進コース

  • 1年生

    教科
    学びのスタイルを定着させる
    (予習 → 授業 → 復習)
    • ■高校生としての勉強法の理解
    • ■国数英基礎学力の定着度を測る
    進路
    文理選択につながる進路研究
    • ■高校生としての生活スタイルを考える
    • ■文理選択を見据えたキャリア形成
    探究
    コミュニケーション能力の育成を
    テーマとした探究
    • ■コミュニケーションについて考える
    • ■SDGsを通して「日本」について考える
  • 2年生

    国数英三教科の基礎学力定着
    • ■学びのスタイルの再確認と学習意欲の高揚
    • ■知識を活用した表現力の育成
    学問分野について理解を深める・
    キャリアに対する視野の拡大
    • ■将来像の拡大
    • ■進路の明確化に向けた情報の収集
    SDGsをテーマとしたグループ探究学習
    • ■探究オリエンテーション
    • ■課題の認識・発見・情報収集・成果発表
  • 3年生

    国数英三教科の完成、
    理系は専門科目の学力向上
    • ■国数英完成度の確認、受験生サイクルの確立
    • ■受験対応力の養成
    志望校群の確定と入試戦略の作成
    • ■志望校群に関する情報の獲得
    • ■入試方式・日程を意識した志望校群の確定
    志望校合格にむけた活動
    (最終準備段階)
    • ■本格的な入試準備
    • ■「進路」で記載した活動を探究の時間で取り組む

生徒が自己実現できる進路を選べるように、様々な角度から応援しています

友常 格(進路部主任)

「進路」というと進む大学だけに目がいきがちですが、そこで何をするか、その後の長い人生をどのように生きていくかという大きな課題に取り組むことが大切だと考えています。

本校ではまず低学年からの意識づけのために、職業に関する講話とインターンシップによる実体験を行っています。働くことの大変さと喜びを理解した上で、学ぶことの重要性を知り自分の適性を考えて進路を決めていくという流れが重要なのです。この流れで目標が固まってきた生徒は、学習に対する取り組みも自主性が増し、志望校合格への可能性も高まってくるようです。目標がなかなか定まらない生徒には、面談を通して自分自身に本気で向き合って、考えるきっかけを与えています。

今後、複雑に変化していく社会を生きていく生徒たちに「自分に自信を持つこと」と「自分で考え、自分で歩む」ことができる力を養っていきたいと思っています。進路・学習支援室にはそのための資料を備え、教員が相談に応じる環境を整えて、自分の未来を切り開くためのサポートをしています。

お気軽にお問い合わせください

029-224-1707

〒310-0036
茨城県水戸市新荘3丁目2番28号